« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年6月

2011年6月21日 (火曜日)

11周年、そして12年目へ…

『やまとは くにの まほろば』本日11周年を迎えることとなりました。
今後も無理はせずに細々とでも続けていきたいと考えております。
今後ともよろしくお付き合い願います。m(_ _)m


1308607320797.jpg

|

2011年6月10日 (金曜日)

ガイア♯02【80年代の忘れ物】

Img_1544

人生初、1/100スケールでの『肩のハの字斬り』ですヽ(´▽`)/。
1/144でなら……確か5回ほど経験済みです。

Img_1545

腕です。上から順に、今回のキット、マスターグレード(Ver.1)、1/144キット。
マスターグレード版の腕の細さは1/144と大差ないほどです。
全般的に、現在のモビルスーツのキットは、旧キットに比べて「やせ体型」となっており、頭頂高こそ同じなのかもしれませんが、頭の大きさそのものもひと回り小さい意匠となっています。

Img_1546

1/144の肩ブロック(ジョニーの赤)をあてがってみると……なんとまぁ、Σ( ̄ロ ̄lll)違和感が殆どありません。

Img_1547

『ホビージャパン 1984年2月号』で、MAX渡辺氏が1/60のキットをかなり細身にして仕上げています。それらの記事の写真と見比べてみても、それほどの暴挙でもないのかも……今ちょっと迷っています(;´▽`A``。

|

2011年6月 9日 (木曜日)

ガイア♯01【80年代の忘れ物】

【80年代の忘れ物】の続きです。
帰宅後、ガサゴソと仮組みをしてみました。
コレです。

Img_1542

旧キット1/100スケールの06Rです。これもまた2回目の購入品で、10代の際に購入したキットは、このような仮組みもしないままジャンクとなり、何処かへ去って(?)しまいました。

Img_1543

太い……マスターグレードに比べるとかなりマッシブなスタイリングです。しかし、四半世紀前はこれがほぼベストのプロポーションでした。
あまり根を詰めないように手を入れて、コレを『ガイア機』として仕上げてみようと思います。

| | コメント (3)

2011年6月 8日 (水曜日)

ジョニー・ライデン♯01【80年代の忘れ物】

Img_1538

【80年代の忘れ物】話の続きです。

説明は不要のこの2冊ですが、実はこれは2回めの購入品です。
かつて、発売直後に入手していたにもかかわらず、10数年前、一人暮らしをする引越しの荷物整理で処分してしまっていました(……これは推定、実は記憶がかなり曖昧です)。
前回書いた、『80年代にいろいろと忘れ物をしてきた感』というのは、こういうことが遠因となっているようです。
当時、20代半ばの私は、「今後のモデリングライフは、大戦中の日本機やドイツ機を中心になっていくだろう」などと考えていた節があるので、雑誌類や完成品(!……この中には、出来はともかくとして『15歳でスクラッチしたアルカディア号艦載機【1/72スペースウルフ】』、『18歳でスクラッチした【1/144ガンダムMk-2】』等々、それまでの完成品の殆ど(・_・))を処分してしまいました。
今、思えば『自分がどういう人間なのかまるで把握出来ていなかった』としか表現できません。7~8年後にこのウェブサイトを立ち上げ、『まほろば』を製作することになるとは全く想像の外だったので……。

Img_1541

ジョニー・ライデン06Rの続きです。

Img_1533_2

R-2型の背部タンクは、1型よりも直径が太いと設定されていたものを、キットではランドセルの脇に貼る先端部の直径を太くすることで表現しています。

Img_1537

しかし、本来はもっとオーバーな表現が必要です。
流用パーツのパイプをランドセルに食い込ませる形状へと修正します。

Img_1539

このあたりの作業は、ホビージャパンの1984年2月号のMAX渡辺氏の記事を参考にしています(゚▽゚*)。

Img_1540

キットにはR1型(黒い三連星機)にはなかったザクバズーカのパーツが入っていますが、やはりジョニー・ライデンといえば『ジャイアントバズ』を持たせないと映えません。HGのドムから強奪してきました。

|

2011年6月 5日 (日曜日)

ザクⅡ改【80年代の忘れ物】

01

手慰みでこしらえた1/144『ザクⅡ改』です。

02

まだ若干の仕上げは必要だと思いますが、おおむね完成したので、これでしばらく放置しそうです(^-^;。

03

手を加えたのは動力パイプの変更と、モノアイをHレンズにしてみただけです。
動力パイプは、80年代風に、自分でエナメル線を巻いています。

04

何で今更ザクなのか……最近、二本足ばかり作っているのは周知ですが……何故か良く自分でも解らないのですが、最近は【80年代に、いろいろと忘れ物をしてきた】思いが強く、それを補完しようとする行動に出易くなっています。

その【80年代へ忘れ物をしてきた】事はこれからおいおい書いていくと思いますが。
その一環としては……こんなコトも始めてみました。

Img_1532

当事、とうとう造るコトが出来ずに終わった(それ以前に、購入すること自体、手が回らなかった)ジョニー・ライデンのR-2型ザクです。

Img_1530

当事のキットと、80年代なら1/60キットの値段である『1/144 リアル・グレード シャアザク』とでミキシングというプランです。

| | コメント (2)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年8月 »