« 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯3 | トップページ | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯5 »

2013年9月10日 (火曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯4

続きです(ノ∀`)。

だんだんと「古鷹型」という括りに関しても見直そうという気分になってきました。
艦橋部分のパーツをヤマトの第2艦橋から流用する……これは艦体のサイズと比較してかなり大きめな艦橋になります。
それを逆手に取って「高雄型」というのはどうかと(´▽`;)。
ヤマトの第1艦橋部分はカットして使用せず、天蓋に1/1000キットの主砲塔を流用し、こんな感じでまとめてみます。

Ma25

で、どうせ「高雄型」にするのであれば、『摩耶』にしようと( ´ ▽ ` )ノ。
「摩耶」の図面を見て、武装配置を基本的には……
「25ミリ3連装機銃」→小サイズ・パルスレーザー
「12.8センチ連装高角砲」→を大サイズ・パルスレーザー
へと置き換えてみます。

Ma27

勢いがついてきました。このパーツもそのまま流用出来そうです。
「図面を流用する」という行為は現実にもあるので、艦体の一部の設計が同じでも(無理やりですが)説明出来るだろうと(*´д`)

「ヤマト世界」では、ヤマト以外の艦に「第3艦橋」は、どう考えてもいらん訳ですが、「ピン」で見せる艦ならば、やはり第3艦橋は付けてやりたいところです。……「スーパー99(アニメ)」も最後は第3艦橋が付いていましたしヾ( ̄∇ ̄)。

Ma36

デスシャドウの艦橋パーツと、食玩の輸送船(「さらば」と「ヤマト2」に出ていたアレです)のパーツからでっち上げます。

Ma37

……なんだかガミラスの香りがするのは気のせいでしょうか?

このあたり、2009年11月の話です。【つづく】

|

« 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯3 | トップページ | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯5 »