« 零号Vol.1 | トップページ | 零号Vol.3 »

2009年7月13日 (月曜日)

零号Vol.2

零号Vol.2

戸惑いながら、ですが、脚と装備以外はここまで組み上がってきました。
感想としては、「塗装済み完成品モデルの組立て作業」といったところです(^O^)。
確かに凄い代物です。年齢の低い層なら殆ど塗装しないでも良い、そんなパーツ割りになっていました。
ただここまで来るとプラモデルという感じが薄いです。別物の名称があっても良いぐらいだと思います(^0^)/
年少者ではないのですが、スミ入れのみ未塗装で進行中です。

|

« 零号Vol.1 | トップページ | 零号Vol.3 »