カテゴリー「扶桑1915」の記事

2018年10月 9日 (火曜日)

扶桑1915 ♯08

続きです……時に西暦2018年、完成品はキュベレイ1個のまま、なんと10月を迎えてしまいました(^-^;。

Img_9920

前檣楼はこのように進行しています。

Img_9911

煙突です。ジャッキステーをエナメル線で表現してみましたが、こいつはちょっとばかりごつ過ぎたかも知れません。

Img_9919

前檣楼とともに仮置きしてみますと……かなりの窮屈さ。
さて、どうしたものか。

Img_9922

Img_9925

クロスツリーの加工です。
これは後檣楼のマスト。グレーのパーツはキットのパーツを流用しています。
しかし、キットは近代改修後の艦容であり、クロスツリーは1個しかありません……

Img_6819

これは3年ばかりご無沙汰している『13号艦』の最上甲板。
これ、やはり旧キット「扶桑」「山城」のニコイチです。
と、いうことで、

Img_9923

保管してあったランナーから、クロスツリーを徴収し、前檣楼のマストに使用しています。

Img_9921

流用品でごつい手摺をつけていますが、ここはキャンバス貼りとなるため、エッチングより強度のある、こういったモノのほうが適役です。

|

2018年9月26日 (水曜日)

扶桑1915 ♯07

Img_9904

マストはいずれも真鍮線で構築していく予定です。

Img_9905

赤城の時は6本のマストの組み上げに苦労したわけですが、3本になったからといって、その苦労が半減するということは、全くないです(^-^;。

Img_9907

各層の床にピンバイスで開口し、真鍮線を通そうとしましたが、上手く角度がそろいません。

Img_9909

やむなく、床の後端を短くし、このようにマストを通すことにしました。

Img_9910

その後、床の後端を接着し、このように調整していきます。

|

2018年9月23日 (日曜日)

扶桑1915 ♯06

続きです。

Img_9897

前檣楼の製作に入る前に、粗いモノクロ写真とさんざんにらめっこしましたが、なんとも形状把握がし辛い写真が多いです。

Img_9900

流用パーツを中心に構築していく予定です。

Img_9898

一番役立っているのは、海軍兵学校の講堂にあったとされる1/24程度の模型の写真でした。

Img_9887

前檣楼は、キットパーツをこのようにカットし、

Img_9888

いつものエバーグリーンのプラ板で木甲板の再現です。

Img_9889

図面に忠実に……とはいえなかなか上手くはいきません。

Img_9901

前檣楼、後檣楼ともに撮影なしでかなり作業を進めてしまっています。
ここで1度タンを吹きます。

Img_9906

このような感じに仕上がってきています。

Img_9902

艦体に仮乗せしますと、この位。大きさはほぼ図面通りです。

Img_9903

とにかくひたすら手を動かします。

|

2018年9月 8日 (土曜日)

扶桑1915 ♯05

Img_9750_2

またかなりブランクがありましたが……続きです。

Img_9878

砲塔旋回のための仕掛けとして、金属片を砲塔の裏に接着。

Img_9880

そして……

Img_9881

旋回を実現しました。

Img_9876

残りの仕掛けはコレ、ネオジム磁石です。

Img_9874_2

Img_9875

これにより、全6砲塔の旋回を、という算段です。

Img_9891

今度は煙突に手をつけてみます。
やや太いかという気がするのですが、フッドの煙突を流用し、それに長門のものを追加加工しています。まず、一本は長さが足りないため、このように切断して、中に長門の煙突を仕込みます。

Img_9892

エポキシパテを充填、整形しています。

Img_9895

Img_9896_1

後部煙突の基部は、ひたすら流用パーツを切った貼ったで構築……地味な作業が続きます。

|

2018年8月11日 (土曜日)

扶桑1915 ♯04

Img_9750

続きです。

この図面の上面図で解るとおり、副砲上部に被っている上甲板の形状は、改装後とはだいぶ違います。資料本で写真を探しても、なかなか良いものはみつけられず、とりあえずは図面を参考に恐る恐るナイフを動かしました。

Img_9873

……こんな具合です。なにぶんリテイクはほぼ出来ませんのでリスキーな作業です。
センターラインにそっていくつか穴が開いています。

Img_987444

キットの裏側の穴、バーベット等を挿すための穴ですが、それを貫通させています。
さすが木型を元に金型製作されている昔のキット、うっすらとセンターラインが見えるのがこの写真でもわかります。

Img_9872

ここでちょっと36センチ主砲塔に関して……

右から、ピットロードのセット、ハセガワの金剛型、キットのもの、ピットロードのレジン製・砲身は真鍮。

いうまでもなく一番左を使用します。コレ、基本的には改装後の金剛や比叡や伊勢などでの使用を想定されていた製品だと思います。
よって、8メートル測距儀と一体成型されているものの数が多いのですが、1セット2600円というキット本体より高価な贅沢品を3セット購入していました。
独身にしか出来ない浪費です……それも20世紀末の事……が、いよいよ役に立つ日が来ましたヽ(´▽`)/

Img_9877

ところがこの砲塔、レジン製品のため、このように軸が申し訳程度しかありません。
固定接着してしまえば、それも良しですが……さて。

|

2018年8月 8日 (水曜日)

扶桑1915 ♯03

Img_9759

続きです。

Img_9772

木甲板はいつものようにエバーグリーンのプラバンを貼る予定です。
そのため、甲板の表面を徹底的に削っていきます。
そして、バーベットも切り取っていきますが、これがなかなか手間です。

Img_9770

そして、基キットはせいぜい1930年代以降の想定ですので、第1、2副砲部が埋まった状態となっています。
竣工時となると当然ここは開口となります。

Img_9771

作業し辛かったため、上甲板部分も削り、処理後にプラバンで補修しています。

Img_9773

エバーグリーンのプラバンにセンターラインを書き込み、端に半円の切り込みを作成。
第5砲塔のバーベットは切り取らずに残したため、必須の処理です。

Img_9774

そして、更に難しい切り込み ( ̄○ ̄;) を現物あわせしつつ処理し、接着。

Img_9775

艦尾のラインに沿ってプラバンをカット。

Img_9776

最上甲板部分も同様の処理です。

Img_9869

まだカットの途中ですが、これで最初の山は越えたかと思います。


|

2018年7月30日 (月曜日)

扶桑1915 ♯02

Img_9759

続きです。
バルジ切り取りに関してですが、ここはモデルアートの記事は参考に留め、自分なりに考えました。

Img_9760

最初左舷はニッパーで切り取っていたのですが、ふと思い直し、Pカッターで切り取るやり方に変えました。

Img_9762

このように大きく舷側が切り開かれると、ここを埋めるのはプラ板かエポキシパテとなるのでしょうが、今回は切り取ったバルジをそのまま差し込むようにして接着してみました。

Img_9763

このような具合にです。

Img_9764

裏側には、多少の補強を施しています。

Img_9765

隙間もかなりできます。大きい箇所にはプラバンの細切りを充填しています。

Img_9766

ここでプラバンを使用しますと、このやや曲面を描いている部分に馴染ませるのに、プラバンのテンションが気になるところですし、エポキシパテを盛るとその後の削り処理に手数がかかります。
その点、カットしたものを押し込んで接着するこの方法ですと、いろいろと労力・時間の節約になるのではないかと(^-^;。
Img_9767
バルジを削り取ったため、当然底板のパーツとは横幅が合わなくなります。
合わせて削るか、底板の使用そのものを止めるか……なのですが、ハセガワの金剛型の底板を試しに合わせてみたところ、なんと第5砲塔あたりまでがぴったり揃いました。
これを流用するのが手間がなさそうです。

Img_9768

艦尾は10ミリ程度短くする必要があります。
このように切り裂いて……

Img_9769

瞬着で接着し、やはり物凄いテンションなので、握って押さえること30分といったところです。

|

2018年7月24日 (火曜日)

扶桑1915 ♯01

ゲルググキャノンの頭部改修が難しい局面でありながら……相変わらず、気の向くままに手を広げていきます。

以前……2009年の10月に一冊の本を紹介したことがあります。

Img_9753_2

川又千秋著『十二戦艦物語』(学研M文庫)。
『まほろば』以降、戦艦にのめり込むようになった私にとって、光人社の『戦艦入門』と並ぶ、バイブルにも等しい本のひとつです。

この本の冒頭で、川又千秋氏がキットを改造した竣工時の戦艦『扶桑』を製作したという一節と、その写真が掲載されていました。

Img_9754_2

この一枚の写真が、明治・大正の艦影を好む私に与えた影響というのは、ちょっと計り知れないものがあります。

ほぼ同じ頃、ニチモ30センチシリーズの金剛から、竣工時の『金剛』製作を始めようとし……思い直して、いわば習作として、架空艦『和泉』を2カ月ほどで製作しました。

Sd50

時は流れ……本来であればそろそろ『金剛』を……というのが本音ですが、ニチモ30センチシリーズが入手が難しいことと、資料とすべき本がまたも所在不明(家のどこかにあるばす、ですが)のため、金剛はひとまず保留とし、ずばりそのまま『扶桑』の竣工時を製作してみようと思います。

Img_9755

素材はもちろんコレ。

Img_9756

旧キットの『扶桑』。
もはやネットオークションぐらいでしか入手は難しいかと思いますが、川又氏に倣って、これで製作しようと思います。
このキット、箱には600円の価格表示が(ノд・。)……あぁ、昔は良かった……と思わざるをえない51歳の夏です。

Img_9757

とりあえずの資料は、モデルアート2002年11月号と、

Img_9758

モデルアート別冊・艦船模型スペシャルの2007年夏の号。
この2冊でやはり旧キット改造の竣工時・扶桑の製作記事 (どちらも衣島尚一氏の製作記事です)があり、これを最大限活用させてもらうつもりです。
モデルアート本誌では、1992年に1度、この竣工時・扶桑の製作記事を掲載しているという衣島氏の記述があり、もしかしたらその記事が川又氏に与えた影響もあるのでは? などと妄想が膨らみます。

Img_9750

当然どちらも図面掲載というありがたい仕様です。が、艦船模型スペシャルのほうは1/700原寸ながら、見開きページでの掲載となっており、コピーが取り辛いです。
モデルアート本誌のほうは「200パーセント拡大で原寸」という親切な仕様なので、こちらを200パーセント拡大コピーして、製作準備となります。

Img_9759

まずは、バルジの撤去と全長を短くすることから始めます。

|

その他のカテゴリー

1/24 マーシィドッグ | 1/35 ライトスコープドッグ | 1/60 ゲルググキャノン | 1/60ザク 06R | 70年代への忘れ物 | 80年代への忘れ物 | L.E.D. MIRAGE | Ma.K. | MS-05 ザクI | Sd.Kfz.222 | VF-11サンダーボルト | VF-17ナイトメア | VF-1バルキリー | 『成層圏気流』のラインダース機 | まほろば | まほろば【パースモデル】 | アクション化 | アルカディア号 | アーメス0021(エルガイム) | エルガイムMk-ll | エヴァ | オージ・オージェ | ガルマン帝国 | ガンダムヘビーアームズ | キュベレイ | クズネツォフ | クラブガンナー | クリスティーン・テンプル | クロスボーン・ガンダム | グラマン・ゼロ | ゲッター1 | コラボレーション・ウェブサイト | コンコバコン | コンドスキー・コバスキー | シーフランカー | ジュアッグ | ジョニー・ライデン | スカルワン | スコープドッグⅡ | タミヤ | デスシャドウ号 | ナイト・オブゴールドAT | ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 | ハリアー | フィギュア・レビュー | フェイクモデリング | ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 | ブラックナイト | ブラッド・テンプル | ブービーダックSECOND | プローラーII | ヘビーメタル | ホバー・パイルダー | マクロス | ミドリガメ | ミーメ | モビルスーツ | モーターヘッド | ヤマト2199 | ヤマト建造計画 | ラインの虎 | リア・シュラク隊 | リックディアス | 五式戦闘機 | 人間サイズのもの | 噴式零戦 | 奇想艦隊 | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 | 巡洋戦艦 | 巡洋戦艦 13号艦 | 巡洋戦艦 摩耶 | 巡洋戦艦 赤城 | 惑星メーテル防空隊 | 戦艦 | 扶桑1915 | 松本キャラ on the Ma.K. | 真・Z | 神の拳 | 緋色の…… | 艦載機 | 赤城 | 超戦艦 日本武尊 | 近藤版サザビー | 近藤版マラサイ | 近藤版リック・ディアス | 連合艦隊1979 | 遊びで作ったもの | 重歩兵 | 金剛1979 | 金剛代艦 出雲 | 銀河鉄道 | 陸戦 | 雑記 | 零式艦上戦闘機 | 高速戦艦 比叡 | II号戦車