カテゴリー「宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画」の記事

2013年9月13日 (金曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯7

さて、メインエンジンのノズルがだいたいまとまったところで、サブノズルも処理しておこうと思います。

Maya41

適当なパーツをジャンクから探したのですが、なかなか良い物がありません。
マテリアルを適当に組み合わせてでっちあげました。

Maya42

Maya43

このような具合に……。

Maya44

また、艦首下部はセンサー的なルックスでいきたいので、これもマテリアルで土台をこしらえておきます。

Maya45

最終的には、ここにHレンズを埋める予定です。

|

2013年9月12日 (木曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯6

続きですヽ(´▽`)/。ようやく2013年9月現在の話です。

Maya38

したがいまして、過去5回のように、トントン拍子で進んでいくことはありません(≧∇≦)。
いつものように、迷いながらの進行になります。

Maya39

現状はこんな具合です。
メインエンジンノズルを交換しました。ここまでゴテゴテと実写版を意識
した造りにした以上、アニメのままのノズルという訳にも……。

Maya40

プラモ用のマテリアルではなく、使用している医療器具の廃品部品から、らしいものをノズルとして使ってみます(;´▽`A``。【つづく】

|

2013年9月11日 (水曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯5

続きです(o^-^o)。

……このあたりまで、まとまってきたところで『実写版ヤマト』の映像を見る、という出来事があり、すっかり感化されてしまいました。「……これだ……これだよ」と(^-^;。

Img_0350

細かいジャンクをゴテゴテと貼付けて、『プロップ的表現』に挑戦です。エッチングパーツや金属ピンの類も多様し、もっともらしさを追及し始めました。

Img_0349

あれほど悩んだ末の『摩耶』式艦橋構造も、あっさりキャンセルし、実写版を意識した構造物へ作り直すという、結果的にはとんだ回り道( ̄Д ̄;;。
ここでは、2001年製作開始して以来、ここに至ってもまだ完成していない(/□≦、)、『比叡』(コンテンツ「まほろばに至る海路」内)の、自作していた艦橋構造部を流用しました。色の濃い部分がそれです(ベースはフジミの旧キット金剛型)。

Img_0891

この『比叡』。本来は、ハセガワが金剛型のリニューアルをするであろう20xx年ぐらいまでに完成させれば良いだろうという計画でしたが……歳月が流れて、フジミの良キットの発売という、思わぬ展開となった今では、無理して時間を費やして自作しても詮無いだろう、という結論に達しました(´▽`;)。

Img_0892

と、『実写版ヤマト』の影響を受けているということは、この作業工程で2011年の初旬の頃の話です。

Img_0351

とにかく、2009年の正月以来、ちょこちょこと試行錯誤を繰り返していましたが、ここ2年ほどは殆ど作業はしておらず、完全放置していました。
と、ざっと4年半に及んだ経緯を、5日間で振り返ってしまいました。
次回から、やっとリアルタイムの話になりますヽ(´▽`)/。【つづく】

|

2013年9月10日 (火曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯4

続きです(ノ∀`)。

だんだんと「古鷹型」という括りに関しても見直そうという気分になってきました。
艦橋部分のパーツをヤマトの第2艦橋から流用する……これは艦体のサイズと比較してかなり大きめな艦橋になります。
それを逆手に取って「高雄型」というのはどうかと(´▽`;)。
ヤマトの第1艦橋部分はカットして使用せず、天蓋に1/1000キットの主砲塔を流用し、こんな感じでまとめてみます。

Ma25

で、どうせ「高雄型」にするのであれば、『摩耶』にしようと( ´ ▽ ` )ノ。
「摩耶」の図面を見て、武装配置を基本的には……
「25ミリ3連装機銃」→小サイズ・パルスレーザー
「12.8センチ連装高角砲」→を大サイズ・パルスレーザー
へと置き換えてみます。

Ma27

勢いがついてきました。このパーツもそのまま流用出来そうです。
「図面を流用する」という行為は現実にもあるので、艦体の一部の設計が同じでも(無理やりですが)説明出来るだろうと(*´д`)

「ヤマト世界」では、ヤマト以外の艦に「第3艦橋」は、どう考えてもいらん訳ですが、「ピン」で見せる艦ならば、やはり第3艦橋は付けてやりたいところです。……「スーパー99(アニメ)」も最後は第3艦橋が付いていましたしヾ( ̄∇ ̄)。

Ma36

デスシャドウの艦橋パーツと、食玩の輸送船(「さらば」と「ヤマト2」に出ていたアレです)のパーツからでっち上げます。

Ma37

……なんだかガミラスの香りがするのは気のせいでしょうか?

このあたり、2009年11月の話です。【つづく】

|

2013年9月 9日 (月曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯3

続きです(*^-^)。
煙突に関しては、このクラスの艦は2基が殆どです。
が、「ヤマト世界」においては、煙突はVLS等のデザイン上の処理でしかなく、2つ並べるというのは合理性に欠けるような気が……なにより煙突を2基にするとスペースが心配です。
ここは1基としてみます。

その煙突の流用元となったのが、コレ(↓)です。

Ma23

バンダイ1/144 VF-11サンダーボルト・バトロイドの腕です。
なんとなく、この微妙なラインが気に入ってしまいました。

一部をカットし、流用パーツでこのように加工して、終了。

Ma24

主砲に関しては、1/700ヤマトの副砲を流用してみました。
真っ二つにして幅詰めをし、3連装から2連装へと変更します。

Ma21

Ma22

このあたりで、また思い悩むようになってきました(><)。
艦橋周辺部のイメージがまったく造れないのです。
いわば「顔」の部分。流用パーツを多用してみるとしても、うまく纏め上げるセンスがないとなかなか辛い作業です。
これで半年近くは放置してしまったでしょうか……。

別コーナーの「戦艦和泉」(コンテンツ「まほろばに至る海路」内)の竣工後、艦体を手にし、あれこれと思いふけっていて、ふと思いました。
「いっそ、1/700ヤマトから極力パーツを流用してみようか……」

「大和」の副砲は、「最上級」の軽巡時代の主砲を流用したものでした。
今回、それとは逆のことをしていますので、パルスレーザーも「ヤマト」から流用し、更に他のパーツも流用することで「マスプロダクツモデル」という背景を表現出来ないものかと……まぁ、これはホントに「言い訳」なのですが(;-_-) =3 。
このあたり、2009年11月です。【つづく】

|

2013年9月 8日 (日曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 ♯2

続きです。

艦尾も悩むところです。

Ma08

こんな安易な形状も考えましたが、やはり「波動エンジン装備」という設定を考慮するとなると、「ヤマト」に倣うのが正統でしょうか。切断して、1/1000ヤマトの艦尾を移植します。

Ma10

こんな感じて、強引に接着し、エポパテ処理していきます。

Ma15

接合面を処理して、早くもサフ吹きしています。
この時点で、いろいろ妄想することしきりです。

Ma16

いろいろ構造物を載せて、イメージを膨らませています。

Ma18

波動砲部分を接着し、段差をエポパテで埋めていきます。

Ma19

この時点で、2009年2月です(ノ∀`)。【つづく】

|

2013年9月 7日 (土曜日)

宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画

さて、いよいよ新企画です。
なのですが、話は4年半以上前に遡ります……きっかけは、2009年の正月に購入した、このキットでした。

Ma01

バンダイの1/1000ノーチラスです。
このフネのアウトラインを見て「何かに使えそうだ」と思い、購入しておきました。
素組みしてみると、なかなか面白い形状をしています。
ずっと昔(12年以上)、「宇宙戦艦ハルナ 建造計画」という企画を考えた事がありました。
今回の企画は、基本的にその焼き直し版です。

オリジナル艦の製作……となると、不惑を過ぎてなおワクワクするものがあるんですが、しかし、デザインに関しては全く自信など無く、なかなか考えがまとまりませんでしたが、たどり着いたのは、
「既知の巡洋艦の砲配置・装備を踏襲する」
という、おそらくは「ヤマト」のデサイン時にも導入されたであろう考え方でした。
これであれば、とりあえず悩みからは開放されます。
巡洋艦の側面図を眺めていて、目に留まったのは「古鷹型(改装後)」でした。

連装主砲 前部2基 後部1基
カタパルト1基

という配置は、このモデルの寸法ですと、程よく余裕が持てそうなバランスです。とりあえずこれを道標として手を動かしてみることにしました。

Ma02

艦首には、やはり波動砲は装備したいものです。切断して、キットのパーツから流用できそうなものを見つけました。
そのまま使うか、少し加工するか……加工したもののラインが気に入ったので、こちらを使います。プラ材で砲口内のディテールを造ります。

Ma04

Ma05

Ma06

この時点で2009年1月の話ですヽ(´▽`)/【つづく】

|

その他のカテゴリー

1/24 マーシィドッグ 1/35 ライトスコープドッグ 1/60 ゲルググキャノン 1/60ザク 06R 70年代への忘れ物 80年代への忘れ物 L.E.D. MIRAGE Ma.K. MS-05 ザクI Sd.Kfz.222 VF-11サンダーボルト VF-17ナイトメア VF-1バルキリー Ⅳ号戦車 『成層圏気流』のラインダース機 まほろば まほろば【パースモデル】 アクション化 アルカディア号 アーメス0021(エルガイム) エルガイムMk-ll エヴァ オージ・オージェ ガルマン帝国 ガンダムヘビーアームズ キュベレイ クズネツォフ クラブガンナー クリスティーン・テンプル クロスボーン・ガンダム グラマン・ゼロ ゲッター1 コラボレーション・ウェブサイト コンコバコン コンドスキー・コバスキー シーフランカー ジュアッグ ジョニー・ライデン スカルワン スコープドッグⅡ タミヤ デスシャドウ号 ナイト・オブゴールドAT ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 ハリアー フィギュア・レビュー フェイクモデリング ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 ブラックナイト ブラッド・テンプル ブービーダックSECOND プローラーII ヘビーメタル ホバー・パイルダー ポルシェ・ティーガー マクロス ミドリガメ ミーメ モビルスーツ モーターヘッド ヤマト2199 ヤマト建造計画 ラインの虎 リア・シュラク隊 リックディアス 五式戦闘機 人間サイズのもの 噴式零戦 奇想艦隊 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 巡洋戦艦 巡洋戦艦 13号艦 巡洋戦艦 摩耶 巡洋戦艦 赤城 惑星メーテル防空隊 戦艦 扶桑1915 松本キャラ on the Ma.K. 真・Z 神の拳 緋色の…… 艦載機 赤城 超戦艦 日本武尊 近藤版サザビー 近藤版マラサイ 近藤版リック・ディアス 連合艦隊1979 遊びで作ったもの 重歩兵 金剛1979 金剛代艦 出雲 銀河鉄道 陸戦 雑記 零式艦上戦闘機 高速戦艦 比叡 II号戦車