« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月19日 (日曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯07

白い巨人の続きです。

製作にあたって、HGUCのキュベレイを犠牲にしていますが、もう一点……

Img_6594

旧1/144キットのエルガイムを犠牲にします。
このキット……個人的には3回目の購入となりましたが、『一度もエルガイムとして完成していない』というのがなんとも(*≧m≦*)。
最初は1/144のガンダムMk-IIのスクラッチに大半の部品を使用しました。写真が残っていないのが残念です(この時はまだデジカメが地球には無かった)。これ、1985年頃の話です。
次は近年、『アーメス』として手がけ始めたものの……

Am07

Am05

結果的には、エンゲージをベースとしたものにコンセプト変更したため、終了。

025

そして、今回、という訳ですが、顔部分のパーツが必要となりました。

Img_6596

前に書いた通り、下顔部分はジュノーンのパーツを流用のため、切り離し。
メット状部分等を流用してみます。頬あて部分を1ミリプラバンで延長し、加工していきます。

Img_6598

ここの形状を出していくのに、いろいろと試行錯誤がありそうです。

Img_64099

最初に購入したキットが、ガンダムMk-IIへと変貌を遂げた際、エルガイムの顔パーツはまだ手付かずで手元にありました。
そのパーツと、1/144ガルバルディβを芯に、このジュノーンを製作しようとしていたのは、1987年頃だったと思います。もちろん当時はそんな技術はなく、頓挫しています(^-^;。
あの頃、模型製作にあまり熱心でなかったのと、「何を作れば良いのか」と、進むべき道を見失っていた時期でした。

バブルの時代……徹夜仕事の合間に夜食を買いに深夜のコンビニへ……偶然、松本零士『ラインの黄金 第二話』掲載の『中古車ファン』を見つけたのは、これより更に数年を経た後のことです。『まほろば』を知るのには、また更に数年の時間が必要でした。

話が横道に逸れました(^-^;。以下続くです。


|

2015年4月 8日 (水曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯06

……書き溜め記事三つ目(ρ_;)疲れてきました。
さて、なんとなく進めておりますが、『どういうジュノーンに仕上げるか』には触れないままでした。
一応、『初期デザインの、コミックには登場しなかった』ものを目指そうと考えております。
……技術的にさて、というのはありますが。

ただ「顔」に関しては、

Img_64099

この『L-1』顔か、

Img_64188

『L-2』顔か、決めかねております。

Img_6591

ほほの部分は、どちらにするにせよ、使用できる見込みのため、流用パーツの首の軸と共に製作中。

Img_6420

『L-2』顔は旧1/100キットのパーツは、訳あって温存したいので、型取りしてエポキシパテで複製を作り、これを加工しようとしています。
……まだ、この顔にすると結論を出した訳ではないです。
手の動くまま、気の向くままにこなしているだけです。

Img_6419

余談ですが、今回の顔の複製で、10数年、私の製作を助けてくれていた「造形村」の粘土状シリコンが底を尽きました(まだ販売しているのでしょうか)。

|

2015年4月 7日 (火曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯05

Img_6450

今度は上半身の問題を少し片づけます。
股関節と等しく、肩関節も重要ですので、キュベレイの部品を全面的に移植する方向でいます。
キットの上半身内部にある、ポリキャップの受けの部分を彫刻刀でゴリゴリと削り、キュベレイの上半身から、肩の軸受けの部分のみ切り出し、プラバンで補強しています。

Img_6451

そして接着。なんとかまとまりそうです。

Img_6454

肩の部品はやはりキュベレイを使用。実際はこの外装は豪快なものが付くはずなので、完成すればここは殆ど見えなくなるはず。

Img_6587

このキュベレイの肩に、二の腕の軸受けとなるキットパーツを切り出して、内部に納めます。

|

2015年4月 6日 (月曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯04

書き溜めて小出ししていこうと思います(;´Д`A ```

膝関節の処理については、ポリキャップ換装云々よりもまず、脛パーツのはさみこみ処理を回避出来るか否か、が大問題です。
方法はいろいろあるかと思いますが……。

Img_6588

膝のもも側にポリキャップを仕込むのは放棄し、このように大穴をこじ開けました。

Img_6589

そして、MGのゲルググの膝関節の部品をチョイスし、脛のほうに仕込みます。ここのポリキャップはキットのものをそのまま使用。

Img_6590

これで、ちょっと苦しいですが、後はめが可能となっています。
この下、足首に

関してはまだ考えがまとまっておりませんので、他の部位に移ります。

|

2015年4月 5日 (日曜日)

ボリショイ大陸の白い巨人とロンド大陸の黒魔人 ♯03

またひと月ばかりサボっておりました。
仕事が忙しく……作業はしてもブログのほうをこなす気力が(;´▽`A``。
少し書き溜めておいたほうが良いかもしれません。

さて、「白い巨人」のほうを進めています。

Img_6415

どこから手をつけたものやらという感じなのですが、股関節は重要度が高そうですので、まずはここから。キットの股関節はポリキャップを使用するものになってはいますが……それはもう、なかなか厳しい状態(;;;´Д`)です。
今回、関節部分等のドナー(?)として、同じく永野メカのHGUCキュベレイを潰していこうと思います。股関節部分を切り出して、ジュノーンのボディに仕込みます。

Img_6453

こんな具合に仕上がっています。
当然、「受け」のほうもポリキャップを多くは換装していくことになります。

Img_6416

左がキットそのままの状態。
まずは、股関節の「受け」部分にキュベレイのものを押し込んで、瞬着で強引に固定しています。

Img_6417

バランスを先に確認。まあ、こんなもので良いでしょうか。

|

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »