« ヤマト #93 | トップページ | »

2010年6月19日 (土曜日)

ヤマト #94

昨夜の思考及び作業時間は30分(^_^;)
カタパルトの配置に関してまとまりません。

もともと、この艦尾上部発進口およびカタパルトには、デザイン・設定上でも『画による壮大なごまかし( ̄ロ ̄lll)』があり、矛盾のない完全再現というのは無理です。『復活篇』では、デザインと設定変更により、かなりその問題を解消していますが。

問題は、コスモゼロのサイズ【全長17.4メートル/幅8.2メートル(1/700換算では、約24.8ミリ/11.7ミリ)】と辻褄が合わないことです。ヤマトが小さすぎるのです。
パソコン上で画像を拡大等して確認してみたところ、コスモゼロを基準とすると、どうオマケしてもヤマトの全長は800メートルほどになります(;´▽`A``。
その場合、第一艦橋室内の奥行きも17メートルほどになり、ほぼ劇中の広さが確保できていると思います。
しかし、800メートル……設定全長というものがある以上、まるごとそれを無視というのもおかしな話です。

ヤマト #94

写真のブラックタイガーは、メカニックファイル付属のモノ……だいたいコレが既に1/700になっていないんです(´-`)。ですが、これをおおまかな基準に考えていきたいと思います。実際、ヤマトを基準とすると、コレでもまだブラックタイガーが大きすぎる訳ですが。

余談ですが、デザインそのまま全長800メートルに拡大したヤマトは、カタパルトの全長も70メートル(*_ _)ほどになってしまい、17.4メートルのコスモゼロとのバランスで、大矛盾を産みます。
写真、手前のカタパルトは1/1000、奥のカタパルトは1/700のものです。
このヤマト1/1000のカタパルトを使用したほうが自然かもしれないのですが、艦全体とのバランスを考えると小さすぎるようにも思え、思考が泥沼化してきます。

ヤマト #94

とりあえず、カタバルトの土台を設置してみました。

この位置にカタパルトを設置すると後ろにエレベーターのハッチのラインを彫った際、中心線が合わなくて、妙な感じになるんですが、やむなしです。
カタパルトを後ろにずらすことによって解決できますが、今度はカタパルトの位置が非常に後ろすぎ、かつ中心に寄り過ぎてダメです。
この位置で妥協するしかないようです。

|

« ヤマト #93 | トップページ | »