2017年10月22日 (日曜日)

超戦艦 日本武尊 ♯30

Img_9101

続きです。

Img_9144

防空指揮所の遮風装置は、拙いながらも、もう少し形状を再現しようと思います。

Img_9145

このぐらいのものになってきますと、薄いプラバンを使用していても、まだまだ厚みが気になるところですが……

Img_9146

まあ、こんなものでしょうか。

Img_9147

前檣に仮置きしてみます。
大きさもだいたいこんなものかと。

Img_9148

第1艦橋の内部構造については勉強不足で、後部の窓にはガラスも張られていないことから、前部との仕切りはどうなっているのか(´~`)等々、悩み、資料を漁り、友人に尋ね、結果、手持ちの資料にちゃんと書いてあるじゃん!という体たらくでした。
やはりちゃんと仕切られていたようです。

Img_9149

エッチングで窓枠を再現しました。

Img_9150

この仕切られている前半部分が防毒区画とされていたようです。

以前に書いたように、前檣の部品は1/600のものですので、1/700相当より広くなる理屈ですが、それでもあまり広い区画とは思えません。アニメ版などはかなりオーバーに広く表現していたようです。

Img_9151

ひとまずこのように仕上がりです。

| | コメント (0)

2017年10月17日 (火曜日)

超戦艦 日本武尊 ♯29

Img_6188

続きです。

今回からしばらくは第1艦橋より上部に関して進めていくことになると思います。

Img_9143

大和型の第1艦橋前面は、このように直線的なラインで構成されています。プラキットも当然それにならっています。

1200

日本武尊もアニメ版はそれに倣っているように見えますが……

Img_9140

笠原氏の画稿ではこのように曲面で……

Img_9142

故・居村氏の画稿も同様の曲面。

Img_9141

そして高荷画伯もまた然り、です。

Img_9129

となれば、曲面となるよう加工するべきかな……ここはずっと迷っていたところなんですが……。
まずは窓の下。艦橋遮風装置のパーツを取り除き、下部のフィン部分をプラ材で再現してみます。

Img_9130

円形の流用パーツを見繕って加工していきます。

Img_9137

再現度は低いですが(ρ_;)、とりあえずリテイクなしです。

Img_9131

Img_9132

防空指揮所前面も同様の加工をしていきます。

Img_9134

固定で考えていた主砲測距所・射撃指揮所を、なんとか旋回可動と出来ないものか……と考え始めました。
サイズ的にポリキャップはちょっと厳しいようです。
思いついたのは磁石の活用です。
前檣楼のシャフト部分、エレベーター等の存在している部分だと思いますが、ここはプラ材を接着していたのですが、それをネオジム磁石に置き換えてみました。

主砲測距所のプラの可動軸をカットし、パイプスプリングに真鍮線を通したもので差し替えます。

Img_9135

Img_9136

旋回を実現しました(*ノv`)。

|

2017年10月14日 (土曜日)

超戦艦 日本武尊 ♯28

Img_9101

続きです。

Img_9118

煙突については、熟慮せずに取り付けてしまったようなところがあります。

Img_9119

メッシュを貼り付けてごまかしました(゚▽゚*)。

Img_9120

細かいものもいろいろと……ホースリールは専用エッチングパーツとパイプスプリングで再現。
150センチ探照灯はタミヤ・大和のパーツに円形のメタルテープを貼ってみました。

Img_9121

十字のパーツを確保して、鏡面上にセットすべきなのは解っていますが(^-^;、ちょっと厳しい作業です。

Img_9122

セットしてしまいました(^-^;。

Img_9123

前に紹介した、前檣背部の構造物にもセットしています。

Img_9124

前檣背面のタラップは、キットのものはもうバリが酷くて厳しいものでした。
しかし、1/600のエッチングパーツはおそらくないでしょうから、ここはあっさりしたものをプラ材で作ってみました。

Img_9125

かなり大雑把な仕上がりです(;´▽`A``。

|

«超戦艦 日本武尊 ♯27