カテゴリー「80年代への忘れ物」の記事

2018年12月24日 (月曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯10 【完成……2018年2つ目の完成品(ρ_;)】

写真を撮るという意欲を失っており、今更ですが、実はかなり前に完成しておりました。

20181224_102202287

人生2度目、そして37年振りに1/35スダコフツ222完成しました。
あの時よりかは……いくらかマシに仕上がったと思いますが、写真が最低です(ρ_;)。

20181224_102246065

アップは更に辛いですね(ノд・。)。

20181224_102301675

この位の引きなら、いくらかマシに見えます。

20181224_102316269

やはり、寄ると厳しい。

20181224_102358716

20181224_102410215

ひとまずはこれで……さえない2018年の総括はまた後日に (/ ^^)/。

|

2018年11月30日 (金曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯09

続きです。

20181116_221255737

粗い写真でモチベーションは低いままですが、スマホで見るといくぶん画質がごまかせるようです。

20181123_204354705

デカールも貼り始め、同時に汚しも入れ始めています。

20181123_204422222

20181123_204437598

おおむね完成ですが、まだフィギュアの塗装や装備のチョイスが残っています。
アンテナも何とかしなければ……。

|

2018年11月11日 (日曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯08

続きです。

Img_20181111_073913_2

20181111_084431705

何種類かのカメラアプリを試してみましたが……大差なし。
やはりこれは、ハードの質の問題のようです。

20181111_115001825

20181111_115813311

エッチングメッシュを折り曲げ、ジャーマングレイを吹いています……が、こういう被写体になると更に画質の悪さが目立ちます。

今のところ、これといった代替手段はなし。実のところ次企画の製作にも突入しているのですが、写真の質がこのレベルですとどうにも……。

|

2018年11月 8日 (木曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯07

続きです……が今日はトラブル報告です(^-^;。

昨年夏に、iPhoneから格安スマホへ切り替え、iPhoneはいわば小型タブレット的な使い方をし、ここの写真撮影も全てそれでこなしておりました。

が、2日ほど前から画面に何も映らなくなりました、液晶がダメになったのかもしれません。
朝、アラームが鳴るので、活きてはいるようですが、画面が真っ暗では何もできません。

やむを得ず、使用中の格安スマホで撮影した写真がコレです↓

Img_20181108_205815

写真が眠いです、これでも最大ピクセル撮影なのですが。

Img_9968

以前撮影のものと比較すると……これは酷すぎます。
一気にモチベーションダウンです(´ρ`)。

|

2018年11月 5日 (月曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯06

Img_9929

続きです。本日は少し……。

Img_9983

全体の塗りと各部の接着を並行して進めています。

Img_9980

あと数回の更新で完成するかと思います。
同じく1/35スケールで、海洋堂のガチャ『35ACTION SOLDIERS』のシュタイナー(緑)とハンス(ブルー)と記念撮影。

これ、モノシャフト可動で多少のポーズ変えが出来るのですが、ちょうど次の企画の準備中で、「1/35で、マルチポーズ仕様のフィギュアがあればいいのだが……」と考えていたところだったので、グッドタイミングなアイテムでした。詳細は次企画にて……。

Img_9986

車幅ポールとバックミラーを接着。
バックミラーの鏡面部には、銀の光沢のあるシール(本来はモビルスーツのモノアイの奥に貼るとか、そういう使い方を当て込んだ商品なのだと思います)を貼って鏡を表現。銀で塗るより遥かに『らしい』です。

|

2018年11月 3日 (土曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯05

Img_9968_2

続きです。

Img_9967

大失態です。フェンダーの裏を塗って乾燥させていたのですが、机の裏のブラックホールに1個落下してしまったようです。やむなく、スダコフツ223フンクワーゲンからパーツを強奪しました。
……これでひとまずフンクワーゲンはジャンクとなりますが、車載品が豊富なので、これはケガの功名かと。

Img_9970

100円ショップで、何かの役に立つのではないかと、こういった類のモノを買い置きしていたのですが、これもまた良い使い道が……

Img_9971

車幅ポールに化けられそうです!

Img_9972

真鍮線との組み合わせで、このようにシャープに仕上がりました。


|

2018年11月 1日 (木曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯04

Img_9952_2

続きです。

Img_9962

個人的な好みとして、ジャーマングレイに青みを加えたいと思い、下塗りはシーブルーを塗っています。

Img_9963

Img_9968

シーブルーの光沢を打ち消していくような感じで、小筆でペタペタとジャーマングレイをのせていきます。

Img_9946

古いキットのせいか、結構このポリタンクは批判が多いようです。今のキットには明るいグレイのほうのランナーが付いていますが……

Img_9947

ストレートに組む、とは言いましたが、多少のディテールアップは『80年代への忘れ物』を謳っているのですから、取り組んでみます。まずは、ラック部分以外を切り取り、ラックをうすうす攻撃しています。
エッチングで良いものがあるのは承知していますが、あえてこういう方法でやっています。

Img_9966

あとは、新しいランナーのパーツとのニコイチで、こんな感じ背で仕上げています。

Img_9958

搭乗員のこの方は、あまりにも有名人過ぎる(?)ので……首を落とし、

Img_9960

別人の首を移植してみました。

|

2018年10月27日 (土曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯03

Img_9929

スダコフツ222の続きです(`∇´)。

政府開発援助さんからコメントいただきましたが、この『Sd.Kfz.』を『スダコフツ』と読んでヘラヘラするのは、そう……時に西暦1981~83中頃までのホビージャパンを読み込んでいた層の性質のようなものです(ノ∀`)。

Img_9943

さて、37年前と同様に、資料なしで進めていますので、どんどんいきます。
車体裏面はジャーマングレレイをざっと吹き、

Img_9944

どんどん組み上げていきます。
『スダコフツ』に関しては、「松本州平氏がミニAFVコーナーで発言した」的な情報が多いようですが、私の記憶では、SF3DでこのSd.Kfz.222と確か232をホバークラフト艇へ改造した製作記事の中で、横山宏氏が「アイツがこう呼んでいた(≧∇≦)」と触れていたのが最初だったと思うのです。おそらく81年の後半頃の号だったと思いますが……資料本の管理がずさんで、まだ確認出来ていません。

Img_9945

タイヤをフラットブラックで塗ってから、件の横山宏氏の「タイヤを黒で塗ってはいかん」という至言を思い出し\(;゚∇゚)/、このあと薄いグレイなどでも塗り重ねています。

Img_9949

Img_9952

流石に名キット。ストレスなくサクサクと作業が進みます。

で、裏面にジャーマングレイを吹いたということで、これは37年前と同様の配色で進めます。
おそらく、西暦1981年はまだタミヤカラーが発売以前……水性ホビーカラーもまだだったと思います。
私はヤマトやガンプラには当初『レペ』『ホッペ』という当時の水性塗料を使用していたのですが、これらの製品は失礼ながらいまひとつといった感があり、塗装のほぼ全てをタミヤエナメルで処理していました。

Img_8538

ぜひともこの色で、という気持ちは実はとても強いのですが、まずは習作として、ストレートで一両仕上げてから……と考えています。

|

2018年10月18日 (木曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯02

続きです。

Img_8538

今回のタイトル『再び』は、↑コイツの製作の次、ということと、前回書いた1/35キットの2回目の製作という二重の意味になっています。
しかし……余談ですが、このフジミのボックスアートもワクワクさせられます。

Img_9938

さて、インストの順序を多少無視して製作を進めます。
内蔵する20ミリ機関砲の銃座をセットしてから、車体の上下を接着する段取りが示されていますが……それは勘弁願いたいので、先に車体を接着し、パテ処理をしておきます。

Img_9939

耐水ペーパーをかけ、1度水洗いしましたが、まだ若干の隙間があるようなので、再度部分的なパテ盛りを続けます。

中学生の時は、ここの処理もかなり雑であった記憶が(^-^;。
今回は資料も無いため、基本工作だけはそれなりに注力していくつもりです。

Img_9940

シャーシーのパーツで気になる凹み(押しピン跡?)にパテ盛り処理をしています。

Img_9941_3

……しかし、これって組みあがれば殆ど目に付かない所でした(;´▽`A``。まあ、やらないよりは……。

Img_9942

20ミリ機銃も組みを進めています。

|

2018年10月15日 (月曜日)

Sd.Kfz.222再び ♯01

例の如く、作業に飽きてきました(≧∇≦)。そこでいつもの展開。
昨年4月にコレ↓を作りました。

Img_8603

フジミ1/72の『Sd.Kfz.222』です。
この時にも書きましたが、1/35『Sd.Kfz.(スダコフツ)222』のキットを作ったのが当時の私の唯一の1/35AFV体験でした。
その唯一というのが昨年5月に『II号戦車』を作るまで36年にも及んだ訳ですが、この1年ばかりの間はなんとはなしに「1/35のキットをまた作りたい」と考えるようになっていました。
なにしろ、キットはまだ現役です(o^-^o)。

Img_9929

最近は製作途中のものを抱えすぎているため、キット購入はほとんどしていないのですが、入手しました。タミヤ以外のメーカーからも良いものが出ているようですが、やはりコレがいいです。なつかしい箱ですし。

当時、今はもう殆どない風景ですが、「町の模型屋さん」で購入したことを覚えています。
私は中学生当時から、この装甲車のデザインに何か心を惹かれている部分があったのですが、その原因は、その「町の模型屋さん」で、ヤマトやガンプラ以外の棚を巡回(?)しているときに、この箱絵によく目が留まっていたからです。

当時の価格は確か500円!
……前にも書きましたが、「素晴らしきかな80年代」です(ρ_;)。

コカコーラの値段は当時から実質2、30円しか上がっていないのですが(´ρ`)。

Img_9931

当時と違うのは、手榴弾よけのハッチの金網がエッチングとなり、20ミリ砲の銃身がアルミ製のものが付いていることと、

Img_9934

このランナーが付いている事……これで定価2500円と当時の5倍です(;´д`)。
タミヤさんの責任ではないです。もちろん。
しかし世の趨勢とはいえ、厳しい話です。

Img_9932

Img_9930

金型はさほどヘタってはいないようで、まずまずシャープな好印象、当時と変わらずです。
ランナーには『1975』の刻印が(゚0゚)。

Img_9937

とりあえず全体を400番で耐水ペーパーがけし、フロント付近のヒケにパテを盛り……戦闘開始。


| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/24 マーシィドッグ 1/35 ライトスコープドッグ 1/60 ゲルググキャノン 1/60ザク 06R 70年代への忘れ物 80年代への忘れ物 L.E.D. MIRAGE Ma.K. MS-05 ザクI Sd.Kfz.222 VF-11サンダーボルト VF-17ナイトメア VF-1バルキリー Ⅳ号戦車 『成層圏気流』のラインダース機 まほろば まほろば【パースモデル】 アクション化 アルカディア号 アーメス0021(エルガイム) エルガイムMk-ll エヴァ オージ・オージェ ガルマン帝国 ガンダムヘビーアームズ キュベレイ クズネツォフ クラブガンナー クリスティーン・テンプル クロスボーン・ガンダム グラマン・ゼロ ゲッター1 コラボレーション・ウェブサイト コンコバコン コンドスキー・コバスキー シーフランカー ジュアッグ ジョニー・ライデン スカルワン スコープドッグⅡ タミヤ デスシャドウ号 ナイト・オブゴールドAT ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 ハリアー フィギュア・レビュー フェイクモデリング ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 ブラックナイト ブラッド・テンプル ブービーダックSECOND プローラーII ヘビーメタル ホバー・パイルダー ポルシェ・ティーガー マクロス ミドリガメ ミーメ モビルスーツ モーターヘッド ヤマト2199 ヤマト建造計画 ラインの虎 リア・シュラク隊 リックディアス 五式戦闘機 人間サイズのもの 噴式零戦 奇想艦隊 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 巡洋戦艦 巡洋戦艦 13号艦 巡洋戦艦 摩耶 巡洋戦艦 赤城 惑星メーテル防空隊 戦艦 扶桑1915 松本キャラ on the Ma.K. 真・Z 神の拳 緋色の…… 艦載機 赤城 超戦艦 日本武尊 近藤版サザビー 近藤版マラサイ 近藤版リック・ディアス 連合艦隊1979 遊びで作ったもの 重歩兵 金剛1979 金剛代艦 出雲 銀河鉄道 陸戦 雑記 零式艦上戦闘機 高速戦艦 比叡 II号戦車