カテゴリー「モビルスーツ」の記事

2016年10月30日 (日曜日)

緋色の……♯09 【小説版 緋色のリックドム 完成】

2017年6つ目の完成品となりました。
製作期間、約1年4ヵ月というのは、私としてはまずまず上出来な所要時間でした。

小説版 赤い彗星のリックドムです。

Img_8187

Img_8194

……これはもう古い話ですが、雑誌『宇宙船』……それもまだ年に4回ぐらいの季刊であった頃かと思いますが、そこに読者投稿されていた赤いドムが今回の元ネタとなっています。

塗装に関してはその際に見た赤いドムのイメージと、赤いリックディアスをベースに考えました。そして、現状のバンダイ公式の赤いドムを極力無視し、なおかつ「真紅の稲妻」化を避けるために、黒を使わない、というのを徹底してみました。
アクセントとして、白系を使ったのは、

Img_8037

コイツへのオマージュのようなもの、です(o^-^o)。

Img_8191

小説版ですので、背中の得物はビーム・サーベルとなります。

Img_8189

マーキングはガンダムデカールです。
実は1度、デカールを貼った後で、いつものようにベランダで水性クリアーを吹き、そのまま自然乾燥させておいたところ、突然の雨! 帰宅後に回収しますと、デカールはいくつも剥がれているうえ、粉を吹いたような表面になってしまい。2000番の耐水ペーパーで磨きなおしました。

剥がれたデカールの中には、ズイマット社のロゴや社名のものが全て含まれており、これは、
『80年代への忘れ物』などと謳っておいて「ズイマット社」のロゴなど貼るな!
という天の声やもしれません。デカールのリテイクでは「ズイマット社」絡みは無くしました。

Img_8205

モノアイは可動させるために、

Img_8152

こんな感じのものを頭部に仕込んであります。
赤いレンズは陸戦サザビーのものと同じ部品です。

Img_8194_2

そして、80年代風のバズーカの持ち方だけではなく、

Img_8200

このように、肩越しにすることも可能な腕関節を仕込んであります。
肩シールドの内部パーツはむき出しとし、二の腕との接合部を隠すため、MGゲルググのゴム製ジャバラを取り付けています。
脆弱な感あり、ですが、「当たらなければ、どうという事はない」のです(´▽`)/
Img_8198

今年も残すところあと2カ月です。あともうひとつの完成品があげられるか否か(;´▽`A``。

|

2016年10月24日 (月曜日)

緋色の……♯08

さて……約7ヵ月ぶりの緋色のリックドムです。

作業そのものは、ずっと続けていたため、かなり進展はしています。

Img_8146

Img_8147

ジャイアントバズーカ……というよりも、小説版ですのでビームバズーカの新規起こしも塗装の段階まで進んでいます。

Img_8149

スコープ部分はPGザクの動力パイプの一節ぶんを加工したものです。

Img_8151

塗装も各ブロックごととに進めています。バンダイ公式のシャアのリックドムの配色というものは、ある訳ではありますが……もちろんそんなものは無視して好きにやっています(o^-^o)。
「80年代への忘れ物」を謳っているからには、現在の公式設定には縛られたくはありません。

Img_8150

こんな配色ですすめています。

|

2016年9月15日 (木曜日)

近藤版サザビー ♯18【完成】

製作開始より2年とちょっと、今年4つ目の完成品。
近藤版(実際は『近藤風』といったところですが)陸戦型サザビー完成です。

Img_8063

アンテナの製作が老眼には辛いため(;;;´Д`)、ずいぶんと最後の一手に時間をかけてしまいました。

Img_8041

アンテナは0.5ミリ真鍮線。それに巻き線を施し、

Img_8042

このように仕上げました。

Img_8043

頭部に瞬着で接着し、作業終了。
本来は銃器にもっと手を入れるべきで、イラスト等とは程遠い形状なのですが、そろそろ締めくくりたいという気持ちが強く、おしまいとします。

Img_8053

汚し塗装は、今後も気の向くままに、ちょこちょこと施していくことになると思います。

Img_8065

Img_8048

Img_8050

Img_8060

メインカメラ部分は、素材の力で充分満足できるものになりました。

Img_8061

次回はスコープドッグに決着をつける予定です。

|

2016年8月19日 (金曜日)

近藤版サザビー ♯18

近藤版サザビーです。
いよいよ完成寸前となりました。

Img_7954

Img_7956

背面はこのようにまとめました。

Img_7958

銃器のとりまとめと、頭部のアンテナを残すのみとなりました。
次回はおそらく、完成となります。

|

2016年8月18日 (木曜日)

C109 ♯03【完成】

また長々と間が空いてしまいましたm(_ _)m。
すっかり夏バテといいますか……パソコンの電源をあまり点けないような毎日でした。
作業そのものは多少は進んでいました。

2016年2個めの完成品です。

Img_7941

小説版を意識した、ガンキャノンC-109です。


Img_7946
地味目なカラーでまとめてみました。

Img_7945
なんとかこれで、昨年の成果(完成品1個)を超えました(ρ_;)。

Img_7959

Img_7963

Img_7964

Img_7965

以前に作ったRX78-2と競演。

Img_7942
次回はサザビーの近況です。

|

2016年6月19日 (日曜日)

1/60計画終了 ♯24

2016年最初の完成品となりました。
今月2日早朝には完成していたのですが、屋内撮影をするスペースがなく、公開が伸び伸びとなっておりました。

Img_7456

私の完成品の中では、タテの長さが最大となってしまいまして、とりあえず屋外自然光撮影を済ませていました。

Img_7497

撮影スペースをようやく片付け、光量不足ではありますが、屋内撮影がようやく本日。

Img_7495

ボタン電池の残量不足により、照明を落とさないとモノアイ発光が認識できません(^-^;。

Img_7496

「ぶぉん!」

Img_7502

ノズルは全てコトブキヤのものに換装しています。

Img_7500

武装をどう構えさせるかで延々と迷っていたのが、何やら馬鹿らしく思えます。
大河原氏のイラストに、最初から最良の答えが描かれていたのですから(;´▽`A``。


|

2016年5月22日 (日曜日)

近藤版サザビー ♯17

Img_7400

サザビーの続きです。今日は手短にいきます。

Img_7398

シールドはこんな具合でまとめようとしています。

『SE-01』というマーキングは『ジオンの再興』のクルツ大尉機を意識してのことです。本当はもっと大きい書き文字なのですが、デカールのストックの関係上、小振りです。

Img_7399

銃器も構築中( ̄▽ ̄)。

|

2016年5月21日 (土曜日)

1/60計画 ♯23

Img_7343

コイツの続きです。

Img_7376

拳ですが、親指の部分にふくらみが足りないと感じ、エポキシパテで表現しています。

Img_7379

この動力パイプも中断理由のひとつです。
最初の写真は、頭部の動力パイプだけが取り付けてありませんが、巻き作業が上手くいかなくなったというのが実情です。
頭部のパイプは他の部分より細めに巻く必要がある訳ですが、アルミ線のテンションがなかなか手強くて、どうしても細く巻けない……で、1年弱放置です。

Img_7378

頭を冷やせば、打開策も浮上してくるというもの(*^-^)。
これ以上細く巻けないのであれば、ここまで巻いた中で一番細いものを頭部に移植してしまえばいいのです(*^.^*)

Img_7387

胴体のパイプを頭部に移植し、胴体のパイプは新たに太目のものを巻き直しています。

Img_7392

Img_7393

Img_7394

エナメル系でスミ入れし、デカールを貼ってフラットクリアを吹き、これで握り拳は無事完成です。

Img_7395

これで完成……といきたいところではありますが、何回かの転落事故を起こした結果、何故か左足のノズルのみが全て紛失しています。
ここはコトブキヤのパーツか何かでアップデイトを考えています。

|

2016年5月15日 (日曜日)

近藤版サザビー ♯16

Img_7358

サザビーの続きです。

Img_7377

脛の処理がようやく固まり、この後塗装も進めます。

Img_7381

Img_7382

Img_7384

バックパック以外は頭部のアンテナの処理がまだです。汚しとマーキング、武装、盾と処理が終わっていない項目はありますが、ほぼ完成となります。

Img_7380

バックパックの形状把握はなかなか難しいところです。
イラスト、コミックの画稿を眺めていても、なかなか頭の中で立体像が形成されません。
なんとなく気分で、手を動かしています。

Img_7388

タンクはキットのものを、マテリアルで延長しています。

Img_7386

今年初の完成品となりますかどうか。

|

2016年5月14日 (土曜日)

1/60計画 ♯22

さて、完成間近などと前回書いてから、ほぼ1年放置したコレですヾ(;´Д`A。

Img_7343

いくつかの事情から、製作モチベーションが下がり、『しばらく頭を冷やそう……』と放置しておりました。その間、何回かの転落事故を起こしていましたが、

Img_7342

最近になり、使用しているパソコンの背後に置いてある半引退の予備パソコンのキーボード上に立たせていたのですが、どうもコイツに見下ろされていると『早くなんとかまとめなさいよ!』というような無言の圧力を感じる毎日でした。

そんなわけで、再開です。

モチベーションの下がった理由・その1ですが、武装の扱いに疑問を感じ始めてしまったのです。
何と言っても大半は旧1/60キットの部品ですから、可動部分の制限があり、武装を持たせてもイマイチきまりません。

そこで今回、握り拳のパーツを発掘しました。

Img_7359

当然のことながら、握り拳とはいえ、例の穴が空いた状態のものです。
まず、軸を切り取り、ボールジョイントを接着。

Img_7360

穴を塞ぎつつ、内部にエポキシパテを詰めます。

Img_7361

とりあえず瞬着で接着し、ひと晩乾燥させます。

Img_7371

Img_7372

極めて80年代風の作業ですが、彫刻刀(三角刀)で指を握った状態に見えるよう、モールドを彫り始めました。
こういった作業をするのも、30ウン年振りです(^-^;。

Img_7374

どうもディテールが把握し辛いので、グレイを塗ってみました。

Img_7375

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/60ザク 06R | 70年代への忘れ物 | 80年代への忘れ物 | L.E.D. MIRAGE | Ma.K. | MS-05 ザクI | VF-11サンダーボルト | VF-17ナイトメア | VF-1バルキリー | 『成層圏気流』のラインダース機 | まほろば | まほろば【パースモデル】 | アクション化 | アーメス0021(エルガイム) | エルガイムMk-ll | エヴァ | オージ・オージェ | ガルマン帝国 | ガンダムヘビーアームズ | キュベレイ | クズネツォフ | クリスティーン・テンプル | クロスボーン・ガンダム | グラマン・ゼロ | ゲッター1 | コラボレーション・ウェブサイト | コンコバコン | コンドスキー・コバスキー | シーフランカー | ジョニー・ライデン | スコープドッグⅡ | タミヤ | デスシャドウ号 | ナイト・オブゴールドAT | ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 | ハリアー | フィギュア・レビュー | フェイクモデリング | ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 | ブラックナイト | ブラッド・テンプル | ヘビーメタル | ホバー・パイルダー | マクロス | ミドリガメ | ミーメ | モビルスーツ | モーターヘッド | ヤマト2199 | ヤマト建造計画 | リア・シュラク隊 | リックディアス | 五式戦闘機 | 人間サイズのもの | 噴式零戦 | 奇想艦隊 | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 | 巡洋戦艦 | 巡洋戦艦 13号艦 | 巡洋戦艦 摩耶 | 巡洋戦艦 赤城 | 惑星メーテル防空隊 | 戦艦 | 松本キャラ on the Ma.K. | 真・Z | 神の拳 | 緋色の…… | 艦載機 | 赤城 | 超戦艦 日本武尊 | 近藤版サザビー | 近藤版マラサイ | 近藤版リック・ディアス | 連合艦隊1979 | 遊びで作ったもの | 重歩兵 | 金剛1979 | 金剛代艦 出雲 | 銀河鉄道 | 陸戦 | 雑記 | 零式艦上戦闘機 | 高速戦艦 比叡