« 扶桑1915 ♯04 | トップページ | 扶桑1915 ♯06 »

2018年9月 8日 (土曜日)

扶桑1915 ♯05

Img_9750_2

またかなりブランクがありましたが……続きです。

Img_9878

砲塔旋回のための仕掛けとして、金属片を砲塔の裏に接着。

Img_9880

そして……

Img_9881

旋回を実現しました。

Img_9876

残りの仕掛けはコレ、ネオジム磁石です。

Img_9874_2

Img_9875

これにより、全6砲塔の旋回を、という算段です。

Img_9891

今度は煙突に手をつけてみます。
やや太いかという気がするのですが、フッドの煙突を流用し、それに長門のものを追加加工しています。まず、一本は長さが足りないため、このように切断して、中に長門の煙突を仕込みます。

Img_9892

エポキシパテを充填、整形しています。

Img_9895

Img_9896_1

後部煙突の基部は、ひたすら流用パーツを切った貼ったで構築……地味な作業が続きます。

|

« 扶桑1915 ♯04 | トップページ | 扶桑1915 ♯06 »