« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水曜日)

Zの鼓動 ♯04

Z12

全体的に厚みはだいぶ落ちてきたと思います。
あとは、機首の部分です。このままでもバランスはベストなのですが、『近藤版』とするにはかなりの延長が必要となります。

Z13

ここで、希少価値ある1/144ゼータプラスのパーツを流用してしまいます。かなりもったいないですが、個人的には、ゼータプラスはさほど好きではないので躊躇せずいきます。

Z14

Z15

現物合わせで大まかにプラバンでアウトラインをつなぎ、エポキシパテで肉付けをします。

Z16

この部分の整形が、今回のヤマ場となりそうです。

| | コメント (2)

2011年9月24日 (土曜日)

Zの鼓動 ♯03

Z07

このように、脛ブロックの取り付け位置がだいぶ後退しました。

Z08

右がキットのまま、左が変更したものです。実際、縮められたのは数ミリですが、これでだいぶ印象が変わったと思います。

Z09

本来入り込むはずのこれらのパーツを、オミットしたので、だいぶ薄目の印象に変わってきました。

Z10

スカートの後部は省くつもりでしたが、かなり目につく部分で、まったく付けないと問題がありそうです。

Z11

このように切り出して、部分的に使用してみます。まだ幅詰め作業中です。

|

2011年9月23日 (金曜日)

Zの鼓動 ♯02

Z03

さて、厚みを取るようなことをすれば、到底モビルスーツとのコンパチは放棄となります。
変形を考慮せず、接着出来る部分はどんどん付けてしまいます。

Z04

そして、いろいろとパーツを省略することになります。
どうしても必要なパーツも、極力厚みを落としていきます。
これは機体中央の脚の取付部分を含んだパーツですが、かなりヤスっています。

Z05

脚の部分。ここの上下の厚みを比較的簡単に減らすには……。

Z06

腿と脛の部分の接続で誤魔化すしかないようです。接続部分のパーツを一部切り取り、変わりに軸を打ちます。
変形不可となりますので、アキが出来て中が見えてしまう部分(モビルスーツ時の膝の下あたり)は、スリット入りのプラバンで塞ぐようにしました。

|

2011年9月22日 (木曜日)

Zの鼓動 ♯01

次はコレですヽ(´▽`)/。

Z01

ウェブサイト開設から11年を経て、とうとうガンダム初登場となりました。
これはご存知HGUCのパチ組みです。

西暦1985年(´▽`)、カミーユと同い年だった私は( ̄▽ ̄)、シルエットのみオープニングに登場するZ (この時点ではデザイン未決定だったようです) に、期待感がパンパンに膨れ上がっていました。その直前、ガンダムマーク2の決定稿が公開されると、すぐさま1/144でスクラッチを始めたりと、当時はこの作品に対して過剰な期待をしていました。
が、いざ登場したZを見たときの失望感といったら(^-^;……。
登場したのは本編中盤、その時点ではこの作品の内容も「自分が想像、期待していたものといろいろと違う」ことに、やや失望していた頃でしたので……。
Zのスタイリングについては、何かこう……主役メカとして受け容れることに精神的に抵抗がありました。
細長い三角形の体型といい、特にあの頭と顔がダメでした。多分、アレにリ・ガズィ的な丸みがもっとあれば、好きになれたと思うのですが。
初期オープニングのZガンダムの頭(シルエットのみ)、丸いでしょう? あんな感じですよ……と、好き勝手なコトを書いていますが(´ヘ`;)。
そのくせ、後に近藤和久氏の『ジオンの再興』で見た、悪役的で複数登場するZは好きだったという……まったく複雑な感情を抱いていました。

さて、ウェイブライダーのみをパチ組みし、ふと「これを逆さにして【近藤版】にしてみようか」と考え、逆さにすると……

Z02

……似てない……厚みがありすぎます。
この製品は、完全変形を放棄して、部品差し替えにより、モビルスーツ、ウェイブライダーそれぞれのプロポーションを両立していますが、それをもってしても、まだウェイブライダーの機体に厚みがありすぎるように感じられます。【近藤版】ウェイブライダーのイラスト等を見ると、更に極端に平たい描かれ方をしています。
ならば、もう少し肉を落としてみることにします。

|

2011年9月18日 (日曜日)

ブラウン・ザク ♯04 【完成】

Img_1794

フレデリック・ブラウン伍長の06Fザク、完成です。
……ちょっとばかり自分の中でテンションが下がってしまい(^-^;、最後は駆け足で終わらせてしまいました。

Img_1795

従いまして……いろいろ手をかけたいと考えていた、『初期近藤ディテール』は中途半端な再現で打ち止めとしました。まぁ力不足は否めませんので、本気を出してもなかなか辛いものがあったと思います。

Img_1796

ランドセルはこんな感じで……。
この写真は……結果的に、一番手抜きした動力パイプの暴露写真となってしまいました。\(;゚∇゚)/。

Img_1799

ともあれ、(ちびマラサイを含めると)今年6体目のザクの完成です。
じゃ、次いきます。(/ ^^)/

| | コメント (2)

2011年9月14日 (水曜日)

ブラウン•ザク ♯03

じわりじわりとしか、進展はありません。 右肩シールドに、ブラウンの機体番号『105』を適当なデカールを流用して入れました。……『501』にも見えましたが(^-^)/。

1315999550391.jpg

ザクマシンガンは、最高級のRG版を用意して、ランドセルのディテールをちまちまと追加しています。

|

2011年9月12日 (月曜日)

ブラウン•ザク ♯02

その後、たいしたヒネリも加えないまま、この段階まで進んでいます。 1315778413359.jpg

肩アーマーの黄色は、いつものシュトラールイエローなので、ちょっと明るめです。

1315778459721.jpg

右肩のシールドです。裏がスカスカのキットパーツは使わず、05ザクのもの(左で持つ殴打兼用のアレです)に接続用の受けを追加してみました。

|

2011年9月 7日 (水曜日)

ブラウン・ザク ♯01

更に続きます。(*゚▽゚)ノ

Img_1785

『08小隊』レーベル(?)のHGザクです。
現在の水準で考えるといろいろ辛い部分が多いキットですが、『ベストメカコレクション』の時代を見てきた世代としては、これでも大したモノだと思えます。
何より、HGUCでは完全に放棄されている【FとJの差異】に意欲的に取り組んでいるのは好感が持てます。
今回はこれを『フレデリック・ブラウン伍長機』として仕上げてみます。
あの『MS戦記』の主人公メカヽ(´▽`)/です。

Img_1786

【初期の近藤ディテール】が山盛りの仕上げにしたいのはやまやまなのですが、私には技術的に難しい部分も相当あり、なんとか「らしさ」を表現出来ればと思っています。
股間のノズルも(画とは違うのですが……)、こんな具合に表現。

Img_1787

独特のランドセルは、余っていたRGシャアザクのパーツ(外装を外しています)をコアに、いろいろやってみるつもりです。

| | コメント (1)

2011年9月 4日 (日曜日)

ちびマラサイ ♯04【完成】

Img_1777

1/220 マラサイ完成しました。
『近藤風』ということでG型ということになりますか……手のひらサイズ故にほとんど手が入っていません。

Img_1778

迷っていた装備ですが、たまたま今日、クレイバズーカの手首付きをジャンクから発掘したため、急遽差し替えて完成です。かなりオーバースケールとなりますが、『近藤風』ということでむしろ好都合です。

Img_1779

いつものように、ウォッシングとドライブラシでゴチャゴチャと汚しています。このサイズですので、マーキングデカールは省略です。

Img_1780

マシンガンは脇差っぽく腰に付けました。

Img_1781

「遠景用」程度の仕上げにとどめています。
1/144では、もう少しこだわりたいところです。それはまた次の機会に。

| | コメント (3)

2011年9月 3日 (土曜日)

ちびマラサイ ♯03

全体に溶きパテを塗り、砂漠色で塗り始めました。

1315000665379.jpg

ボディはカーキ。他はミドルストーンで下地を塗り、デザートイエローを薄塗りしています。

1315000671795.jpg

コメントの御指摘の通り(^∇^)右肩アーマーは、ノーマルのものから変更しています。サーベルとライフルのどちらを持たせるか、まだ決めかねています。キットの手首があまりにアレなので(´Д` )

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »