« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日曜日)

ヤマト #88

ヤマト #88

パルスレーザーづくしの作業です。
E…第1艦橋と第2艦橋の間の側面、半球だが底が浅い。
上がそれです。砲身はこのサイズで3連装というのは非常に辛いんですが、たまたま1/700筑摩のパーツから流用することが出来ました。

ヤマト #88

F…背面、小型。

が、。上のコレです。これは1/1000キットの「A」に該当するパーツを切り出してきました。
が、ホントはここは3連装なんです(ノ_-。)やむなくここは妥協です。
ヤマト #88

C…前方、シールド無し、一番小型。
が、上のコレです。これも1/700筑摩のパーツから流用。
サイズの関係で「シールド無し」というイメージから程遠いものになってしまいました。
こんな感じで、パルスレーザー砲が夢に出てきそうな今日この頃です(^-^;。

|

2010年5月29日 (土曜日)

ヤマト #87

ヤマト #87

司令塔のディテール追加作業を続けています。
第2艦橋周囲の丸モールドを追加。
「突き出たモノ」以外はだいたい取り付け完了です。
「突き出た」パルスレーザー達ですが、司令塔には計6セット配置されているようです。……と「ヤマト歴30ウン年」なんですが、このあたりのディテールには自信があまりないです。
A…側面の一番下、二連装。
B…Aの後方やや上、四連装。艦体側面上部分のものと同一。
C…前方、シールド無し、一番小型。
D…その後方、砲室が半球ではなく直方体。
E…第1艦橋と第2艦橋の間の側面、半球だが底が浅い。
F…背面、小型。
と、しばらくこのアルファベットで書き分けることにします。
とりあえず、AとBを確保したのですが、問題はBでして、旧キットではたいていAを配置するようになっていますが、明らかな間違いです。
ただ、スペースの関係で1/700のものが置けず、やむなく1/1000のパーツを使用しました。台座部分をかなり激しく大型化したにも関わらずです(--;)。このあたりどうも「画によるごまかし」があるようです(^○^)。

|

2010年5月27日 (木曜日)


本日、『海軍記念日』につき、ヤマト更新はお休みです(^o^)。

|

2010年5月26日 (水曜日)

ヤマト #86

ヤマト #86

月末です……なかなか時間が作り難いので、じれます(ToT)。
第1艦橋の背面にブラパンを貼り、ディテールの追加を始めましたが、写真を撮り忘れてます(>_<)。屋根には第2艦橋と同様のディテールを追加の予定。

|

2010年5月25日 (火曜日)

ヤマト #85

ヤマト #85
ヤマト #85

続きです(^_^;)。
ディテールの追加として是が非でも押さえておきたいのが「後部観測ドーム」です。オーバースケールになりがちで難しい面もありましが、「パパとママの青春の想い出の場」なので(^o^)。
マテリアルの円形パーツ(ブルワーク状のモノです)の外縁3分の1をカットして接着。これで床部分を再現します。ドーム部分は司令塔の塗装後に処理します。
第1艦橋のブロックに底板を追加します。

|

2010年5月23日 (日曜日)

ヤマト #84

ヤマト #84
ヤマト #84

第1艦橋と第2艦橋の間のブロックの続きです(^_^;)。
背面のディテールを多少なりとも再現しないと、格好がつきません。プラバンにピンバイスで開口したものを、背面に接着。厚みがかなりあった安定翼ですが、削りに削って厚みを半分程度にしました。プラ素材の場合、薄くすると折れる心配等ありますが、軟質素材は逆にその心配いらずです。適度なコシがあっていい具合になります(^○^)。

|

2010年5月22日 (土曜日)

ヤマト #83

ヤマト #83

デスラー艦(二代目)の対空砲から加工した、側面の小フェアリングを取り付けました……が、かなり曲がりが出たので。リテイク予定です。(^^ゞ。

|

2010年5月21日 (金曜日)

ヤマト #82

ヤマト #82
ヤマト #82

側面上段三基のパルスレーザーの「受け」を艦体に接着(^_^)。塗装との兼ね合いがあるので、この奥まった場所にあれこれくっつけるのは危険そう(--;)…塗料が溜まりそうです。下段のパルスレーザーは別に作業して、最終的なところで接着することになりそうです。
もひとつ…デスラー艦(二代目)の対空砲の砲身をカット。これを4つ確保します。側面の小さなフェアリング用です(^^ゞ。

|

2010年5月20日 (木曜日)

