« Sd.Kfz.222再び ♯02 | トップページ | Sd.Kfz.222再び ♯04 »

2018年10月27日 (土曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯03

Img_9929

スダコフツ222の続きです(`∇´)。

政府開発援助さんからコメントいただきましたが、この『Sd.Kfz.』を『スダコフツ』と読んでヘラヘラするのは、そう……時に西暦1981~83中頃までのホビージャパンを読み込んでいた層の性質のようなものです(ノ∀`)。

Img_9943

さて、37年前と同様に、資料なしで進めていますので、どんどんいきます。
車体裏面はジャーマングレレイをざっと吹き、

Img_9944

どんどん組み上げていきます。
『スダコフツ』に関しては、「松本州平氏がミニAFVコーナーで発言した」的な情報が多いようですが、私の記憶では、SF3DでこのSd.Kfz.222と確か232をホバークラフト艇へ改造した製作記事の中で、横山宏氏が「アイツがこう呼んでいた(≧∇≦)」と触れていたのが最初だったと思うのです。おそらく81年の後半頃の号だったと思いますが……資料本の管理がずさんで、まだ確認出来ていません。

Img_9945

タイヤをフラットブラックで塗ってから、件の横山宏氏の「タイヤを黒で塗ってはいかん」という至言を思い出し\(;゚∇゚)/、このあと薄いグレイなどでも塗り重ねています。

Img_9949

Img_9952

流石に名キット。ストレスなくサクサクと作業が進みます。

で、裏面にジャーマングレイを吹いたということで、これは37年前と同様の配色で進めます。
おそらく、西暦1981年はまだタミヤカラーが発売以前……水性ホビーカラーもまだだったと思います。
私はヤマトやガンプラには当初『レペ』『ホッペ』という当時の水性塗料を使用していたのですが、これらの製品は失礼ながらいまひとつといった感があり、塗装のほぼ全てをタミヤエナメルで処理していました。

Img_8538

ぜひともこの色で、という気持ちは実はとても強いのですが、まずは習作として、ストレートで一両仕上げてから……と考えています。

|

« Sd.Kfz.222再び ♯02 | トップページ | Sd.Kfz.222再び ♯04 »