« 巡洋戦艦 赤城 ♯03 | トップページ | 巡洋戦艦 赤城 ♯05 »

2013年9月16日 (月曜日)

巡洋戦艦 赤城 ♯04

作業再開のため、パーツを発掘していましたが、「積みプラ」が雪崩れを起こしたりと、トラブル続きです(;ω;)。

A10

コレ、後檣の根元辺りに取り付けるブラストスクリーン(爆風よけ)をプラバンで自作したものなのですが、片方が上記の雪崩れに巻き込まれて行方不明になりました(´□`。)。また作り直すしかないようです。

A01

7本の支柱で基礎が形成される特徴的な前檣ですが、全て真鍮線で組み上げています。
このヘプタポダル構造を私の技術で再現してやろうというのは、かなり厳しいものでした(;;;´Д`)。上手くバランスが取れなくて、リテイクの嵐です。

A02

今回、最終調整して、前檣の仮組みをしてみました。
グレー部分は、全てアオシマの長門の流用・加工です。他、エバーグリーンのスリット入りプラバンで、木甲板の一部を再現。窓枠のエッチングは、たぶんエデュアルド製ではないかと思うのですが、もう何のエッチングなのか思い出せません(ノ∀`)。
まだ基礎が完全ではなく、床部分を追加していく必要があります。

A03

いろいろと参考にもなるだろう、ということで、フジミのキットを確保しました。ただし、今回は、コイツからパーツ流用はしません。

私が作りたいのは、あくまで故・今井邦孝氏のイラスト風の『赤城』ですので……。

A05

|

« 巡洋戦艦 赤城 ♯03 | トップページ | 巡洋戦艦 赤城 ♯05 »