« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »

2019年1月

2019年1月28日 (月曜日)

ポルシェ・ティーガー ♯06

続きです。

20190121_124229585

さて、今回の元ネタはこの2冊です。と、言ったものの、実際は右の『雑想ノート』です。
2冊ともに、かつて『モデルグラフィックス』で連載されていたものをまとめたものですが、私は雑誌類の保管がかなり雑で、かつまた、若い時分は定期的に、かなり発作的に雑誌をまとめて処分してしまっていたため、古い『モデルグラフィックス』本誌は大半を破棄しており、今回新たに中古で購入しました。
が、ネットの画像検索の情報を頼りに左の『泥まみれの虎』を購入したものの目当ての作品『豚の虎』は、1ページの紹介のみで、本編は『雑想ノート』に掲載していると冷たい記述が(ρ_;)……で、結局2冊購入です。

ご存じの方は多いとは思いますが、搭乗員は全員『豚』です。
いや……魔法をかけられて『豚』になった、どこぞのイタリア人の飛行艇乗りと同じではなくて、登場人物が全員『豚』なのです。

201929

写真が酷いですが……搭乗員は、件のイタリア人の飛行艇乗りを改造し、戦車兵の帽子をエポキシパテで作り、

201930

「おゆまる」で型を作ります。

201933

抜けはあまり良くないのですが、なんとか複製は可能なようです。

|

2019年1月20日 (日曜日)

ポルシェ・ティーガー ♯05

続きです。

201922

砲塔に関しては、当初はティーガーのものがそのまま使えるなどと甘い見積もりをしていましたが、実は結構手を入れなければなりませんでした。

201923

201924

製作途中の写真を撮り忘れていますが、砲塔後部右側のハッチを塞ぎ、両側にハッチを追加しています。キューポラも適当な流用パーツを含めて構成。

201925

……見れば見るほど、排気口の小ささが気になります(;´д`)。
砲塔上面のハッチを開けたのは、別に進めていた搭乗員の目処が立ったからです。

201927

転輪類は今回は組みを先に進めています。
『ラインの虎』ではランナーに付いている状態で、先に缶で吹きましたが、組みあがれば殆ど見えなくなる部分にハイコストな缶スプレーを消費するのは馬鹿げた作業……という貧乏人の発想です。

201926

搭乗員の話は次回。

|

2019年1月16日 (水曜日)

ポルシェ・ティーガー ♯04

続きです。

201917

砲塔の回転軸のパーツ構成を見たあたりで予感はしていましたが……砲身の上下可動のシステムも……いや……こりゃあちょっと無理があるだろうと(ノ∀`)。
ちょっと見直し再構築です。

201918

で、前々回チラっと紹介した、私のプランにも無理があり……ガンプラの関節を利用してスムーズ可動を実現……したものの、砲塔に収納出来ないサイズに( ゚д゚)。
なんとか削りこんで、収納可能サイズにしてみましたが、収納すると、砲塔前面の開口部が狭くて殆ど動かないという結果となりました。

201920_3

砲身です。
えらく金型がくたびれているようで、抜けの状態はかなり劣悪。
砲口部はエレファントのもの……こちらのほうがまだかなりマシでした……と差し替え。
この差し替えが考証的にどうかは突っ込まないで下さいm(_ _)m。度外視しています。
さらに、砲身付け根部分もまるで「円」を維持していないため、削って、ウォーターライン関連の流用パーツでアップデイトしています。

201921

砲塔天蓋部分は若干角度がついていますが、これを金ヤスリなどで、かなり強引に平坦に近くしています。
ティーガーの車体から切り取った板状の部品 (これは逆に削って角度を出しています)をセンター付近に接着。正面から見ると 凸 の様に見えますが、砲身を上下動させるクリアランスの関係上、この分のスペースが必要だったようです。数両ある量産型には無かったようですね。


|

2019年1月13日 (日曜日)

ポルシェ・ティーガー ♯03

201919

続きです。
今回は車体の作業が中心です。
ティーガーの車体上面、ちょうど砲塔の回転軸穴を中心としたパーツを切り出し、上下逆にして、車体に接着しました。

201920

砲塔を仮置きしてみると、こんな具合です。
雰囲気らしきものは出てきたかと。

201923

カメラの設定をいじっていると、色味が変わってしまいました……後部の上面も塞いで、真鍮線で手摺を作っています。

201924

このスケールでしかできない手抜きです。
左右の吸気口はウォーターラインシリーズの艦名プレートを切り詰め、開口せずにメッシュを貼ってごまかしました。

後部の排気口は、エレファントのパーツを2つ繋げたものを元に加工しています。

201925_2

比較的順調に作業は進んでいます……ただ、2019年始まって僅か半月で、いろいろと煩わしい事やら何やら頭痛の種に事欠かない状況。もう少し落ち着いて作業をしたいところです。

|

2019年1月 8日 (火曜日)

ポルシェ・ティーガー ♯02

続きです。相変わらず、序盤は勢いがあるのです。

201915

ティーガーのほうですが、ターレット部が……これはキツイです(;´▽`A``。
これでは旋回もままならんでしょう。

201916

よくやる手ですが、持病治療用のインスリン注射器のキャップ部分を軸代わりにしています。これで砲塔の旋回は問題無し。

201917

そして、砲身の上下動きのギミックも、バリが酷くてよく判らない状況です。
これをどうアップデイトするか……。

201918

ガンプラの関節で上下動きを実現しようかと考えましたが、可動範囲が予想外に狭く、あまり可動にこだわる必要はないのかも……どうしたものかと熟慮中です。

|

2019年1月 5日 (土曜日)

ポルシェ・ティーガー ♯01

2019

さて、昔懐かしい1/76のエレファントと、初めての購入となったエアフィックスの1/76ティーガーです。
この2つのキットをニコイチでポルシェ(フェルディナント)・ティーガーをでっち上げようという企画です。
1/76スケールですので、ざっくりと形状が出せれば良いだろうと手を抜く気満々です。

ティーガーはフジミのものもありましたが、安さでエアフィックスに決めました。

201911

フジミ1/76エレファント……漫画『幽霊軍団 THE GHOST ELEPHANT』(1969 松本零士)の主役機(?)ですから、やはり35、56年前に1度組んだことがあります。

201912

続いてエアフィックスの1/76ティーガー……うぁ(゚ー゚;。何でしょうコレは?
箱はアレだが、随分……エレファントよりもはるかに古いキットでした。
安かろう悪かろうとはこのことか……。

201913

まずはエレファントのシャーシー部分を組んでいきます。
垂直をきっちり出すために、使いそうも無いパーツを柱代わりにバシバシ使用しています。

201914

そして車体後部を切り開き、形状変更の作業にかかります。

|

2019年1月 3日 (木曜日)

ラインの虎、再び ♯03

20181209_085001823

さて、ラインの虎ですが、これは1/35。

20181209_085027112

これは1/48と。継続して製作はほぼ並行進行なのですが……。

20181213_221839105

クリスマス前あたりからの冷え込みのため、塗装が滞っております。
窓を開けて換気しつつの筆塗りには辛い季節となってきました。

20181213_221813939

|

2019年1月 1日 (火曜日)

西暦2019年 迎春

本年も宜しくお願い申し上げます。

本年6月には19周年を迎え、開設当初は夢にも思わなかった20年目に入ります。

とりあえずは継続しているものの中から、気が向いたものを進めていきます(≧∇≦)。

当面の新企画(またかよ!)は、コレになるかと↓

2019_2

さて、何をしようとしているのでしょうか?

|

« 2018年12月 | トップページ | 2019年2月 »