« 超戦艦 日本武尊 ♯14 | トップページ | 超戦艦 日本武尊 ♯16 »

2015年9月14日 (月曜日)

超戦艦 日本武尊 ♯15

【15cm65口径成層圏単装高角砲】の続きです。

Img_6844

砲室上の測距儀はピットロードの装備品から、適当にチョイスしてきています。
製作時には、OVA版を観ながら進めることが多いのですが、「レーダー連動」という言葉が頻繁に出てくるため、「不要ではないのか?」とも考えました。
しかし、故・居村氏の画稿では明確に描かれているため、取り付けることにしました。

【51cm45口径3連装主砲】

画稿では大和型の46cm砲塔と酷似していますが、51cm砲であるということは、46cm砲塔・砲室に3本の砲身を収めることは出来ないはずです。

昔、「まほろば」を製作した際、解っていながら、砲身のスケールアップのみに留め、この点を妥協していましたが、日本武尊の場合は、この51cm砲塔が「物理的に無理なほど大きい」というのが外観上の大きな特徴ですので、避けては通れません。
しかし、かなり模索しました……。

Img_6236

たまたまヤマト・メカニックファイルの砲塔の在庫があったため、これの外装を加工していく方法を考えました。左側は既にタミヤのキットから砲室側面のパーツを移植しています。

しかし、この加工は思った以上に難航し、別の手立てを模索し始めていました。
などと書いたのも、この主砲の件は、実は中断以前の2013年の頃の話です。2年弱の中断は、この件に明確な結論が出せなかったからというのが大きいのですが……。

|

« 超戦艦 日本武尊 ♯14 | トップページ | 超戦艦 日本武尊 ♯16 »