« 巡洋戦艦 赤城 ♯30 | トップページ | 妄想の日曜日 ♯02 »

2013年10月26日 (土曜日)

巡洋戦艦 赤城 ♯31

1日おきの更新などと告知しておりましたが、残業続きで、数日は帰宅して寝るだけの生活でした(;;;´Д`)。

A107

シェルター甲板の両脇に『洗い場』の表現をしました。
グレイで塗っただけなのですけれど(ノ∀`)。
『洗い場』とは文字通り、乗組員が洗濯等の作業をするための場所です。詳細はあまり資料がなく、私としても手のつけようがありませんでした。

A108

今度はマストの続きです。
クロスツリーからマストが突き出していなければならないはずが、何を間違えたか突き出さずに平坦になりました。
そこで、真鍮パイプ等でさの部分のみ造ってつなげることにしました。

A109

ここに更に真鍮線でマストを追加していきますが、寸法決定に躊躇したため(なにしろ「実物」がありませんので)、モデルアート社の『艦船模型スペシャル№4』の1933年時の長門の作例を参考にしてみます。

A110

ちょうど1/700の図面が掲載されていたので助かりました。
これは下の部分。

A111

これはトップ部分です。
瞬着の固定のみですので、強度は心もとないです。これで1日ほど乾燥させます。

|

« 巡洋戦艦 赤城 ♯30 | トップページ | 妄想の日曜日 ♯02 »