カテゴリー「コンドスキー・コバスキー」の記事

2016年9月15日 (木曜日)

近藤版サザビー ♯18【完成】

製作開始より2年とちょっと、今年4つ目の完成品。
近藤版(実際は『近藤風』といったところですが)陸戦型サザビー完成です。

Img_8063

アンテナの製作が老眼には辛いため(;;;´Д`)、ずいぶんと最後の一手に時間をかけてしまいました。

Img_8041

アンテナは0.5ミリ真鍮線。それに巻き線を施し、

Img_8042

このように仕上げました。

Img_8043

頭部に瞬着で接着し、作業終了。
本来は銃器にもっと手を入れるべきで、イラスト等とは程遠い形状なのですが、そろそろ締めくくりたいという気持ちが強く、おしまいとします。

Img_8053

汚し塗装は、今後も気の向くままに、ちょこちょこと施していくことになると思います。

Img_8065

Img_8048

Img_8050

Img_8060

メインカメラ部分は、素材の力で充分満足できるものになりました。

Img_8061

次回はスコープドッグに決着をつける予定です。

|

2016年8月19日 (金曜日)

近藤版サザビー ♯18

近藤版サザビーです。
いよいよ完成寸前となりました。

Img_7954

Img_7956

背面はこのようにまとめました。

Img_7958

銃器のとりまとめと、頭部のアンテナを残すのみとなりました。
次回はおそらく、完成となります。

|

2016年5月22日 (日曜日)

近藤版サザビー ♯17

Img_7400

サザビーの続きです。今日は手短にいきます。

Img_7398

シールドはこんな具合でまとめようとしています。

『SE-01』というマーキングは『ジオンの再興』のクルツ大尉機を意識してのことです。本当はもっと大きい書き文字なのですが、デカールのストックの関係上、小振りです。

Img_7399

銃器も構築中( ̄▽ ̄)。

|

2016年5月15日 (日曜日)

近藤版サザビー ♯16

Img_7358

サザビーの続きです。

Img_7377

脛の処理がようやく固まり、この後塗装も進めます。

Img_7381

Img_7382

Img_7384

バックパック以外は頭部のアンテナの処理がまだです。汚しとマーキング、武装、盾と処理が終わっていない項目はありますが、ほぼ完成となります。

Img_7380

バックパックの形状把握はなかなか難しいところです。
イラスト、コミックの画稿を眺めていても、なかなか頭の中で立体像が形成されません。
なんとなく気分で、手を動かしています。

Img_7388

タンクはキットのものを、マテリアルで延長しています。

Img_7386

今年初の完成品となりますかどうか。

|

2016年5月13日 (金曜日)

近藤版サザビー ♯15

サザビーの続きです。

Img_7348

肩のノズル部分もどうにか形になったようです。

Img_7356

Img_7357

厳密に言いますと、『陸戦用』であれば、この形のノズルは役に立たないようです。航空機のノズルの様な形状をしている必要があるらしく、近藤氏の画稿でも多くはそのように描かれていたかと思います。
ただ、そんなノズルを十数個確保するのは、あまりに酷な話ですので(;;;´Д`)ゝ。

Img_7373

膝に盛り付けたエポキシパテを削り込み始めています。
まだバックパックは残りますが、ここが仕上がればほぼ完成となります。


|

2016年5月11日 (水曜日)

近藤版サザビー ♯14

サザビーの続きです。

Img_7346

組み上げとともに、迷彩塗装を進めています。
以前、マラサイの時にも書きましたが、迷彩パターンに関しては『戦場まんがシリーズ』のキングタイガー(『ラインの虎』です)をイメージしつつ塗っています。

Img_7351

しかし、『ラインの虎』の画稿を見直している訳でもありませんし、キングタイガーの正確な塗装を再確認した訳でもなく、妄想のみでやっています(;;;´Д`)。

Img_7344

かたや、ここまで塗りを進めておきながら、ひざ部分を再構成すべくエポキシパテを盛りました。
足首の可動範囲を考慮すると、足の甲にかかる装甲は、可動の必要がほぼないことがはっきりしたので、固定する方向に変更です。

Img_7341

肩には、地上戦用のノズルやパイピングを追加していきます。
ノズルに関しては、マスターグレードとニコイチにしたため、HGUCのノズルが余るのが幸いしています。それらを加工していきます。

Img_7345

かなり無理やりにパイピングの固定をしています(*^m^)。


|

2016年5月10日 (火曜日)

近藤版サザビー ♯13

サザビーの続きです。

Img_7273

当然と言えば当然ですが、キットのままのサザビー頭部は、
Img_7319

このような感じで、アンテナ部はいかにも「シャア専用」といった趣です。
しかし、ここでは陸戦用の量産型の製作。また、近藤氏の画稿も、ここのディテールはきっちり差別化されています。
流用パーツを加工し、このように差替えます。
Img_7320

真鍮線でアンテナ表現も施すわけですが、さすがにここでは時期尚早、後日です。
また、モノアイ部分もかなりの差異が見受けられますが、ディテールがなかなか画稿からは読み取りにくく、また、読み取れたとしても、このサイズでの表現は、私では技術的に困難なため、ある程度は妥協しました。私の解釈と言いますか、観た感じでは、曲面状のバイザーのようなもので、カメラ類が覆われているような印象なのですが……(^-^;。
近藤氏のカラーイラストのイメージをもとに「雰囲気を変える」程度の処理はしておきたいと思います。
Img_7321

そのためにどうするか……ですが、100均のネイルの飾りの類で、いい具合に光を反射してくれるものを見つけました。
モノアイの回転部分を根こそぎ削り取り、流用パーツの支えとともに接着しています。
Img_7327

ひさし部分も接着。ほぼ狙い通りになったかと思います。
Img_7329

|

2016年5月 1日 (日曜日)

近藤版リック・ディアス ♯01

さて、2016年も完成品がひとつも挙らないまま、1/3が過ぎました。

前途多難です。
しかし、心のままにいろいろとやっていきます。
1314222807815

2011年にこんなテスト組みの写真を紹介していました。
一目瞭然、近藤版に関してあれこれ考察しながら、パーツをいじっていたようですが、
今回は、このときの思いつきに決着をつけたいと思います。
R1

近藤版(本当は「風」ですが )リック・ディアスに対する、自分なりの解答がこれです。
胴体のみが1/100旧キット。他はHGUCです。
リック・ディアスは最も好きなモビルスーツのひとつ。初めてコレ↓を観た日の衝撃といったら……
R06

小説版・赤いリックドムへのオマージュのようなこの機体。そして一般用の黒。Zガンダム第1話『黒いガンダム』での大見得……いつかは、この赤+黒2機を模型で……と妄想し続け、既に30年が過ぎ、いまだ果たせないままです(^-^;。
R2
R3

クレイバズーカを1/100に換装。これもまた常套手段です。
R4

『ジオンの再興』にも登場していますが……この機体ばかりは、陸戦使用は似合わない、と思います。イメージソースは近藤版Zのクワトロ・バジーナ機です。

|

2016年4月30日 (土曜日)

近藤版サザビー ♯12

再開した近藤版サザビーの続きです。

Img_7275

作業前から、この肥大化した上半身では、 銃器の保持に支障が出る予感はありましたが……。
Gun

出来れば写真上の1/100のビームライフルを持たせたいところでしたが、太い腕や上半身がかさばってとても持てません。
更には、ノーマルの1/144ビームライフルも、小型化した(小柄な連邦系の手首を加工・流用)手首では、まったく握れませんでした(ρ_;)。
グリップ部を別のライフルから移植し、ようやく握らせました。
S1
S2

近藤版ゆえに、実体弾の銃器とする予定なので、まだ外装は手を加える予定です。

|

2016年4月17日 (日曜日)

近藤版サザビー ♯11

先日、停滞していたもののパーツ確認等をしており、再開のメドがたってきました。

約一年半ぶりの、コレです。

Img_6104

近藤版サザビーです。これは♯09の再掲載ですが、♯10では経過写真の取り忘れのため、

Img_6184

一気にこの状態まで飛躍していました。
ここで、一年半のブランクを経て、パーツの再確認をし、再度組み上げてみました。

Img_7275

こんな具合です。一年半前の時点で、塗装もかなり進めていました。
近藤版特有のスタイリングに近づけるために、1/100のボディ外装パーツを使用しています。
詳細は過去記事をご覧ください。

Img_7268

作業再開にあたり、近藤版特有の小さい手首の表現のため、1/144の小振りの手首をチョイスしてみました。本来は人型の手とはかなり印象を変える必要があるのですが、今回それは見合わせました。

Img_7272

全身のバランスは、このような具合です。

これもまた、完成間近ですので、なんとかとりまとめていくつもりです。

|

その他のカテゴリー

1/60ザク 06R | 70年代への忘れ物 | 80年代への忘れ物 | L.E.D. MIRAGE | Ma.K. | MS-05 ザクI | VF-11サンダーボルト | VF-17ナイトメア | VF-1バルキリー | 『成層圏気流』のラインダース機 | まほろば | まほろば【パースモデル】 | アクション化 | アーメス0021(エルガイム) | エルガイムMk-ll | エヴァ | オージ・オージェ | ガルマン帝国 | ガンダムヘビーアームズ | キュベレイ | クズネツォフ | クリスティーン・テンプル | クロスボーン・ガンダム | グラマン・ゼロ | ゲッター1 | コラボレーション・ウェブサイト | コンコバコン | コンドスキー・コバスキー | シーフランカー | ジョニー・ライデン | スコープドッグⅡ | タミヤ | デスシャドウ号 | ナイト・オブゴールドAT | ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 | ハリアー | フィギュア・レビュー | フェイクモデリング | ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 | ブラックナイト | ブラッド・テンプル | ヘビーメタル | ホバー・パイルダー | マクロス | ミドリガメ | ミーメ | モビルスーツ | モーターヘッド | ヤマト2199 | ヤマト建造計画 | リア・シュラク隊 | リックディアス | 五式戦闘機 | 人間サイズのもの | 噴式零戦 | 奇想艦隊 | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 | 巡洋戦艦 | 巡洋戦艦 13号艦 | 巡洋戦艦 摩耶 | 巡洋戦艦 赤城 | 惑星メーテル防空隊 | 戦艦 | 松本キャラ on the Ma.K. | 真・Z | 神の拳 | 緋色の…… | 艦載機 | 赤城 | 超戦艦 日本武尊 | 近藤版サザビー | 近藤版マラサイ | 近藤版リック・ディアス | 連合艦隊1979 | 遊びで作ったもの | 重歩兵 | 金剛1979 | 金剛代艦 出雲 | 銀河鉄道 | 陸戦 | 雑記 | 零式艦上戦闘機