« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月

2015年3月 3日 (火曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯02

「ジュノーン」と「バッシュ」の続きです。
さて、両キットともに、巷間「ダボ穴すらなく、そのうえパーツが左右全く合わない」等々、手厳しい評価をネット上でしばしば見かけるのですが、まあそれは出来の良い、塗装せずとも見栄えのするガンプラが模型界の主軸となっている現状での評価であって、40年以上前から、プラモデルに触れている身としては、『それでもこの値段でモーターヘッドが手に入れられるのなら』と、寛容になろうというもの。

両騎を、それぞれ違うアプローチでいじり始めました。

まずは、黒騎士。

Img_6402

紫色がキットの頭部パーツ。サフを吹いたものは、ボークスのガレキの頭部です。
バッシュは仮組みをせずに、各部を作りこんでいます。
手前の黒い部品は、マスターグレードのサザビーの外装を取り払ったものです。

Img_6412

そのサザビーヘッドに、ガレキの顔を削りこんだものをこのように接着。首のボールジョイントはそのまま活かし、キットの首バーツを削りこんで、ポリキャップを瞬着で強制接着しています。

Img_6410

と、こう作業を進めているものの、この黒騎士をどう仕上げるかはまだ決めかねています。
1/144でいくつかこなした『モーターヘッドキットを基にしたヘビーメタル』風か、デコースの3代目風にするか、はたまたロードス公のものにするか……。

Img_6413

かたやジュノーンは仮組みを。
なるほど確かに合いは悪いようですなヽ(´▽`)/。
しかし……いくらなんでも足が大き過ぎやしないかコレ(;´▽`A``。
このキットは、ソープが改修した後のスタイリングですが、コレをそのまま作る気はハナから無いです。私はこのスタイルが好きではないので、改修前は非常にエルガイムしていて好きなのですが( ̄▽ ̄)。

いずれにせよ、『モーターヘッド・ジュノーン』はもう『ファイブスター物語』とはなんの関わりも無い代物ですので(´д`)、好きにやらせてもらいます。

Img_6409

いっそ、コイツに……なんて野望は、分不相応か(^-^;。

|

2015年3月 2日 (月曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯01

多忙……多忙……帰宅すると最低限の事のみ済ませて就寝という毎日のため、作業はさっぱりです。
それに伴いモチベーションもえらい下がりようです。こういう時は、気の向くままに手を動かすのみです。
……こういう流れでいろいろと手を広げているから、毎年、完成品が少ないのですが(;;;´Д`)。

タイトルが「?(´~`)」かと思います(解る方もいるでしょうが)。

Img_6404

『ボリショイ大陸の白い巨人』ジュノーンと、

Img_6406

『ロンド大陸の黒魔人』バッシュ・ザ・ブラックナイト。

ともにWAVEの簡易インジェクションキットです。
最初に発売されて、もう四半世紀にもなりますか……今現在の評価は……かなり厳しい言われようですが(≧∇≦)、当時は、比較的安価でモーターヘッドを手に出来るという、非常に歴史的価値のあるキットでした。
当時……渋谷のイエローサブマリンでこのキットを手にして、……「(;´д`)」と悩みに悩んで、結局購入は断念したことがありました。
四半世紀前でインジェクションキットで10000円近くというのは……なかなか敷居が高かったです。
……時は流れて、オークション等で2000円台で入手出来るようになるとは、感無量です。

Img_6408

こういう画を見せつけられて、「バッシュとも、エルガイムとも、似ているようでラインが全然違う(゚ー゚;」と愕然としていた、あの頃。これまた感無量です。

| | コメント (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »