« スコープドッグⅡ【フィアナ】♯04 | トップページ | 赤い…… »

2016年9月 7日 (水曜日)

スコープドッグⅡ【フィアナ】♯05

スコープドッグⅡの続きです。
腕は大掛かりなパーツ流用で処理できましたが、脚部は安易な流用は出来ない独特の形状です。関節のアップデイトで乗り切るしかありません。

Img_7993

股関節の軸を差し込む穴を大きく広げ、ガンプラのポリキャップを瞬着とエポキシパテで固定しました。
脛に繋がる軸をどうすべきか迷いました。この部分は肉厚もないために、関節の流用がなかなか厳しいところです。
とりあえずコトブキヤのパーツでこのように軸だけ確保しました。

Img_7994

脚部の全体像です。
結局、脛にはガンプラのポリキャップを仕込み、足首との接続は、ジムの足首部分を丸ごと脛のパーツに内臓させてみます。

Img_7996

下ごしらえとしては、こんな具合です。
膝部分の造形は金型がダレてしまったのか、だいぶ甘くなっていたので、開口してプラバンで作り直しています。

Img_7997

ランナーの切れ端をこのように仕込んだのは、こうしてジムの足首部分と噛み合わせるためです。

Img_7998

なんとか形にはなってきました。
通常は……降着ポーズ再現のためにいろいろと加工をするのが一般的なのかも知れませんが……私は昔から降着ポーズの再現には意欲が沸かないので、こんな改修で済ませています。

|

« スコープドッグⅡ【フィアナ】♯04 | トップページ | 赤い…… »