« わが青春の……♯02 | トップページ | いろいろとあり…… »

2017年1月18日 (水曜日)

わが青春の……♯03

『アルカディア号 Ver.銀河鉄道999(映画版)』として製作する、などとわざわざ書いたのは、近年の名キット、ハセガワの1/1500アルカディア号に対する『疑念』(そんな大げさなものではありませんが)が根底にあります。


最初にはっきりと書いておきますが(*^-^)、このキット……素晴らしいと思います。どうせならば1/1000で実現して欲しかったとは思いますが。
ただ、『Ver.銀河鉄道999(映画版)』を謳っているのがどうにも腑に落ちませんΣ( ̄ロ ̄lll)。

『銀河鉄道999(映画版)』のアルカディア号の設定画にはある特徴があります。

Ar30_2

Ar31

Img_8406

『艦尾のクラシックな部分は松本さんのために空けてある』とは宮武氏の談。そしてこれはどうも時間的に間に合わず、テレビ版アルカディア号の後部設定を流用することで解決したらしいのです。

そしてスクリーンでの勇姿は、

1979ar1

そして、約3年後、映画『わが青春のアルカディア』製作の際、板橋氏によって新たに描かれた『わが青春のアルカディア』の設定画では、
Img_8405_2

このように、クラシックな木造風キャビンの下部分が、映画『わが青春のアルカディア』以降は台形状となっていますが、『999』ではテレビ版に倣って曲線まじりの五角形となっています。

ハセガワのキットは艦尾部分が、この『わが青春のアルカディア』仕様になっています。
相当な検証がなされたうえで開発されたであろう、このキット。開発スタッフは上記の点に気付いていないはずがないと思うのですが……何故『Ver.999』を謳っているのか?大人の事情があるのでしょうか?しかも、別の箇所は忠実に『Ver.999』であったり(この話は、また後日)と皆目事情が解りません。

あるいは、デザイン上のいくつかの差異は把握していて、あえてごちゃまぜにして決定版デザインを狙ったのではないか……というのが悪意のない想像なのですが、その場合……

「ちょっと待って貰えますか( ̄ロ ̄lll)!どう考えてもコッチのほうがカッコ良いでしょう!」

A3

……と、思うのですが(まぁ、あくまで個人的な意見です)。
ただ、現時点で一番最後にこのタイプ(いわゆる3号艦)のアルカディア号が映像化された『SPACE PIRATE CAPTAIN HERLOCK OUTSIDE LEGEND 〜The Endless Odyssey〜』では、

4444

しっかりと『Ver.999』の艦尾となっていました。
監督がりんたろう氏だというのは、偶然の一致なのか果たして。

このあたりのことなど、今後もいろいろと思いつくままに書いていきながら製作を進めていくことになると思います。

Img_84000

Img_8400

兎にも角にも、『Ver.999』を意識して進めます。

|

« わが青春の……♯02 | トップページ | いろいろとあり…… »