« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »

2014年9月

2014年9月28日 (日曜日)

近藤版マラサイ ♯05

マラサイの塗装を続けています。

Img_6162

前回書きましたが、『戦場まんがシリーズ』に登場するキングタイガーをイメージして塗っています。ウェザリングも戦車を意識してチョロチョロやっています。

Img_6160

Img_6161

次回、おそらく完成となります。


|

2014年9月25日 (木曜日)

近藤版マラサイ ♯04

月末のため、仕事が忙しく(;;;´Д`)、製作に割くリソースがなかなか……。
マラサイの塗装を進めています。
ベースは、デザートイエローにフラットベースを大量に追加したものを塗っています。
それにレットブラウンとフィールドグレイをちょこちょこと加えています。

Img_6149

モビルスーツでありながら、塗る時は『戦場まんがシリーズ』のキングタイガーをイメージして作業していますヽ(´▽`)/。


|

2014年9月17日 (水曜日)

近藤版サザビー ♯09

さて、スカートを全て1/100としたところで、腰周りの重量バランスがハチャメチャになってきました(゚ー゚;。

Img_6104

前かがみの姿勢でないと、後ろにのけぞって倒れそうになります。全てのパーツを組み上げた時のバランスはまだ解りませんが……。

Img_6146

膝と足首前面のアーマーに関してです。膝はとりあえず1/100ザクのものを、そのままにしていましたが、何か手があるかどうか……この、膝に仕込まれているポリキャップをなんとか活かせないものかと1ヵ月ばかり思案していました。

Img_6147

まず、足首前面のアーマーですが、サザビーのものを加工してみます。
内側のダボ受けの部分を抉り、ランナーをT字型に切り取って、このようにトップ部に接着します。

Img_6148

そのランナーで加工したダボを膝のポリキャップに挿しました。
これで足首前面のアーマーの可動化に成功です。



|

2014年9月15日 (月曜日)

近藤版マラサイ ♯03

Img_6142

久しぶりのマラサイです。
塗装を少しずつ進めているのですが、まだ時間がかかりそうです。

Img_6143

ベースの色は、タミヤのデザートイエローにいろいろ混色して、フラットベースをキツめに混ぜたものを筆塗りしています。
とりあえず中間報告ということで……ヽ(´▽`)/。

|

2014年9月11日 (木曜日)

日の丸あげて【五式戦】 ♯02

さて、五式戦パイロットの話の続きです。
エアレースのパイロットということで、どちらにしても現用ジェット戦闘機のパイロットはそのまま使えないので、地上クルーの流用は良いチョイスかな、と考えました。が……

Img_6112

……ポーズに表情がありすぎて、全くコクピットに収まりません(lll゚Д゚)。
どうして大戦機のコクピットはこんなに狭いのか……それともこの人がアメリカ人だからか(ノ∀`) 。
あえなく頓挫しました。

Img_6113

結局、この面白味のないモノを加工するしかないようです。

|

2014年9月10日 (水曜日)

日の丸あげて【五式戦】 ♯01

サザビー、マラサイともにだいぶ仕上がってきていますが、例のごとくまた脱線します(*^-^)。
あるコミックを読んで、ひさしぶりにレシプロ機が作りたくなってきました。

Img_6114

モノはコレ、五式戦闘機ですヽ(´▽`)/。基本的には陸上機はあまり好きなほうではありませんが、以前から(90年代?『ケースハード』に登場しているのを見てからだと思います)気になっていた機体です。

この機体は本来『三式戦・飛燕(液冷エンジン)』となるはずの機体に、余っている空冷エンジンを載せるという、戦時下ならではの凄い素性の戦闘機なのですが。詳細は書くとキリがないので、興味ある方はググってみて下さい。
見た目はほぼ『メッサーシュミット+フォッケウルフ』(◎´∀`)ノ。

新谷かおる氏の『日の丸あげて』というアメリカのエアレースを舞台とする漫画に登場していたのを見て、また発作的に手をつけてしまいました。

Img_6109

さっそくガツガツと作り始めました。が、『お前本当にファインモールドの家の出か?』と言いたくなる程、機体の合いはイマイチでした。
まぁ、あまりこだわらずに進めています。

