« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月23日 (日曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯15】

1/100の頭と胴体の話を続けると前回書きましたが、路線変更です(ρ_;)。
前回手がけていた「ゴーグル」がピンセットの先から、明後日の方向へ飛んでいき、目下、行方不明となっています。
探してはみたのですが……かなりカオスな作業場ですので、発見には数ヶ月要するかもしれません。
かなり凹みました……そこで1/144に戻ります。

Img_5517

足首は、ほぼこれで仕上がりです。

Img_5515

腰のサイドアーマーは、今回は『オージェ』 から流用しています。
『オージ』は良い値段しますので、少し節約しようかと(*^-^)……しかし、また変更の可能性もあるかもしれません。

Img_5520

ももの部分です。又の開き具合が不足しているので、切り裂いて可動領域を増やしています。

Img_5522

このぐらい違いが出ています。

Img_5525

頭部・ファティマルーム・ハッチを、『アーメス』の時と同様にHアイズを整形して作っています。

|

2014年3月12日 (水曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯14】

002

頭部の続きです。
「アイマスク」と言うより「ゴーグル」のほうが適切でしょうか。
今回はパトラクシェ・ミラージュのゴーグルの幅を広げて使用してみることにします。

003

頭の幅つめをかなりやりましたが、まだまだパトラクシェ・ミラージュのゴーグルのほうが幅が狭いです。
やむなく、センターに切れ目を入れ、無理やり広げて幅を増やします。

006

それを固定するために、プラ版で裏打ちしています。

007

ピンボケ写真になりましたが、ゴーグルの鼻のトンガリ部分を追加しています。

010

頭部のもろもろのパーツは瞬着を乾燥させるために、ちょっと放置します。
その間に上半身を進めます。
首の軸(銀色のパーツ)はPGのZガンダムからの流用です。

011

肩の軸受けのポリキャップは、オージェのそれを、スイング機構を諦めて固定しています。

013

頭部と上半身の作業が次回も続きます。




|

2014年3月10日 (月曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯13】

腕に関しては、ある程度まとまってきたので、今度は頭部へ手をつけます。

037

パトラクシェ・ミラージュのボディに対して、このオージェのキットの頭はかなり大きめ。更に首の側面まで一体化されているため、更に大きく見えるという始末です。

039

接着面を大幅に削りました。左側のキットのアイマスク部分がそのままでは使えないほどの幅……右側のパトラクシェ・ミラージュのアイマスクに合わせるぐらいの気持ちで縮小しています。

045_2 

1/144と同様に、ポリキャップを頭部に仕込みます。
この後、隙間部分にエポキシパテを充填して固定しています。

043

ポリキャップ、それとこの首の軸ともに、PGのZガンダムの部品を流用です。
これから、頭部の削りこみ作業に入ります。

|

2014年3月 9日 (日曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯12】

  032

さて、破損したパトラクシェ・ミラージュの肩部品の大半は諦めて、オージェのパーツで肩の構成をし直しました。
残った部品とオージェの肩パーツをミキシングしていく方向で。まずは、オージェの肩に1ミリプラバンを2枚かませて整形です。

031

パトラクシェの肩の部品は、これのみ使用です。
上の肩の楕円ブロックに収めるため、切り崩してサイズダウンしていきます。

033

肩の軸やバインダーの取り付け軸などは、あまり深く考えずにオージェのものをそのまま使います。

034

組み合わせるとこのような感じになります。
更に、腕そのものも組み合わせると……

040

更に、バインダーも仮合わせしておきます。

042

|

2014年3月 7日 (金曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯11】

今回から、1/100スケールのほうを進めていこうと考えています。

大きな理由としては、『塗装を一気に済ませたい』からです。

1/144スケールのほうでは、贅沢な3コイチを展開していましたが、1/100スケールでは、パトラクシェ・ミラージュとフルアクション・オージェの2コイチとなります。

バインダーと腕のバランスはなかなか良いようです。

1

しかし……問題はアタマと胴体のバランスでして……

2

こんな具合です。

アタマのほうは、かなり切った削ったをやらねばならないでしょう。

と、そんな矢先の出来事です。

仮組み中に、肩の接続部分が大破損です……

3

しかも両腕とも。胴体に付いていたボールジョイントのボールを肩に持っていかれました……胴体へと繋がる軸がかなり細いので、嫌な予感はありましたが、ここはやはりボール部分もポリ部品でなきゃなぁ……などと愚痴っても、古いキット故、詮無いことです。

|

2014年3月 5日 (水曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯10】

013

1/100のほうを進めていたため、1/144の製作ペースは少し落ちました。
1/144オージのバインダーのパーツを型取りし、エポキシパテでひたすら複製……硬化時間の関係上、この4つを抜くのに4日費やしました(^-^;。

016

仮止めするとこんな具合です。
次回は1/100の予定です。

|

2014年3月 4日 (火曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯09】

012

今回は、1/144のほうの『中間報告』といった感じです。

004

|

2014年3月 3日 (月曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯08】

Img_5419

下半身のおおまかな改修も大詰めとなってきました。

Img_5421

ヒールアップによって、だいたい10ミリ以上は脚が長く見えるようになっています。

Img_5407

脚の話を進めていて思い出しました(*^-^)。
再開時に載せた写真、これがタイトル変更にも絡んでいます。

Img_5411

この、下半身部分、もちろん1/100スケールです。
今回は、1/144と1/100でダブル展開していく予定です。

Img_5423

モノは、最近ではオークションでも見かけることが少なくなってきましたが……ボークスのインジェクションキット『1/100パトラクシェ・ミラージュ』です。

|

2014年3月 2日 (日曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯07】

Img_5397

脚部に進みます。
以前にほぼ同キットのパトラクシェ・ミラージュ製作の際、膝関節の後はめ化に失敗した苦い記憶があり、今回はそのリベンジとなります。
右がキットパーツ。ここにポリキャップを入れて左右を接着したこの膝パーツをすねで挟み込んで接着するというのがインスト通りの手順です。

それを回避するために、左のようにポリ部品を使って改修しています。

これで、接着整形塗装後のすねパーツに差込可能となります。

Img_5399

「受け」は1/144ミレーヌ・バルキリーの肘関節部分をカットしたものを流用します。

Img_5413

このように接着しています。
見た目が多少大味ですが、キットのものそのままでも、このひざ裏は、ディテールの何も無いところですので、まあ良いかと。

Img_5415

この構造なので、当然二重関節は維持しています。

Img_5409

もちろん、ヒールアップも行います。
今回は、昔のハイコンプリートモデル『エルガイム・マーク2』の踵パーツを使用しています。

Img_5417

このような具合です。





|

2014年3月 1日 (土曜日)

オージェ×オージェ【オージェ ♯06】

Img_5403

さて、リテイクの内容に関しては、解る方には一目瞭然、ナイトオブゴールドのボディを大幅に流用しています。

A151

以前に、オージェのボディにこのように仕込んでいたポリキャップを穿り出して、


Img_5389

ナイトオブゴールドのボディに無理やり固定しています。

Img_5391

ボディ側面に抉じ開けた大穴は、エポキシパテ等で埋めましたが、場所が馬車だけに整形処理がやりにくそうです。ここは手抜きをしててきとうに表面処理をこなす予定。

Img_5393

ウエスト部分も元の上半身を損壊させたついでに流用します。
ポリキャップとボールジョイントでの腰の接続も踏襲しています。

Img_5395

バインダーと肩部分もそのまま流用し、二の腕と下腕はナイトオブゴールドに差し替えです。

|

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »