« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月

2010年8月31日 (火曜日)

惑星メーテル防空隊 ♯21

9025D526-9C1F-4D3D-BCF9-F8B15EE482C1

夕べは帰宅が遅く、主翼にペーパーがけしたのみです(>_<)。
先端部がちょっと欠けてしまったので、瞬着で肉付け補修しました。

|

2010年8月30日 (月曜日)

惑星メーテル防空隊 ♯20

036BD06C-597A-40AF-A33C-F400754EA070

またケータイを変更したため、入力がたどたどしくなってます。
主翼にプラパテを塗っています。
8B1E651D-827C-4AB3-9469-AA5945BFD844

キャノピーと機体との擦り合わせも、ほぼ完了しました。

|

2010年8月29日 (日曜日)

惑星メーテル防空隊 #19

主翼に盛ったエポキシパテを、ひたすらガリゴリガリゴリ削りました(^-^;。

2010082908120000

こんな感じにしあがりつつあります。この段階でアラが目立つので、もう少し慎重に磨ぐことにします。

しかし、これで……

2010082908130001

主要部品は揃いました。あとは各パーツの精度というか品質をどれぐらい上げられるのか(;´▽`A``。もっとも苦手で、いつまでも向上しない部分です。

昨夜、幸運にも、小林誠氏の話を伺う機会を得ました。

2010082908130000

面白い話が満載、といった感じでした。

氏が、「特撮(合成)写真ではなく、モデル単品の写真のほうが映える。モノが完成したら、そういうふうに撮るべきだ」といったニュアンスの話をされていたのには、「眼から鱗~」でした。

ガニメデは大きさもそこそこなので、単品写真をじっくりやってみたいと思います……いや、メーテル星でのドンパチも撮りたいですけど(*^.^*)

拝見したギャラクティカのモデルとデザインワークの類は、

「凄すぎて参考にならない( ̄ロ ̄lll)」

の一言につきます。

プロは流石です。

|

2010年8月28日 (土曜日)

惑星メーテル防空隊 #18

惑星メーテル防空隊 #18
惑星メーテル防空隊 #18

……あまり進んでいません。
主翼を少し加工。プラバンで骨組を造り、エポキシパテを盛りはじめました(・・;)。

|

2010年8月27日 (金曜日)

惑星メーテル防空隊 #17

惑星メーテル防空隊 #17

月末は忙しく(>_<)製作に注ぐ体力と時間が乏しいです。
機体にあちこち怪しい部分があるので、一度パテ盛り作業を(^_^;)。
順調にいけば、あと1週間ぐらいで完成しそうです。

|

2010年8月26日 (木曜日)

惑星メーテル防空隊 #16

惑星メーテル防空隊 #16
惑星メーテル防空隊 #16
惑星メーテル防空隊 #16

尻尾(?)の続きです。
エポキシパテを盛って多少整形します。
設定画をそのまま立体化する力量はないので(;´д`)アレンジをします。……実際、おおむね完成した機体も、ボディラインのあちらこちらが設定画とは異なるものとなっています(^_^;)。
このガニメデのような松本メカの魅力って、【昆虫っぽい】ところだと思うので、そういう雰囲気は崩さないようにしたいと思います(>_<)。

|

2010年8月25日 (水曜日)

惑星メーテル防空隊 #15

惑星メーテル防空隊 #15
惑星メーテル防空隊 #15

機首の整形はほぼ仕上がりです(^_^)。
尻尾(?)も全て流用パーツで賄います。支柱はゼントラーディーのケルカリアから、テイルコーンはコバルター(他2体と合体して「ダイオージャ」になるやつですよ^_^;)の武器の棍棒の先端、支柱と繋がっている濃い緑色のは、確かドルバックの何かのパーツです(^_^)。

|

2010年8月24日 (火曜日)

惑星メーテル防空隊 #14

惑星メーテル防空隊 #14
惑星メーテル防空隊 #14

機首の加工です。
ウェーブの丸型パーツとエポキシパテで整形中(^_^)。
昨日はパイロットに触れるのを忘れてました。1/100スケールのジャンクを漁り、細身の人を探します。機械化人はヒョロヒョロが多いので(^_^;)。
結果、アメリカ人傭兵パイロットのミッキー・サイモン氏(搭乗機はFー14 TOMCAT)に機械化人になってもらいます(^O^)。

|

2010年8月23日 (月曜日)