ヤマト #81

ヤマト #81

月末までの10日程度は、忙しくなり、作業が停滞しがちです(+_+)。写真は、ニチモ30センチシリーズの大和のシールド付き機銃の、シールドのパーツです。
これを半分に切断し、側面上段三基のパルスレーザーの「受け」に使用、径がぴったりです(^_^)

|

2010年5月18日 (火曜日)

ヤマト #80

ヤマト #80
ヤマト #80

早いものでこのネタも80回に到達です(--;)。
上に向かって作業が続きます(^_^;)。
第1艦橋と第2艦橋の間のブロックは、当初キットの改造、完全自作と両方検討しましたが、その大きさがネックとなりました。かなり込み入ったディテールですから(当然省略するとしても)、再現が困難。メカニックファイルのパーツは軟質樹脂製ですが、これより上の精度を自分で出すのはかなり厳しい……結局ペーパーがけしてこれを使うことにしました。
しかし、側面の小型パルスレーザーの形状が潰れぎみです。ここはプラで造り換えました。
安定翼もメカニックファイルの軟質樹脂製を流用。しかし厚みがあるので薄くする作業に入ります。

|

2010年5月17日 (月曜日)

ヤマト #79

ヤマト #79
ヤマト #79

仕事帰りの車内からの更新です(>_<)第2艦橋の屋根にプラ材でディテールを追加します。古いキット等では、みな省略されている部分です。多少オーバースケール気味でも(-_-;)メリハリがつく部分ですので意に介さず、です。
第2艦橋側面の良く解らない張り出しは、諸説あるようですが、ブルワークのようなものと判断しました。「宇宙戦艦」ではありますが、洋上艦でもあるわけですから(おまけに潜水艦でもある、と)これもアリかと。
何より、「新たなる〜」で太助たちが乗艦の際、接近してくる艇を、雪と佐渡先生とアナライザーが見下ろしている場所はココではないのかと(^○^)

|

2010年5月16日 (日曜日)

ヤマト #78

ヤマト #78

とりあえず煙突の基礎工作は完了。後でディテールの追加の可能性もアリですが、ひとまず決着です。
ミサイルハッチ部分は、どうも塗料が溜まりそうな気がするので、別塗装の後、最後に取り付ける段取りになります。
側面の謎の○モールドはプラマテリアルを利用。この部分は、プレイステーション版の「サーチライト」という解釈が気に入っているので、やはり塗装の後でレンズパーツを仕込む予定です。
この後は、司令塔の作業にしばらく集中します。

|

2010年5月15日 (土曜日)

ヤマト #77

ヤマト #77
ヤマト #77

次は煙突です。メカニックファイルのものを流用しましが、軟質樹脂の内部パーツは使いません(^_^;)。
とりあえず、吹き抜けの煙突に仕切りを作っておき。ミサイルハッチ部分だけプラと金属板で作成……ミサイルハッチの形状は台形(確か)ですが、再現が難しいので「らしさ」だけでも出せればいいかなと(^_^;)。

|

2010年5月14日 (金曜日)

ヤマト #76

ヤマト #76
ヤマト #76

キットは艦橋のアウトラインをちょっとアレンジしているようです。多少手を入れて整形していますが、もともと設定画を見ても把握が難しい部分ですので、あまり悩み過ぎないようにします。サイズの関係で、背面、側面、前面シールドなしの小型パルスレーザーが省略されているので、それらは1/1000キットのパルスレーザーのパーツで補っていきます。

|

2010年5月11日 (火曜日)

ヤマト #75

ヤマト #75
ヤマト #75

家の事情でドタバタしており作業が停滞していました(--;)
乱れたスジボリの修正にパテを塗ったり、まだ残るキズの修正に盛ったりしています。……しかし、そんな作業ばかりでは写真がつまらないので、他の部分も平行して作業を進めてみます。艦橋部分は、キットとメカニックファイルの合成中です……て、前に書いたかどうか記憶があやふやになってきました。

|

2010年5月 4日 (火曜日)

デス・シャドウ号

ヤマトの合間に進めていたものが、ひとつ完成しました。

Ds

40年前のマンガ『大海賊ハーロック』に登場した「デス・シャドウ号」をメカコレサイズでスクラッチしました。

詳細は本コンテンツ内にてヽ(´▽`)/

| | コメント (2)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »