« ジョニー・ライデン♯03 完成【80年代の忘れ物】 | トップページ | ガイア♯04【80年代の忘れ物】 »

2011年11月23日 (水曜日)

ガイア♯03【80年代の忘れ物】

さて、次は5カ月以上のブランクを経て、06R-ガイア機、1/100の続きです。
これが完成すれば、今年10機目のザクとなります(^-^;。

作業そのものはいくらか進めていましたので、ここまでの経過をざっと……

20111123_001

旧1/100-06Rの脚は、いろいろと改修の余地があるようなのですが、それらから全て逃げるために(;;;´Д`)ゝマスターグレードから流用してきました。
これは先日完成した05ザクに胴体を盗られた「ラルザク」のものです。
脛部分のみ、旧キットを活かしています。

20111123_002

股関節のアップグレードは、いろいろ手段はあると思います。が、ここも時間節約のため、旧キットを活かして、軸先端にマスターグレードのボールジョイントを移植するという、最短時間で可能な処理としました。

20111123_003

肩は「ハの字切り」を施したために、軸受けの可動部分が崩壊しており、置き換えの必要に迫られましたが、またまた時間を惜しんで、旧1/100リックディアスの肩ブロック(ポリキャップ込み)の片面を埋め込みました。
腕の前後スイングは不可となりますが、動かして遊ぶ歳(^-^;ではないので、問題なしです。
肩ブロックの関節はキットのまま。ただポリ袋の切れ端をかませて「ヘタレ予防」の処理はしました。

20111123_004

なんともカラフルな腕になっています。悩んだ末、肩より下はマスターグレードから流用しました。
肘の「プリン」は、プラマテリアルのバーニアを逆さにして表現。
盾の接合部は、ボールジョイントに置き換えました。

20111123_005

ランドセルのフックは真鍮線に置き換えました。背中とフィットしないのを緩和するため、これの取り付け位置を4mmほど上にずらす予定です。

今回、教科書代わりにしているのは、ホビージャパン1983年12月号の小田雅弘氏の作例記事です。
またも古い資料に依存していますが、趣旨が【80年代の忘れ物】ですから、これで良いのですヽ(´▽`)/。

|

« ジョニー・ライデン♯03 完成【80年代の忘れ物】 | トップページ | ガイア♯04【80年代の忘れ物】 »

コメント

作業型などとコメントしてしまい失礼しました。

>今回、教科書代わりにしているのは、ホビージャパン1983年12月号の小田雅弘氏の作例記事です

前寄りの足首位置に既視感を覚えたのですがその作例のせいでだったのですね。
胸部のボリュームアップを是非ともお願いします(ガラス板は立てなくてよいので)。

投稿: 政府開発援助 | 2011年11月24日 (木曜日) 21:32

>前寄りの足首位置に既視感を覚えたのですがその作例のせいでだったのですね。

嬉しいところに気づいてくれます(ノ∀`)。
マスターグレードの骨格に旧キットの脛を被せたわけですが、取り付け位置を限界まで前寄りにしています。
ガラス板は立てません(゚ー゚)。が、あそこはやはり前に張り出させようと手をつけはじめたところです。

投稿: sa-toshi(管理人) | 2011年11月27日 (日曜日) 23:34

この記事へのコメントは終了しました。

« ジョニー・ライデン♯03 完成【80年代の忘れ物】 | トップページ | ガイア♯04【80年代の忘れ物】 »