カテゴリー「人間サイズのもの」の記事

2014年11月17日 (月曜日)

『ゼットン星人・エド』ヽ(´▽`)/

ちょっと日本武尊から脱線します。
久しぶりにシュールなキャラクターに出逢ってしまったので、「なんとしても、これを立体化したい」と、1日で突貫工事をやりました。

清水栄一×下口智裕両氏作のコミック『ULTRAMAN(ウルトラマン)』を電子書籍で読んでいたところ『おぉっ( ̄▽ ̄)』と衝撃を受けました、このヒトです。

Edo

『エド』という名のゼットン星人の生き残りで、このヒト (ヒトじゃないですが) 敵ではなく、味方です。
それも『科学特捜隊』 のVIPとして登場という驚きの展開です。
このコミックを御存じない方はググって見てください。
舞台は西暦2018年、ウルトラマンが去った後、約40年、地球には宇宙人も怪獣も現れなかったが……という中年のハートを鷲掴みにする内容です。

スーツ姿のフィギュアをどうするか、というのが最初の難関でした。
昨今、いろいろと可動フィギュアは販売されていますが、キャラクターものが大半のため、スーツ姿のサラリーマンみたいなモノは皆無です。

と、思っていたところ、たまたまこのヒトに遭遇。

Img_6245

バンダイの『映画泥棒』のフィギュアです。
全く理想的なプロポーションで、何ら手を加える必要もなさそうです。

Img_6246

次に、やはりバンダイのソフビ (最近主流となりつつなる、500円程度のサイズの小さいほうです) のケムール人です。
しかし、初出が50年近く前のキャラクターのソフビが、ふらっと手近のイトーヨーカドーで入手出来るとは、凄いもんです。

Img_6247

ゼットン星人は、このケムール人のマスクを前後逆に被っている、

Img_6249

……このように、と良く書かれていますが、スチール等確認してみますと、実際は、

Img_6250

実際にはこう。左45度程度ズラしているというのが正解のようです。

Img_6258

単純な目論見では、このケームールマスクを、映画泥棒氏に被せてやれば出来上がりなのですが。

Img_6260

……ちょっと頭が大きすぎました。
もっとも、ウルトラマンの最終回に登場したゼットン星人は、まさにこんな感じなんです。なにしろ、人がマスクを被っていますので。
ただ、今回はコミックの画を目指しているのでこれでは頭が巨大すぎます。

Img_6261

頭を小さくするために側面を切り裂きます。
これを無理やり最接着して、頭を細身にまとめます。

Img_6262

瞬間接着剤で無理やり接着したのですが、ソフビのテンションは物凄くて、万力で固定しておかなければ、ちょっと接着は難しい状態でした。
このように固定してひと晩寝かせます。

Img_6263

一気にシェイプアップしました。
まずまず目論見通りです。

Img_6264

手首は、指を細めに削り、フラットブラックで塗装。
頭部の接着面の隙間には、

Img_6265

こいつを充填しています。
コレ、30年前頃は、怪獣造形の肉付けの主流だったと思うんですが、出来の良いガレキ、更には出来の良いソフビ、アクションフィギュアが手頃な価格で入手出来る今となっては……

Img_6266

結局、顔全体にこのバスコークを塗りました。ヌメッとした感じの肌質に見えると良いのですが。

このエド、かなりダンディな感じのヒトなので、スーツの胸ポケットに白いハンカチか何か入れています。それを細切りプラバンで再現。
本当は科特隊の流星ピンズもしているのですが、サイズ的にさすがにキツいのでオミットしています。

Img_6267

見事に24時間以内に完成。

Img_6269

Img_6270

|

2013年9月 4日 (水曜日)

仮面の男

今週はじめから、新しい動きがあるのですが、また途中でヘタると無様ですので、軌道に乗るまではお茶を濁しておきたいと思います。
本日は、コレ。

941

1/8マスターグレードの「仮面ライダー 旧1号」です。まったくの仮組状態ですが……。
「新1号」のキットが最初にリリースされたときも、内心小躍りして喜んでいたものですが、この「旧1号」は某日、量販店で積んであるのを発見して、しばし絶句。
まさかこれがこの世に出るとは……40年以上前のモノですよ。

942

番組開始当初、リアルタイムで見ていた私は4才でしたけれど、強烈に記憶に残っています。……怖かったんですよ、とにかく改造人間達が(その見せ方の演出が)。またライダー自身もこのように暗い配色の姿で『ダークナイト』の趣……自宅が白黒テレビだったから、余計にそういう印象が強いのかも。
全体として画面も暗いトーンで、「夜」のシーンも多く(近年、大河ドラマの画面が暗いとか批判されていたようですが、もっと暗かったと思います)演出効果抜群でした。
あの頃は……繁華街は知りませんが、夜の町は暗かったのです。コンビニもファミレスもなく。スーパーマーケットや雑貨屋さんは夜6時半や7時に店じまいでした。自動販売機(瓶です)もあまり外には無かったです……米屋さんの前に瓶の「プラッシー」の自動販売機はありました(。・w・。 )。

943

閑話休題。
まだ「変身!」のポーズもなく、ベルトの風車「タイフーン」が風を受けないと変身出来ないことが、「万能ではない」リアリティを醸し出していたと思います。
確か、変身するためにビルから飛び降りたりしたこともありました。
そして、藤岡弘氏はスーツアクターも兼ね(仮面ライダーのスーツを着て、マスクを被っていた。開始から数話ですが)、主題歌も歌う、という『本物の仮面ライダー』ぶりです。

944

昭和のシリーズはずっと観ていましたが、やはり『技の1号、力の2号』に対する思い入れは強いです。何しろ……類似品のヒーローというものが、ろくに存在していなかった時代です。全98話の平均視聴率が21%超え(!)というのも頷ける話で、実際、「見ていない男の子」など僅かしか居なかったのではないでしょうか。駄菓子屋前に捨てられるライダースナック、ライダーキック遊びでケガする子続出→ドラマ中で本郷猛がライダーキックを止めるようカメラ目線で訴える事態まで!
……とまぁ、話が止まらなくなってしまいます。
今度は、リメイク版の別物のフィギュアを……

948

終盤のメタリックグリーンのマスクの新1・2号(若い方には意味不明かもしれませんが、身体のラインが1本のほうが「2号」です)も良いですが……

947

旧1号対する愛着はやはり格別です、私の場合。
ですから、このようにこれらのスーツの変遷をも取り込んで、リファイン作業をされた出渕氏の素晴しい仕事には感動しました( ;∀;)

945

|

2012年5月30日 (水曜日)

宇宙の戦士

Us04

ようやく箱から引っ張り出しました。『特撮リボルテック』の『機動歩兵』です。
45歳になったばかりの私には、思い入れひとかたならぬものがある代物です。
デザインはスタジオぬえの宮武・加藤両氏。
が……版権上何らかの問題でもあるのか、コレが何に登場するのか、パッケージの解説には『米国のSF小説』という極めて不自然な表記しかありませんでした。

Us01

偉大なる、『ロバート・A・ハインライン』のヒューゴー賞受賞作『宇宙の戦士(1959年)』【あの映画「スターシップ・トルーパーズ」の原作です】の邦訳の表紙や挿絵に登場した。と何故書けなかったのか?
大人の事情というやつでしょうか(^-^;。
↑この本は30年前に買ったものです。

Us02

この作品が無かったら、おそらく『ガンダム』も無かったか……まるで違うものになっていたはずです。

Us03

『ガンキャノン』がこの『機動歩兵』に非常に良く似ているのは、『偶然ではない』というのは、安彦氏をはじめとするガンダムスタッフのコメント等調べるとすぐ解る有名な話です。

Us05

アマゾンの下馬評に手厳しい意見が多かったので、疑心暗鬼で購入しましたが……なるほど、確かにコイツをリボルテックにする必要があったのか?(以前のアクションフィギュアより小さくまでして)少々疑問です。うまくポーズが決まらないし、立たせるのもひと苦労です。それに……このデザインで肩が軸可動のみというのは気にいらないなぁ(≧ヘ≦)。

どうしたものかとヒントを求めてググっていたところ。なんと加藤直之氏御本人が、自らのブログで解決策を提示してくれていました。

Us06

それは、リボ球をイエローサブマリンの球形ジョイントに交換してしまうという大胆なアイデアでした( ̄ロ ̄lll)。在庫があったので、早速チャレンジです。

Us07

加藤氏は全て8ミリ球のジョイントへの換装を示唆しておられましたが、私は足首は6ミリ球でも大丈夫と判断しました(実際……8ミリ球を使い尽くしてしまった苦肉の策ですが)。

Us08

キャノン基部とノズル基部以外の9箇所をイエローサブマリンとコトブキヤのジョイントに交換しました……結果、見事に直立が可能となりましたヽ(´▽`)/。ポーズも決め易くなりました。

Us09
ひとまず満足といったところです。

|

2011年5月15日 (日曜日)

P.K.A H0改

=ある重要人物に関する情報=

【15.MAY.2887 単機哨戒任務中のSAFS【ZOX467号機】が、非常に特殊な攻撃により大破。パイロット【バーゼル・スターン大尉】は死亡したが、機体は当局に回収された。
当局は、破損していた【ZOX467号機】のメモリーから、画像データのサルベージに成功したものの、100パーセントの修復を施したはずの画像に、非常に高度なジャミングによるものと推測されるエラーを確認した。


03

それ以前は正常であったはずの画像の異常は、遠距離の敵機を捉えた最初の画像から既に起こっている。

02

この画像の異常は、撮影されている敵機が、【ZOX467号機】の間接視認システムに、直接的に干渉した可能性を示唆しており、これが事実とすると当局にとって非常に脅威となる。本件に関しての情報収集が急務である故、昨日付けで情報部へ通達が成された。

04

【ZOX467号機】は、近接戦闘の末に左腕を完全に切断(!)され、中枢メモリー及びパイロットに致命的な打撃を受けたが、システムダウン寸前に正常に近い画像を2枚保存することに成功している。

05

画像分析の結果、当局のデータバンクに該当する型のP.K.Aは存在せず。高機能排気タービン等を装備したH0型のカスタムチューンナップ機と推測される。

06

正面から捉えた画像を解析した結果、パイロットは82パーセントの確率で『トシロー・オーヤマ技術大尉』と特定された。
同人物は数年来『ガンフロンティア隊』に所属しているが、同部隊が当地に展開を始めたという確認は未だに取れていない。
また、【ZOX467号機】の破損は、敵の装備する『サムライ・ソード』によるものとの結論に至った。当局情報部員によれば、これは正式装備ではなく、当大尉の私物『燦 天河無限』というサーベルとのことであるが、詳細は不明である。

『トシロー・オーヤマ技術大尉』はシュトラール軍内部では「類い稀な天才的技術者」との呼び声が非常に高いが、シュトラール軍工廠除籍後は、前線基地における無許可の機体改造・運用・命令不服従による懲罰の天文学的記録保持者であり、本来であれば同期の『ハーロック大尉』ともども軍刑務所収監は免れない立場のはずである。
にもかかわらず、未だに当技術大尉が最前線近くで暗躍しているという事実は、シュトラール軍が当大尉の才に著しく依存している内情を示していると推測される。
当局情報部員によれば、最前線基地では、当技術大尉の違法改造を待ち望んでいるエースが多数存在しているのが実情であるという。
いずれにせよ、SAFSの間接視認システムへのジャミングが現実のものとなったことは、戦局を大きく左右しかねない重大な脅威である。
そして……当大尉の過去の行動・言動から、シュトラール軍に対する忠誠心は非常に希薄なものであると推測されている。したがって、当局は、身柄を確保して連行が可能な場合、あらゆる事項に優先して当大尉の拉致を実行するのが良策であるとの結論に至った。

引き続き、最優先での調査続行を要する。

……と、まぁ、約2年ぶりの、また全部嘘なんですが(ノ∀`)。
四半世紀ぶりぐらいにキットのP.K.Aを組んでみました。

07

ストレートはやめて、適当にいじっています。前面はライトの増設とインテイクの小型化。
アタマはガチャガチャのトチローを型取りしてエポキシパテで複製を作りました。
大きすぎてキャノピーがちゃんと閉まりません(^-^;。

08

膝のリングパーツは扱いが面倒なのでオミット。
背面は排気タービンまがいのものを増設してみました。

一週間そこらでたちまち完成。

やはり、プラモデルはこういう『お遊び』が一番楽しいですヽ(´▽`)/。

| | コメント (1)

2009年11月 4日 (水曜日)

2機目の1/35 SAFS

2機目の1/35 SAFS
2機目の1/35 SAFS

体調が少し落ち着いてきたように思えるので(--;)手を動かしはじめました。
まずは2機目の1/35 SAFS。
今度はデザートイエロー仕上げです。

|

2009年10月23日 (金曜日)

SAFS~デザートイエローでリペイント中

いろいろドタバタ続きで疲れています(。>0<。)。

したがって、あまり載せるものがありません。

以前にリペイントした1/35SAFSがまだ数体あるので、今度はデザートイエローでリペイント中です。

来年早々には、新しい1/20キットがウェーブから発売されるようですが……一体2500円ぐらいするというのは、ちょっとどうなんでしょう?

……買う立場から言わせてもらうと、もう少し勉強して欲しいです。

Safs

|

2009年10月16日 (金曜日)

メルジーネ完成(^^ゞ

メルジーネ完成(^^ゞ
メルジーネ完成(^^ゞ

体調あいかわらずですが、どうにかメルジーネが仕上がり(^_^;)です。
まぁパッとしない出来ですが、あのままのハロウィン塗装で持っていたところで(-_-;)……。
今年も残り2ヶ月半、未だに正式コンテンツの更新なし……いろいろ進めてはいるんですが、なかなかまとまってくれません。

|

2009年10月14日 (水曜日)

メルジーネ完成間近(-_-)

2009101306190000

体調は未だにすぐれず 、昨日は仕事を休んでしまいました(-_-;)。
メルジーネの塗装だけは幾分進み。完成が近づきつつあります。

2009101306190001
配色はダークアースとNATOグリーンの、ほぼ半々混合。あとはいつものシュトラールイエローで認識帯を塗り、間接部分は極ツヤ消しのジューマングレイです(^^ゞ。

やれやれ、あのハロウィン塗装とはこれでおさらばです。
横山宏氏のウェブによると来年には3Qモデル【最近『フリーゲ』『カウツ』がリリース】から1/20キットが登場する模様。

|

2009年10月 2日 (金曜日)

メルジーネの左腕…続き

メルジーネの左腕…続き

まだまだ本格的作業はナシです(・_・、)。
メルジーネの左腕の続きです。肉付けはエポキシパテ少量で処理したので、ナイフでの削りはなしで、そのまま耐水ペーパーがけし、プラパテ処理しています。
あと一日工程ぐらいで仕上がりです(^O^)。

|

2009年9月30日 (水曜日)

メルジーネの左腕

メルジーネの左腕

まだまだ胸の痛みが残っていて、本格的作業はナシです(・_・、)。
先日買ったメルジーネですが、なぜか左腕がマニュピレーターになっています(T-T)。
やはり格好がつかないので自作します。肘のすぐ先で切断し、航空機関係からパーツをチョイス(タカラのエリア88・ミッキーのスーパーセイバーです!)し、他の肉付けはエポキシパテで処理しました。

|

その他のカテゴリー

1/60ザク 06R | 80年代への忘れ物 | L.E.D. MIRAGE | Ma.K. | VF-11サンダーボルト | VF-17ナイトメア | VF-1バルキリー | 『成層圏気流』のラインダース機 | まほろば | まほろば【パースモデル】 | アクション化 | アーメス0021(エルガイム) | エルガイムMk-ll | エヴァ | オージ・オージェ | ガルマン帝国 | ガンダムヘビーアームズ | キュベレイ | クズネツォフ | クリスティーン・テンプル | クロスボーン・ガンダム | グラマン・ゼロ | ゲッター1 | コラボレーション・ウェブサイト | コンコバコン | コンドスキー・コバスキー | シーフランカー | ジョニー・ライデン | タミヤ | デスシャドウ号 | ナイト・オブゴールドAT | ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 | ハリアー | フィギュア・レビュー | フェイクモデリング | ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 | ブラックナイト | ブラッド・テンプル | ヘビーメタル | マクロス | ミーメ | モビルスーツ | モーターヘッド | ヤマト2199 | ヤマト建造計画 | リア・シュラク隊 | リックディアス | 五式戦闘機 | 人間サイズのもの | 奇想艦隊 | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 | 巡洋戦艦 | 巡洋戦艦 13号艦 | 巡洋戦艦 摩耶 | 巡洋戦艦 赤城 | 惑星メーテル防空隊 | 戦艦 | 松本キャラ on the Ma.K. | 真・Z | 神の拳 | 艦載機 | 赤城 | 超戦艦 日本武尊 | 近藤版サザビー | 近藤版マラサイ | 連合艦隊1979 | 遊びで作ったもの | 重歩兵 | 金剛1979 | 金剛代艦 出雲 | 銀河鉄道 | 陸戦 | 雑記 | 零式艦上戦闘機