Img_6111

コクピットまわりも、かなりテキトーに、素早く組み立てています。
問題はパイロット。

Img_6110

1/72パイロットの(特に大戦機)フィギュアは、つまらないポーズのものが多いので、フジミの地上クルーから改造しようと考えました。ちなみにこの人は……

01_2

5年まえに紹介した、このシーフランカーの……

07

↑機体を牽引している、この人です(;´▽`A``。

| | コメント (2)

2014年9月 4日 (木曜日)

近藤版サザビー ♯08

Img_6099

再び腰ブロックに脚を取り付けて仮組みです。

Img_6100

スカートのアーマーを取り付けてみました。
おおむね思っていた通りのバランスヽ(´▽`)/。

Img_6101

上半身も載せてみます。プロポーションはほぼ目指していたものになったのではないかと……まぁ、腕をつけてみないとまだ怪しいかも知れません。

|

2014年9月 3日 (水曜日)

近藤版サザビー ♯07

Img_6088

さて……1/100のスカートをどう1/144の腰に取り付けるか、です。
あまりいいアイデァは出てきません(;´▽`A``。

Img_6094

あまり考えもなしに、1/100のスカート基部(上半身と腰で挟む部分です)を切り刻みました。

Img_6095

このように切り出しました。しかし、ボールジョイントがひとつもげてしまったため( ̄ロ ̄lll)、慌ててリカバリー。流用パーツで代用します。
これも1/100PG・Zガンダムからの流用です。Zガンダムのキットは全身可動部分の塊なので、こういったパーツの物色には困りません。

Img_6096

腰ブロックの側面を少し削り、切り出したパーツを取り付けてみます。

Img_6097

思いのほか上手くいきましたヽ(´▽`)/。

|

2014年9月 2日 (火曜日)

近藤版サザビー ♯06

Img_6086

さて、足が貧弱なあやういようなプロポーションですが、自分ではまずまず気に入っていますヽ(´▽`)/。

Img_6087

腰のスカートは全て1/100からの流用となるので、それらが貧相なこの脚を隠してくれることになるでしょう。

Img_6098

スカート類には、適当にツィンメリットコーティングを施しています。

Img_6089

ただ、これらのスカートをどのように1/144の腰に取り付けるかは……これから考えます(;;;´Д`)。

|

近藤版サザビー ♯05

Img_6080

太もものパーツはサザビーのものをさのまま使用し、脚全体のバランスをみてみます。
膝あては、とりあえずザクのままですが、一応思案中です(;´д`)。
近藤版は、膝と足首部分のアーマーの形状が、どうも可動のことを想像し難いので悩むところです。
やはり、足首がほんの少し小さい気はしますが、微妙なバランスの悪さが近藤版の特徴なので良しとしておきます。

しかし、この脚の仮組中に、足首のポリキャップが外れるアクシデント発生( ̄Д ̄;;。

Img_6081

やはり取り付けに無理があったようです。エポキシパテで周囲に盛り、完全固定とします。

Img_6082

この部分は完成後は殆ど見えなくなるので、大雑把な処理に留めています。

Img_6083

今度は上半身も載せてみます1/144というのに、頭頂高17センチ越えています。後ろのマラサイが小さく見えます。

Img_6084

キットをストレートに組んだ機会が無いのですが、まともに組んでもこの位の上背はあるようです。
プロポーションはいい感じで崩れているかとヽ(´▽`)/。

|

2014年9月 1日 (月曜日)

近藤版サザビー ♯04

脚の続きです。

Img_6073_2

連邦・ジオンミックスの脚です。
動力パイプの差込み穴などは、エポキシパテで埋めます。

Img_6074_2

そのまま多めにパテを盛り付けて、ツィンメリットコーティングもしておきます。

Img_6079

膝の関節はやはり1/144サザビーのものを使用。このパーツとザクのすね部分の取り付けが、ノープラン故に手こずりました。
しかし、これをクリア出来たので、後の太股と股関節はそのままサザビーを使用で問題ないため、基本的な身体の構成部分にはメドはつきました。

|

« 2014年8月 | トップページ | 2014年10月 »