« ブラウン・ザク ♯04 【完成】 | トップページ | Zの鼓動 ♯02 »

2011年9月22日 (木曜日)

Zの鼓動 ♯01

次はコレですヽ(´▽`)/。

Z01

ウェブサイト開設から11年を経て、とうとうガンダム初登場となりました。
これはご存知HGUCのパチ組みです。

西暦1985年(´▽`)、カミーユと同い年だった私は( ̄▽ ̄)、シルエットのみオープニングに登場するZ (この時点ではデザイン未決定だったようです) に、期待感がパンパンに膨れ上がっていました。その直前、ガンダムマーク2の決定稿が公開されると、すぐさま1/144でスクラッチを始めたりと、当時はこの作品に対して過剰な期待をしていました。
が、いざ登場したZを見たときの失望感といったら(^-^;……。
登場したのは本編中盤、その時点ではこの作品の内容も「自分が想像、期待していたものといろいろと違う」ことに、やや失望していた頃でしたので……。
Zのスタイリングについては、何かこう……主役メカとして受け容れることに精神的に抵抗がありました。
細長い三角形の体型といい、特にあの頭と顔がダメでした。多分、アレにリ・ガズィ的な丸みがもっとあれば、好きになれたと思うのですが。
初期オープニングのZガンダムの頭(シルエットのみ)、丸いでしょう? あんな感じですよ……と、好き勝手なコトを書いていますが(´ヘ`;)。
そのくせ、後に近藤和久氏の『ジオンの再興』で見た、悪役的で複数登場するZは好きだったという……まったく複雑な感情を抱いていました。

さて、ウェイブライダーのみをパチ組みし、ふと「これを逆さにして【近藤版】にしてみようか」と考え、逆さにすると……

Z02

……似てない……厚みがありすぎます。
この製品は、完全変形を放棄して、部品差し替えにより、モビルスーツ、ウェイブライダーそれぞれのプロポーションを両立していますが、それをもってしても、まだウェイブライダーの機体に厚みがありすぎるように感じられます。【近藤版】ウェイブライダーのイラスト等を見ると、更に極端に平たい描かれ方をしています。
ならば、もう少し肉を落としてみることにします。

|

« ブラウン・ザク ♯04 【完成】 | トップページ | Zの鼓動 ♯02 »