惑星メーテル防空隊 #13

惑星メーテル防空隊 #13
惑星メーテル防空隊 #13

コックピットに関してです。
劇中では機械化兵パイロット搭乗し、アルカディア号に向かってダイブしていたシーンが印象的です(^^)。
今風に考えると、「何も機械化人がわざわざパイロットにならんでも、ガニメデ自体を機械化兵にしたほうが…」と思いますが、まぁこれは、「らしい表現」ということで、ザクがマシンガンのスコープをわざわざモノアイの前に持っていくのと同じようなものかと(^^;。
コックピット内の設定画はたぶん無いと思いますので、適当にアレンジしてみます。
ただ、さすがにサイドスティック等はしつこいだろうと……機械化人がシートに座った時点でガニメデとシンクロするものと考えたほうが無難だと思いますので、それらしい造りにするつもりで進めます。

|

2010年8月22日 (日曜日)

惑星メーテル防空隊 #12

2010082100020000

やはり……予想以上にヒートプレスに難儀しました(ノ_-。)。

数度の失敗の末、なんとか使えそうなモノが抜けました。
これで手を打とうと思います。

|

2010年8月21日 (土曜日)

惑星メーテル防空隊 #11

惑星メーテル防空隊 #11
惑星メーテル防空隊 #11
惑星メーテル防空隊 #11

キャノピーの製作です。
透明なもののヒートプレスは、1/144 Gファイターのキャノピーを抜いて以来なので、やはり30年近いブランクがあり、いつも以上に手探りの作業になりそうです(^_^;)。
型取りが済んだシリコンに、エポキシパテを詰め、後の作業のためにランナーを刺しておきます。
まあまあの抜け具合(^^)、表面をペーパーがけなどして整えます。さて、いよいよ問題の作業です(;´д`)。

|

2010年8月20日 (金曜日)

惑星メーテル防空隊 #10

惑星メーテル防空隊 #10
惑星メーテル防空隊 #10

背面部分のノズル(ダクト?)近辺の工作です(・・;)。
フチの厚みをプラバンで増し、フィンを内側に仕込みます。……この類いの処理は苦手です(;´д`)。

|

2010年8月19日 (木曜日)

惑星メーテル防空隊 #09

惑星メーテル防空隊 #09
惑星メーテル防空隊 #09

機体に盛り付けた肉を削り整形中です。
キャノピーに関してしては、バリキリーのものを削ってみるつもりでいましたが、肉厚が気になったので絞ってみることにしました。
粘土状シリコンでキャノピーを型取りします。……ちょっとしたものを型取るのに、コレは本当に便利です(^○^)。
ところで(^_^;)、この1週間、1日のアクセスが120を下回りません。普段はばらつきがあって、50から60ぐらいの日も多いのですが、これは「ヤマトの完成報告待ち」なのか「このガニメデが好評なのか」どちらなんでしょうか?

|

2010年8月18日 (水曜日)

惑星メーテル防空隊 #08

さて、延々と名前を伏せておりましたが、正解(ヤッタランさんが指摘)が出ました。

惑星メーテル(惑星大アンドロメダも同様)の迎撃戦闘機『ガニメデ』が正解でした( ̄▽ ̄)。

映画『銀河鉄道999』では、進入してきたアルカディア号を低空で迎撃するシーンが殆どでしたが、、「宇宙戦闘機」としたことで、かえって解りにくくなったようです……形状からして宇宙戦闘機で間違っていないと思うんですが(;´▽`A``。
スケールは1/100で考えております。

そこで、タイトル・カテゴリーともに、正式なものに改めました。このタイトルを出してしまうとすぐにバレると思ったので(o^-^o)……。

2010081706340001

主翼付け根のナセル部分の隙間にエポキシパテを充填しました。

| | コメント (2)

2010年8月17日 (火曜日)

惑星メーテル防空隊 #07

宇宙戦闘機 #07
宇宙戦闘機 #07

ノーチラス(ナディアのです)のエンジンナセルをカットし、主翼の付け根を造ります。側面の角に取り付けのため、位置決めや左右のバランスが難しいです(>_<)。
こいつの武装は左右2門(計4門)の機銃(たぶん実体弾ではない)のみなので、彫刻刀などでスリットを彫りました。
引き続きコメント欄で【これが何か?】を続行してます。

| | コメント (2)

2010年8月16日 (月曜日)

