« 扶桑1915 ♯07 | トップページ | Sd.Kfz.222再び ♯01 »

2018年10月 9日 (火曜日)

扶桑1915 ♯08

続きです……時に西暦2018年、完成品はキュベレイ1個のまま、なんと10月を迎えてしまいました(^-^;。

Img_9920

前檣楼はこのように進行しています。

Img_9911

煙突です。ジャッキステーをエナメル線で表現してみましたが、こいつはちょっとばかりごつ過ぎたかも知れません。

Img_9919

前檣楼とともに仮置きしてみますと……かなりの窮屈さ。
さて、どうしたものか。

Img_9922

Img_9925

クロスツリーの加工です。
これは後檣楼のマスト。グレーのパーツはキットのパーツを流用しています。
しかし、キットは近代改修後の艦容であり、クロスツリーは1個しかありません……

Img_6819

これは3年ばかりご無沙汰している『13号艦』の最上甲板。
これ、やはり旧キット「扶桑」「山城」のニコイチです。
と、いうことで、

Img_9923

保管してあったランナーから、クロスツリーを徴収し、前檣楼のマストに使用しています。

Img_9921

流用品でごつい手摺をつけていますが、ここはキャンバス貼りとなるため、エッチングより強度のある、こういったモノのほうが適役です。

|

« 扶桑1915 ♯07 | トップページ | Sd.Kfz.222再び ♯01 »