« 巡洋戦艦 赤城 ♯34 | トップページ | 巡洋戦艦 13号艦 ♯02 »

2013年11月 7日 (木曜日)

巡洋戦艦 13号艦 ♯01

赤城の竣工が目処がついてきたため、ちょっとひと息入れて、『13号艦』の基礎だけ進めています。
前回紹介したように、船体は『フッド』を流用します。

135

この長い船体をさらに延長しなければならないということで、後のアイオワ級戦艦よりも長いというのは、時代背景を考慮すると途方も無い計画です。確かに、実現性について諸説あるのも頷けます(´~`)。

136

さて、このフッドなのですが、船体内部に1976年の刻印が見られます。1976年製……ちょっと信じられないような名キットです。40年近く前のモノとはとうてい思えません。
船体中央が、「ここにプラノコを入れなさい( ^ω^」といわんばかりの構造となっています。

137

迷わずここで切断しました。

138

故・今井邦孝氏の著書のページに、1/700換算の全長を書置きしていましたが、いろいろ資料を見ますと、全長はさらに大きい278.3メートル説が主流のようなので、だいたい1/700では397ミリ程度になる見込みです。

139

30ミリちょいの延長ということになります。
3ミリ角棒やバラストで延長部分の骨格を仕込みます。

|

« 巡洋戦艦 赤城 ♯34 | トップページ | 巡洋戦艦 13号艦 ♯02 »