惑星メーテル防空隊 #06

宇宙戦闘機 #06
宇宙戦闘機 #06

エポキシパテが固まったところで、削り始めています。
昨日は、例のヤマトが転落して一部破損(;´д`)、パニック状態で補修に追われたので、こちらの作業は僅かでした。
引き続きコメント欄で【これが何か?】を続行してます。

| | コメント (1)

2010年8月15日 (日曜日)

惑星メーテル防空隊 #05

宇宙戦闘機 #05
宇宙戦闘機 #05

機体の肉付け作業継続中です。
エポキシパテの盛りも二回目になります。
主翼をどうするか考えがまとまっていません。
とりあえずプラバンを切り出しました。
引き続きコメント欄で【これが何か?】を続行してます。

| | コメント (1)

2010年8月14日 (土曜日)

惑星メーテル防空隊 #04

宇宙戦闘機 #04
宇宙戦闘機 #04
宇宙戦闘機 #04

「宇宙戦闘機」という呼び方が解りづらくしているのかな?という気がしてきました(^_^;)。登場シーンは大気圏内だったのです。
引き続きコメント欄で【これが何か?】を続行します。
機体のアウトライン出し作業の続きです。
プラバンを貼り込んだ部分の、余計なはみ出しをカットし、多角形のメインノズルの形状をどうにか造りました(--;)。ちょっと歪んでいますが、いつものようにリテイクなしで進めます。
エポキシパテを盛る……前に、ランナーの切れ端を詰め込みます(節約^_^;節約)。
そして肉付け開始(^^)。

| | コメント (4)

2010年8月13日 (金曜日)

惑星メーテル防空隊 #03

宇宙戦闘機 #03
宇宙戦闘機 #03
宇宙戦闘機 #03

(^^)。引き続きコメント欄で【これが何か?】を続行します。賞品はありませんが(>_<)。
機首から機体に繋がっていくアウトラインを出すのに、先にメインノズルの土台を切り出し、機体に接着。プラバンを貼り込んで、ノズルの縁を先に造っておきます。あとはエポキシパテを盛ります(^^)。

| | コメント (2)

2010年8月12日 (木曜日)

惑星メーテル防空隊 #02

宇宙戦闘機 #02
宇宙戦闘機 #02
宇宙戦闘機 #02

マイナーすぎて何か解らないかも知れません(^^)。引き続きコメント欄でクイズを続行します。
今度はモビルスーツ・リガズィの肩パーツを流用し、幅詰めしたものを機首にします。

| | コメント (2)

2010年8月11日 (水曜日)

惑星メーテル防空隊 #01

宇宙戦闘機 #01
宇宙戦闘機 #01

新企画確定しました(^^ゞ。
今回もブログでチマチマとアップしていきます。
モノは、『宇宙戦闘機』です。サイズは手のひらサイズの予定です。
コレも数年前から設定画を眺め、「造りたい(^^;」とは考えていましたが、昨夜突然製作開始です。
新艦建造の予算案が崩壊してしまい(T_T)、うちひしがれてキットストックとジャンクを漁っていた時、突然ひらめきました(^○^)。
「!このパーツを流用できる^^;」
アリイの1/100バルキリーの機首です。先端部分をカットします。
それを反対側に接着。
これでオッケーです(^^)ほぼイメージしていた通りです。製作開始。
……とりあえず何を造ろうとしているかは伏せてみます。
解った方はコメント欄に書いてみてください(簡単かも)。

| | コメント (6)

2010年8月10日 (火曜日)

NEXT (・・;)?

NEXT (・・;)?
NEXT (・・;)?
NEXT (・・;)?

次のフネに関しては、まだ未決定です(;^_^A
メカコレのアンドロメダをサクサクと仕上げるというのも一案。
ヤマトの遠景用という感じです。
1/700のキットになど手を出すと、また数年がかりの辛い旅になるのは必至です。
タイトープライズのアルカディア号(なんでコレは「キャプテンハーロック号」にならないで済んだのでしょいか?謎です)をいじるというのもアリかな?(^^;

|

2010年8月 9日 (月曜日)

