カテゴリー「緋色の……」の記事

2016年10月30日 (日曜日)

緋色の……♯09 【小説版 緋色のリックドム 完成】

2017年6つ目の完成品となりました。
製作期間、約1年4ヵ月というのは、私としてはまずまず上出来な所要時間でした。

小説版 赤い彗星のリックドムです。

Img_8187

Img_8194

……これはもう古い話ですが、雑誌『宇宙船』……それもまだ年に4回ぐらいの季刊であった頃かと思いますが、そこに読者投稿されていた赤いドムが今回の元ネタとなっています。

塗装に関してはその際に見た赤いドムのイメージと、赤いリックディアスをベースに考えました。そして、現状のバンダイ公式の赤いドムを極力無視し、なおかつ「真紅の稲妻」化を避けるために、黒を使わない、というのを徹底してみました。
アクセントとして、白系を使ったのは、

Img_8037

コイツへのオマージュのようなもの、です(o^-^o)。

Img_8191

小説版ですので、背中の得物はビーム・サーベルとなります。

Img_8189

マーキングはガンダムデカールです。
実は1度、デカールを貼った後で、いつものようにベランダで水性クリアーを吹き、そのまま自然乾燥させておいたところ、突然の雨! 帰宅後に回収しますと、デカールはいくつも剥がれているうえ、粉を吹いたような表面になってしまい。2000番の耐水ペーパーで磨きなおしました。

剥がれたデカールの中には、ズイマット社のロゴや社名のものが全て含まれており、これは、
『80年代への忘れ物』などと謳っておいて「ズイマット社」のロゴなど貼るな!
という天の声やもしれません。デカールのリテイクでは「ズイマット社」絡みは無くしました。

Img_8205

モノアイは可動させるために、

Img_8152

こんな感じのものを頭部に仕込んであります。
赤いレンズは陸戦サザビーのものと同じ部品です。

Img_8194_2

そして、80年代風のバズーカの持ち方だけではなく、

Img_8200

このように、肩越しにすることも可能な腕関節を仕込んであります。
肩シールドの内部パーツはむき出しとし、二の腕との接合部を隠すため、MGゲルググのゴム製ジャバラを取り付けています。
脆弱な感あり、ですが、「当たらなければ、どうという事はない」のです(´▽`)/
Img_8198

今年も残すところあと2カ月です。あともうひとつの完成品があげられるか否か(;´▽`A``。

|

2016年10月24日 (月曜日)

緋色の……♯08

さて……約7ヵ月ぶりの緋色のリックドムです。

作業そのものは、ずっと続けていたため、かなり進展はしています。

Img_8146

Img_8147

ジャイアントバズーカ……というよりも、小説版ですのでビームバズーカの新規起こしも塗装の段階まで進んでいます。

Img_8149

スコープ部分はPGザクの動力パイプの一節ぶんを加工したものです。

Img_8151

塗装も各ブロックごととに進めています。バンダイ公式のシャアのリックドムの配色というものは、ある訳ではありますが……もちろんそんなものは無視して好きにやっています(o^-^o)。
「80年代への忘れ物」を謳っているからには、現在の公式設定には縛られたくはありません。

Img_8150

こんな配色ですすめています。

|

2016年3月28日 (月曜日)

緋色の……♯07

Img_7168


ジャイアントバズーカと銘打っているからには、当然ザクバズーカよりはボリュームアップしたいところです。

Img_7170

ジャンクパーツの寄せ集めで全面的に再構築してみます。
MGの06Rザクのバズーカ、HGUCズゴックのバックパック、それに、昔、リゲインについていたエントリープラグを模したボールペンの軸で作っています(*^-^)。

Img_7171

グリップ部分もやはりMGの06Rザクのバズーカのもの。
ジャンクの組み合わせで、昨今のジャイアントバズーカのように、グリップの可動に挑戦です。

Img_7172

Img_7173

このように、可動します。

Img_7174

バズーカ先端は素材選びに四苦八苦でしたが……耳栓の容器とマテリアルのノズルの組み合わせ、

Img_7175_2

砲口部分はHGUCゴックの腕のパーツにプラバンを巻いたものです。

Img_7177

これで、このように肩ごしにジャイアントバズーカを構える。という、旧キットでは不可能であったポーズが可能となりました。

Img_7176

バズーカのボリュームも、まぁこんなものでしょうかヽ(´▽`)/。

|

2016年3月27日 (日曜日)

緋色の……♯06

緋色のリックドムの続きです。

Img_7164

さて、各パーツがおおむね仕上がってきたところで、仮組みです。
肩の反り上がりは、ほぼ狙い通りのバランス。

Img_7165

背面に関しては、特にいじらずにそのまま進めています。ノズルの大型化と、『小説版』ではヒート剣ではなくビームサーベルなので、その表現をするか否か思案中です。

Img_7163

全身のバランス……これもほぼイメージしていた通りの仕上がりになったと思います。
……やはり頭を加工しておいて正解でした。

Img_7168

ここで、ずっと迷っていた問題……ジャイアントバズーカをどうするかという件に着手せざるを得ない時期に来ました。
旧キット全般に言えることですが、銃器類のサイズがやや小振りとなっています。

Img_7169

MGのザクバズーカとの比較。
一番細い部分の太さが同じで、一体どこがジャイアントなのかと……(*≧m≦*)。


|

2016年3月15日 (火曜日)

緋色の……♯05

緋色のリックドムの続きです。

Img_7112

Img_7113

とりあえず、全ての関節をアップデイト(一部やや疑問なところもありますが……)した脚を仮組みしてみました。全て一軸可動であったキットのままよりは、マシにはなったかと(^-^;。

Img_7114

股間の軸等は、いろいろと試行錯誤しましたが、最後はHGUCズゴックE型の流用となりました。

Img_7115

ボディもこのあたりで接着しておきます。
フンドシ部分や、スカートの装甲の厚みを表現していた、スカート裾の折り返し部分は全てカットしています。

Img_7123

そして、スカートの中はこんな具合に……股関節の軸を受ける部分は、HGUCリックドムの二の腕のパーツを加工したもの。バーニア類はMGゲルググのものを流用です。

Img_7117

ショルダーアーマーは軸部品を切り取り、大きく穴あけしています。

Img_7118

型ブロックを、こう挟み込むためです。

Img_7119

脇部分を根こそぎ切り開いてしまったため、肩部分を取り付けると、やはり重みでなで肩になりました。今回の改修では、肩の位置はかなり意識していますので、ここは対策が必要。

Img_7121

肩の前後可動に影響しない部分は、プラバンで徹底的に塞ぎます。

Img_7122

肩の軸受け部分の開口部が、すごく変な形になっていますが……これでいいはずです。……たぶん、おそらく(;´▽`A``。

Img_7125

ざっと組み上げてみると、こんな感じですヽ(´▽`)/。

|

2016年2月17日 (水曜日)

緋色の……♯04

さて、半年ぶりほどになりますが、『緋色』のリックドムの続きです。

Img_7051

脚の関節は、多くはHGUCキュベレイ、及びリックドムの脚部品を流用していきます。

Img_7052

膝関節の受けの部品は、ジャンクの中から、MGゲルググの脚から切り出したものを使用。
これを、

Img_7053

こんな具合に、かなり強引に取り付けています。
接着面が少ないため、エポキシパテを盛って周囲を補強しておきます。

Img_7059

途中経過の写真を撮り忘れていますが、こんな感じに仕上がっています。

Img_7057

腿の作業にかかります。
股関節の受けは、やはりガンプラのポリキャップの流用です。
本来、股関節の軸が刺さる部分を土台として、このように加工。

Img_7060

穴のほうは、ランナーやエポキシパテで埋めます。

Img_7061

そして、本来腿の外側にあたる部分に、新たに穴を開けています。
膝部分は、前述の脛部分との接合部構築のため、大きく切り裂いています。

Img_7062

かなり危なっかしい工程ですが、ポリキャップと流用の関節で、とりあえずの二重関節を実現。

Img_7063

ここも強引にエポキシパテの盛り付けで固定しています。
これで、脚の関節は全て再構築が完了し、残るは股関節の処理のみとなりました。

……2月のこの時点で、「色々な意味で、今年もロクな年にならないだろうなぁ」という予感に満ち満ちていますが(ρ_;)、なんとか気分を変えて続けてみたいとは考えています。

次回は、(懲りもせず)新企画になるかも知れません。

|

2015年8月 2日 (日曜日)

緋色の……♯03

相変わらず慌しく、体調かんばしからず、で製作はちょぼちょぼといった感じです。

Img_6754

胴体内部は、このようにOOガンダムの胴がすっぽり収まってくれます。

Img_6755

肩の取り付けの問題があるため、プラ棒を背中側にかまして、位置を調整しています。

Img_6758

頭をちょっと置いてみました。
頭部の切り詰め整形に関しては、目論見どおりの効果が出たように思います。
が……ちょっとスペース的に首の可動が怪しくなってきたのがここで発覚(;;;´Д`)。
さて、どうなりますが、これは。

|

2015年7月19日 (日曜日)

緋色の……♯02

さて、ちょっと体調が下降気味で更新作業が出来ませんでした。
作業は多少なりとも進めていました。

Img_6744

Img_6752

モノアイシールド部分を整形し、最初のサフ吹きです。
まずまず、想定通りの形状になってきています。あとは表面処理に神経を使いたいと思います。

Img_6742

頭を加工したので、上半身から構築していく予定です。
まず、肩の可動軸の仕込みなのですが、何故か持っていた1/100のOOガンダムの流用で処理しています。

Img_6743

当初の想定はこんな構成です。ファットなドムの外装に比べ、華奢かつ小柄な内部機構ですが、肩ブロックとの接合等を考慮すると、丁度良いバランスとなりました。
肩ブロックは、ジャンクからMGゲルググの肩部品を流用です。

Img_6745

Img_6746

次は腕の再構成です。
肘から手首まではキットのパーツを活かし、二の腕はHGUCゲルググの腿部品を加工しています。つまり肘関節はHGUCゲルググの膝関節をそのまま使用ということです。

Img_6747

それにより、オリジナルに比して、これだけの可動を実現しました。

Img_6748

手首は、MSハンド02の可動軸を90度倒して固定し、手首の左右スイングを上下スイングへと変更。
これでなんとかジャイアントバス(小説版ですのでビームバズーカ)を肩ごしに構える事も期待できそうです。


|

2015年7月 6日 (月曜日)

緋色の……♯01

Img_6738_2

さて、なにぶんこの旧キットとは縁が薄かったため、改修ポイントはウェブ上でいろいろと情報収集し、そのうえで自分なりの考えを盛り込んでいきたいと思います。

Img_6739

首の可動は、このサイズであれば当然仕込んでいきたいところ。まずは切断してみます。モノアイもなんとかしたいと思い。モノアイシールド部分をくり抜いています。

Img_67382

この旧キット……ちょっと顔の横幅がありすぎるのではないかと感じました。

Img_6740

思い切って切断。幅つめの処理をしてみます。

Img_6741

後頭部との接合部分もヤスって角度をつけ、左右の幅も詰めて接着しました。
一般的には、アゴを引いた感じに見せるため、頭頂部にプラバンを挟み込んだりするのがセオリーのようですが、可動させることを意識してあえて削り込んでみました。

Img_6744

十字のモノアイフレームのフチの造形が気になったので、プラ材で強調し、とりあえずプラパテを盛っておいて整形の下ごしらえとします。

|

2015年7月 5日 (日曜日)

15周年……緋色の……♯00

遅ればせながら、『やまとは くにの まほろば』6月21日に15周年を迎え、16年目に入っております。

……その挨拶も当日に出来ぬほど、いろいろとあり、疲労困憊の体でして。中年まっしぐら……というよりも老化まっしぐらでしょうかね(/□≦、)。今年の海軍記念日に48歳になりました。

そんな中、松本零士の公式サイトの完全リニューアルや、公式フェイスブック等の動きも全く掴んでいなかったという情けない状況です。公式サイト内の「The松本零士FUNコレクション2015」にもエントリー出来ずで、なんと言いますか……「何の為に今までいろいろ造ってきたのか(。>0<。)」と忸怩たる思いです。

……まぁ、仕方が無い。今までもそうであったように、他所は気にせずマイペースです。

【余談……『コナン』を観ている方はどれぐらいなものか】

20日、27日の『緋色の帰還』『緋色の真相』で遂に赤井秀一(CV=池田秀一)が7年1ヶ月ぶりに生還、バーポン=安室透=降谷零(CV=古谷徹)との絡みはまさにコナン上でのアムロVSシャアの構図ヽ(´▽`)/。複線をしっかりと回収してくれるのは流石なんですが、7年1ヶ月はよくも引っ張ったもんだと思います。これで来年春の20作目までは大きな見せ場もなし。

……そんな話からタイトルに繋がります。

最近、30年振りぐらいに小説版『ガンダム』を読んだのですが、詳細を殆ど忘れていたので、新鮮に楽しめました。

その影響をまともに受けて、シャアのリックドムといきたいと思います。
これもまた、『80年代への忘れ物』のひとつです。



Img_6738

と、いうことなので、もちろん旧1/100です。ちょっと仮組みしてみました。

実を言えば1/100ドム初体験です。34〜5年前は、空前の品不足で買う事が出来なかったのと、ドム自体をさほど好きではないので、その後もずっと縁遠いMSでした。

ただ、30年程前に、赤いリック・ディアスを初めて観た際には『これは小説版の赤いリックドムがモチーフか?』とほくそ笑んだのを覚えています。

公式設定とやらは完全に無視。リック・ディアスのイメージを頭に置きつつ好きにやりたいと考えています

|

その他のカテゴリー

1/60ザク 06R | 70年代への忘れ物 | 80年代への忘れ物 | L.E.D. MIRAGE | Ma.K. | MS-05 ザクI | VF-11サンダーボルト | VF-17ナイトメア | VF-1バルキリー | 『成層圏気流』のラインダース機 | まほろば | まほろば【パースモデル】 | アクション化 | アーメス0021(エルガイム) | エルガイムMk-ll | エヴァ | オージ・オージェ | ガルマン帝国 | ガンダムヘビーアームズ | キュベレイ | クズネツォフ | クリスティーン・テンプル | クロスボーン・ガンダム | グラマン・ゼロ | ゲッター1 | コラボレーション・ウェブサイト | コンコバコン | コンドスキー・コバスキー | シーフランカー | ジョニー・ライデン | スコープドッグⅡ | タミヤ | デスシャドウ号 | ナイト・オブゴールドAT | ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 | ハリアー | フィギュア・レビュー | フェイクモデリング | ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 | ブラックナイト | ブラッド・テンプル | ヘビーメタル | ホバー・パイルダー | マクロス | ミドリガメ | ミーメ | モビルスーツ | モーターヘッド | ヤマト2199 | ヤマト建造計画 | リア・シュラク隊 | リックディアス | 五式戦闘機 | 人間サイズのもの | 噴式零戦 | 奇想艦隊 | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 | 巡洋戦艦 | 巡洋戦艦 13号艦 | 巡洋戦艦 摩耶 | 巡洋戦艦 赤城 | 惑星メーテル防空隊 | 戦艦 | 松本キャラ on the Ma.K. | 真・Z | 神の拳 | 緋色の…… | 艦載機 | 赤城 | 超戦艦 日本武尊 | 近藤版サザビー | 近藤版マラサイ | 近藤版リック・ディアス | 連合艦隊1979 | 遊びで作ったもの | 重歩兵 | 金剛1979 | 金剛代艦 出雲 | 銀河鉄道 | 陸戦 | 雑記 | 零式艦上戦闘機 | 高速戦艦 比叡