« キュベレイ ♯02 | トップページ | 99式空間戦闘攻撃機 ♯00 »

2012年11月19日 (月曜日)

キュベレイ ♯03

仮組み当初の上半身のボリュームはこのような感じでした。

Q11

6ミリの幅ツメ処置後は、こんな具合です。

Q12

もうちょっと何とかしたい気持ちもあるのですが、キットを幅ツメ処理する方法では、このあたりが限界のようです。
上半身をこれだけシェイプしていきますと、腹部分も、もうそのままでは使えません。

Q13

右がキットのもの。中央が、当初流用を考えた『オージ』の腹部です。
が、これでももう幅が広すぎて駄目でした。
結局、『オージェ』と同様に、1/144エンゲージSR3の腹部をエポキシパテで複製したものを使用することにしました。
永野メカなので、まぁ、いいでしょう(≧∇≦)。

Q14

幅ツメした上半身との取り付け部分は、ポリキャップとプラバン・プラ棒で自作することになります。

|

« キュベレイ ♯02 | トップページ | 99式空間戦闘攻撃機 ♯00 »