ヤマト #120

約7カ月を経て、1/700ヤマト、竣工ですo(*^▽^*)o

2010080912260001

実は、こっそりと最近流行りつつあるLED電飾も施し、波動砲が光りますw(゚o゚)w。

2010080912270001

冗談というものです。すみません(*^.^*)本当はタイトーのUSBメモリです。ほぼメカコレサイズのものです。

2010080912280001

本物は、やはり竣工直前です。

2010080823140002_2

これはホンモノです(^-^;。ほぼ塗装が終わりつつあります。
「パパとママの青春の思い出」のドームも仕込みが終わりました。

ブログでの公開は区切りのいい今回で終了とします。
数日、時間をかけまして、『epilogue』で最終的な公開を予定しています。

ブログでは、別のものを始めるかも知れません……いくつか考えはあるものの、今は迷っているところです。

|

2010年8月 8日 (日曜日)

ヤマト #119

ヤマト #119
ヤマト #119
ヤマト #119

艦体の基本的な塗装が終わりました(・・;)。
多少筆でタッチアップする必要がありますが、塗り分けもなんとかこなしました(;^_^A。
他のパーツの塗りも進んでいます。いよいよ組み上げです(;o;)。

|

2010年8月 7日 (土曜日)

ヤマト #118

ヤマト #118
ヤマト #118

塗装作業進行中(・・;)。
厳しい展開です。
どうもタミヤ缶のほうが、ラフな塗りには向いているようで、なんといいますか酷い仕上がりになりつつあります(--;)。
昔っから「塗りで台無しにする」ことが多い訳ですが、今回はひときわ残念な結果になりそうで怖いです。
……やはり秘蔵のエアブラシ&コンプレッサーの出番なのか!?……ということも頭をよぎりますが、なにせ段取りが多くなるので「模型ホタル族」向きではありません。第一、夜という条件なら結果に大差が生じるとは思えないのと、塗りだけで何ヵ月もかかりそうです。
やむなし(;´д`)。

|

2010年8月 6日 (金曜日)

ヤマト #117

ヤマト #117
ヤマト #117
ヤマト #117

塗装を開始しました。
作業の大半は、夜のベランダですので(・・;)カンだけが頼りとなります。かなり厳しいです。
「第1作」のイメージですので、シックに軍艦色と艦底色のコンビで塗ります。
司令塔を塗り始めてから、「バッタアンテナ」が無いのに気付いて、慌て追加しました。

|

2010年8月 5日 (木曜日)

ヤマト #116

ヤマト #116

全てのパーツの加工と、サフ吹きが終わりました(^O^)。
品質は……まぁいつもと大差ないです。
締めくくりは「エピローグ」を設けてみるつもりですが、このブログをどこで打ち止めたものか、迷っています。

|

2010年8月 4日 (水曜日)

ヤマト #115

ヤマト #115

ロケットアンカーは、キットパーツを加工してみました。
さて、パーツがほぼ揃いました(^^ゞ。
いよいよです。

|

2010年8月 3日 (火曜日)

ヤマト #114

ヤマト #114
ヤマト #114
ヤマト #114

司令塔トップの艦長室・レーダー部分もさほど手は入れていません。
カタパルトと共にサフ吹きします。
艦首部分の旗竿(アンテナ)の形状は良く判りませんでしたが、推測して処理しています。

|

2010年8月 2日 (月曜日)

ヤマト #113

ヤマト #113
ヤマト #113
ヤマト #113

今回、30年ぶりに挑む1/700ヤマトは「第1作のイメージ優先(しかもかなり独りよがり)+微量のアップデート」という頭で進めてきました。
自分なりに「ここはこうだろう」とアレンジはいくつかしたものの、「俺ヤマト」にはならないように努めました。
その意味から、逆に妥協して副砲脇の2連パルスレーザーの付け根の「張り出し」を追加作業しました……個人的には好きでないアウトラインなので、「主翼格納ハッチ」「舷側ミサイル発射管ハッチ」と共に無視して進めていましたが……(;^_^A。
パルスレーザーの砲身も取り付け完了です。
カタパルトに関してはキットのものに手を入れ始めたものの、私の技量では厳しいところがありました。
メカニックファイルのパーツは、形状を程よく省略しているようなので、これを流用します。

| | コメント (0)

2010年8月 1日 (日曜日)

ヤマト #112

ヤマト #112

パルスレーザー群のサフ吹き完了(^^ゞ。
残り工程は、
●司令塔トップ部分の仕上げ
●艦体へ取付け済みのパルスレーザーの砲身取付
●艦首の旗竿(?アンテナ)製作
●カタパルト製作
●艦体ディテール追加
●ロケットアンカー製作
ぐらいでしょうか(;^_^A。

|

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »