« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月28日 (木曜日)

デウスーラ ♯02

疲労困憊、調子も悪いので今夜も手短にいきます。

D003

さくっと仮組みした状態です。
このキットは巷間では、
・全長が短く、寸詰まり
・艦橋部分に高さがあり過ぎる
・ために、更に寸詰まりに見える
等々批評されています。的確な指摘だと、私も思います。
対処策のひとつとして、艦橋部分をメカコレの小さいものと交換すると、一気にスマートな印象に変わります。

今回、私はこんな感じにしてみようと思います。

D004

或いは、こんな感じに。

D005

ところで、このキット。スケールの記載は箱にはありませんが、どうも1/6000というのが定説のようです。その縮尺で計算すると、円盤部分は長さ252メートル、幅180メートルとなり、あのブリッジの広さもだいぶ現実感が出てきます(v^ー゜)。

| | コメント (2)

2013年3月27日 (水曜日)

デウスーラ ♯01

さて、またしばらく更新が滞っておりました。
『コンコバコン3』出品作の作業が大詰めになっていたことと、かなり仕事が忙しくなり、体力的にダメだったためです。

『コンコバコン3』出品作は、今月中に全体形のまとめあげ(サフ吹きまで)、来月に仕上げというスケジュールで進めており、これはまぁなんとか達成出来そうです。

そこで、ここで原点回帰の一手も打っておきたいと思います。
『ヤマト2199』(←思えば、この当時は現在のモノスゴイ状況など予想だにしなかった訳で、こんな呑気な略称でのんびり製作していた……)以来、2年半ぶりの『宙船』です。

ネタは……

D001

1/700『ドメラーズⅡ』……ではありません(≧∇≦)。
これは、四半世紀ほどストックしてあった「1/700のデスラー戦闘空母」の艦橋部分。言うまでも無く『ドメラーズⅡ』の形状を取り込んだ粋なオマージュ・デザインなのですが、このように長さが42ミリ、幅が30ミリしかありません。
1/700換算で全長29メートル、幅21メートル……といったところです。
……何かがおかしいです。
中央の窓部分、ここの司令室は物凄くだだっ広い部屋でしたが、こんなサイズではせいぜいデスラーとタランの複座コクピットしか収められません(ρ_;)。

さて、ここで『宇宙戦艦ヤマト2199』です。
今回のリデザインで『ドメラーズⅢ』の艦橋部分が『ドメラーズⅡ』になっています。これもまた、心憎い演出です。……すると物語は、ああなって、こうなって……と妄想は膨らむばかりです。が、それはしばし置いておいて……。

「そうか……コイツに載っけりゃサイズの矛盾は解決だ」……と思い至りました。それも、ついさっき(ノ∀`)。

D002

コイツに載っければ……。

|

2013年3月10日 (日曜日)

異形の者 ♯02

05

ゾゴックの胴パーツを、へそ下あたりで切断してみました。
肩部分は、ゴッグの肩パーツを使用。中のボールジョイント受けは、大きくてダメでしたが、肩以外の部分のパーツに差し替えると、ちょうどズゴックのフレームにフィットしてくれました。
他の腕はほぼそのままズゴックを流用。
関節ブロックをひとつ増やしていますが、最終的にはどうするか未定です。
しかし、見事なくらいに胴体パーツの中に納まってくれました。

03

手首の付け根部分は、ジャンクの中から戦車の転輪の中をくり抜いたものを二枚重ねで、ズゴックの手首の土台パーツと接着。中にポリキャップを仕込みました。

06

仮組みです。
足の付け根のボール部分は、マジンガーZの肩パーツを流用し、他はズゴックとゴッグのパーツでまとめました。
右足首がこんな状態なのは、ゾゴックの足首パーツを移植することを検討中のためです。

07

ヒート剣は、1/144のものは何やら小さく感じましたので、マスターグレードのグフから流用。
手首はコトブキヤの1/100を使用。
……モビルスーツではなく、あしゅら軍団の機械獣に見えると誰かがおっしゃっていましたが……いや、全く同感です(^-^;。

|

2013年3月 7日 (木曜日)

異形の者 ♯01

03

さて、昨日製作を断念したコイツのパーツを、何とか活用できないかと考えました( ̄◆ ̄;)。
ふとした思い付きで、やはり余っているズゴックの部品ともども組み合わせ……

01

膝から下の駆動部分をこのように組み上げ……

02

肩から腕部、腰などの駆動部分をこのようにとりまとめてみました。
このフレームにコイツを被せるのです……

04

……そう、コイツを。
日本全国で……おそらく1000体ぐらいは既に造られている、ミキシングによるコイツの改造で遊んでみようと思います。
『コンコバコン3』出品作は、なんとか進行中。今はどう処理して良いか決められずに、ずっと逃げていた作業にかかっているところです(;´Д`A ```。

|

2013年3月 6日 (水曜日)

ズゴッグ……

新作です……。

01

通常組みが出来なくなったズゴックとゴッグのパーツを組み合わせたものです。
もっともこのアイデアは私ではなく、「猫舌中華飯店」さんという方が『fg』でマスターグレードで造られていたのを観て感激。1/144でマネしてみたものです。

02

ゴッグにズゴックの手首を付けることなら考えていたのですが、私はこういう発想が本当にダメで、素直にセンスのある方のコピーがせいぜいです。

03

ひと通り組み上げたので、バラして塗装にかかろうとしたさきほど……事件は起きました。

04

脚を外そうとしたら、股関節の軸が……(ノд・。)。
途端にやる気が失せました( ̄ロ ̄lll)。さえない休日ですφ(`д´)。

|

2013年3月 4日 (月曜日)

P.K.A ♯13

P30

『コンコバコン3』に無事にエントリーを済ませ、モノを残り2カ月弱の期限で仕上げる必要があり、そちらに集中……すべきなのですが、それだけでは余りに義務っぽくて辛いものです。
今日は久しぶりにP.K.A.の進展を紹介しておきます。
上の写真は前回の状態。

P31

下腕の長さの件は、まだ結論を出せずにいます(^-^;。
今回は肩付け根部分のカバーを1/144クァドラン・ローから移植して、肩のラインを誤魔化しました。
あのままでは、とても人間の腕が通っているようには見えませんので。

P32

そして、背面と……

P34

前面の腰にシュルツェン(装甲)を装着しています。前面はまだテーピングによる仮止めですが、背面は、ほぼ動かす余地がないので接着しました。
両方ともコンビニで貰うスプーンの先端部分をカットしたものです。

P33

股間近くの張り出しが角張りすぎていたため、グスタフ風に整形しました。
重量バランスの関係で背中を大きく出来ない以上、コイツはH型からグスタフへの中間派生型とせざるを得ませんから、こんなもので良いかと思っています。

相変わらず『ヤマト2199』ネタに距離を置いている訳ですが、5月に『ポルメリア級強襲航宙母艦』(定価4725円)発売の報に驚きが隠せません( ̄Д ̄;;。
ネタの選択もモノ凄いですが、アイツをアルカディア号並みの値段で市場投入とは……大丈夫なんでしょうか。
『ヤマト2199』に関しては「視聴者」としては非常に満足しているのは間違いないのですが、プラモデルに関しては、ずっと戸惑っています。
いや……出来に不満はありません。この話はいずれ落ち着いたら書きます。


|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »