« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

2011年5月31日 (火曜日)

P.K.A ♯07

1306790764349.jpg

背中の『コブ』を造っていきます。トップヘビーを避けるため、流用パーツを使い、出来るだけ中空を作ります。


1306790769714.jpg

マジンガーの胸と腹をカチ割ったものを利用します。
これ、頭を収納するための胸の開閉機構が活きたままになっています。背中の処理をまだ決めかねているからです。
このまま形状を整えて、グッカーのような背中にするか、


1306790773479.jpg

この部分を取り払い、


1306790776647.jpg

グスタフかメルジーネのようなファンを見せるタイプにするか……まだ迷いがあります。

|

2011年5月29日 (日曜日)

P.K.A ♯06

1306638335918.jpg

身体と脚のバランスをみています。


1306638342215.jpg

ちょっと脚が長いとは思いますが、派生系のカスタム機ということになるので、このまますすめます。

|

2011年5月22日 (日曜日)

Bテンプル ♯14

Img_1493

久しぶりにBテンプルを進めています。
腹は5ミリ延長して、全体のバランスを調整。
肩はイマイのスーパーバルキリーのノズルを切り詰め、中にポリキャップの受けを仕込みました。

Img_1494

肩のアーマー部分の受けは、かなりキツめのため、これもまたボールジョイントの受けに差し替えます。

Img_1496

かなり肩幅が広くなりました。上手くバランスを取れるものかどうか(;´▽`A``。

Img_1498

1/144スケールとしては、なかなか豪快な身の丈になってきています。

| | コメント (1)

2011年5月20日 (金曜日)

P.K.A ♯05

1305848317805.jpg

ちょっとピンボケ気味ですが、エヴァの腰に装甲取り付け用の穴が空いていたので、ここに金属棒を差してボディと固定しました。金属棒はタイヤハウスを流用したフィアットのシャフトです(^∇^)。

1305848327457.jpg

脚の全体像はこんな具合です。

|

2011年5月19日 (木曜日)

P.K.A ♯04

1305762913468.jpg

脚の主要パーツは揃いました。腰及び股関節はエヴァ、膝から下はマジンガー、股は、ヘビーメタル•アローンの肩パーツを流用します。

Img_1488

しかし、このままでは、股が余りに長過ぎます。結局、アローンのパーツ内部にエヴァのパーツを埋め込みました。

Img_1489

股関節に繋ぐとやや窮屈な感じ……もう少し削るなど擦り合わせは必要です。

Img_1490 

|

2011年5月15日 (日曜日)

P.K.A H0改

=ある重要人物に関する情報=

【15.MAY.2887 単機哨戒任務中のSAFS【ZOX467号機】が、非常に特殊な攻撃により大破。パイロット【バーゼル・スターン大尉】は死亡したが、機体は当局に回収された。
当局は、破損していた【ZOX467号機】のメモリーから、画像データのサルベージに成功したものの、100パーセントの修復を施したはずの画像に、非常に高度なジャミングによるものと推測されるエラーを確認した。


03

それ以前は正常であったはずの画像の異常は、遠距離の敵機を捉えた最初の画像から既に起こっている。

02

この画像の異常は、撮影されている敵機が、【ZOX467号機】の間接視認システムに、直接的に干渉した可能性を示唆しており、これが事実とすると当局にとって非常に脅威となる。本件に関しての情報収集が急務である故、昨日付けで情報部へ通達が成された。

04

【ZOX467号機】は、近接戦闘の末に左腕を完全に切断(!)され、中枢メモリー及びパイロットに致命的な打撃を受けたが、システムダウン寸前に正常に近い画像を2枚保存することに成功している。

05

画像分析の結果、当局のデータバンクに該当する型のP.K.Aは存在せず。高機能排気タービン等を装備したH0型のカスタムチューンナップ機と推測される。

06

正面から捉えた画像を解析した結果、パイロットは82パーセントの確率で『トシロー・オーヤマ技術大尉』と特定された。
同人物は数年来『ガンフロンティア隊』に所属しているが、同部隊が当地に展開を始めたという確認は未だに取れていない。
また、【ZOX467号機】の破損は、敵の装備する『サムライ・ソード』によるものとの結論に至った。当局情報部員によれば、これは正式装備ではなく、当大尉の私物『燦 天河無限』というサーベルとのことであるが、詳細は不明である。

『トシロー・オーヤマ技術大尉』はシュトラール軍内部では「類い稀な天才的技術者」との呼び声が非常に高いが、シュトラール軍工廠除籍後は、前線基地における無許可の機体改造・運用・命令不服従による懲罰の天文学的記録保持者であり、本来であれば同期の『ハーロック大尉』ともども軍刑務所収監は免れない立場のはずである。
にもかかわらず、未だに当技術大尉が最前線近くで暗躍しているという事実は、シュトラール軍が当大尉の才に著しく依存している内情を示していると推測される。
当局情報部員によれば、最前線基地では、当技術大尉の違法改造を待ち望んでいるエースが多数存在しているのが実情であるという。
いずれにせよ、SAFSの間接視認システムへのジャミングが現実のものとなったことは、戦局を大きく左右しかねない重大な脅威である。
そして……当大尉の過去の行動・言動から、シュトラール軍に対する忠誠心は非常に希薄なものであると推測されている。したがって、当局は、身柄を確保して連行が可能な場合、あらゆる事項に優先して当大尉の拉致を実行するのが良策であるとの結論に至った。

引き続き、最優先での調査続行を要する。

……と、まぁ、約2年ぶりの、また全部嘘なんですが(ノ∀`)。
四半世紀ぶりぐらいにキットのP.K.Aを組んでみました。

07

ストレートはやめて、適当にいじっています。前面はライトの増設とインテイクの小型化。
アタマはガチャガチャのトチローを型取りしてエポキシパテで複製を作りました。
大きすぎてキャノピーがちゃんと閉まりません(^-^;。

08

膝のリングパーツは扱いが面倒なのでオミット。
背面は排気タービンまがいのものを増設してみました。

一週間そこらでたちまち完成。

やはり、プラモデルはこういう『お遊び』が一番楽しいですヽ(´▽`)/。

| | コメント (1)

2011年5月13日 (金曜日)

P.K.A ♯03

Img_1363

間もなく12年目に入る当サイトですが、こんなにでかでかと車のパーツが登場するのは初めてだと思います。シャーシーからタイヤの囲いの部分(ちゃんとした名称解りません)をカットします。これは、ルパンが『カリ城』で乗っていた車です。 多少整形して両腰に接着しておきます。

Img_1391
股の動きを妨げないように、ボディパーツを切り割いておきます。

Img_1394

| | コメント (2)

2011年5月11日 (水曜日)

SAFS−AF ♯11【完成ヽ(´▽`)/】

01

スーパー・アーマード・ファイティング・スーツ。アクションフィギュア化終了です。

02

とりあえず、全ての関節をポリキャップ等へ置き換え、その関節部分のシーリング。アーマーの可動、カメラの伸縮、全て処理しています。

03

そして、出逢った当事は購入出来ませんでしたので、四半世紀を経て、初めて作った1/20SAFSとなります。

05

私の頭の中には「SAFSといえば陸戦」。

06

「陸戦といえば砂漠戦」。

07

「砂漠の戦闘といえば……『エリア88』」と、いうイメージがこびりついています(;´▽`A``。

08

そこで、『ミッキー』の『プレーボーイ誌のバニー』のデカールを貼ろうとしたのですが、経年劣化のため、水に浸けるとボロボロになってしまいました(ノ_-。)。
『キム』のマーキングを貼ってめでたく完成です。

| | コメント (1)

2011年5月10日 (火曜日)

P.K.A ♯02

サイズのちがいこそあれ、2年前に経験済みの製作ですので、いろいろ改善しながらすすめます。

Img_1342

脚です。足首の形状から、マジンガーから流用します。何も考えずに造ると、かなり上半身が重くなるのは必至。足首には重り代わりにエポキシパテを充填しました。スネは長過ぎるので、10ミリ短くしています。

Img_1359

膝部分のポリキャップ関節はそのまま使用ですが、件のプラ袋をバスコークでコーティングしたものをカバーにして、見た目をごまかします(^∇^)。 股関節はマスターグレードのエヴァから流用する予定です。

|

2011年5月 8日 (日曜日)

SAFS−AF ♯10

1304842407860.jpg 腕のシーリングを加工中(^∇^)。満足のいく仕上がりではないですが、コレを無しで仕上げるよりはマシかと(・・;)。 1304842415164.jpg 間もなく完成となります。

|

2011年5月 7日 (土曜日)

終•宙に浮いた存在(凸)/

ジムIIもどきが完成です。


1304755192340.jpg

思えば十数年、白が主となる塗装から遠ざかっていたので、かなり酷い仕上がりになりました。

|

2011年5月 5日 (木曜日)

SAFS−AF ♯09

Img_1329

パイピングの作業も始めました。
ここはキットパーツではなく。こわれたムギ球の線をカットしてボディに貼り付けています。

Img_1330

関節部分のシーリングに関しては、いろいろ試してみましたが、あらかた失敗に終わり。最後にたどりついた方法が、ビニールの上にバスコークをコーティングするという手です。

雑貨店などのコンビニ袋に黒い袋がありますが、それをカットし、ペンなどに巻きつけて瞬着で留め、黒いバスコークを塗りました。

Img_1331

適当な長さにカットし、ボールジョイントに被せて接着。

Img_1332

見栄えはこんな具合……まぁ、ボールジョイントむき出しよりはマシでしょうか。

Img_1334

バスコークの硬化時間のため、作成に24時間はかかるのが難点ですが、とりあえずこの方法で進めてみる予定です。

|

2011年5月 2日 (月曜日)

P.K.A ♯01

01

レベルの1/32ヒューズ・カイユースです。
コレを出したところで、カンの良い方にはバレてしまうかもしれません。
そう、またアレをやる気です。2年ぶりですが……。

02

またもスクラッチで『P.K.A(ペーケーアー)』にチャレンジします。
今度は1/12~1/13のサイズになります。
……とにかく、未完成のモノがあるというのに、手広くやってしまいます。性格なのでどうしようもありません。別のものもまだいくつか始めるつもりでいます。

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »