カテゴリー「Ma.K.」の記事

2017年4月18日 (火曜日)

P.K.A ♯14

さて、全回のS.A.F.S.に刺激され、今度は約四年ぶりのコレです。



P34

1/16程度のP.K.A.……放置期間が長いものをいろいろ抱えているので、目先を変える材料は豊富です( ^ω^ )。



Img_8621



4年間のブランク中の成果は、膝脇にケーブル(スプリングパイプ)受けを追加した程度です。成果はコレだけなので、ブログには載せませんでした。



コイツもすでに製作開始から6年が経過( ̄◆ ̄;)、流転の製作状況です。



眼もすっかり醒めているところで、あらためて見直してみました。
結論として感じたのは、『もっと原点に寄せねば』ということです。



Img_8685



パワードスーツ的意匠としての『スリッパ形式』の足首を構想していました。流用元のガンプラの構造をそのままパクれるという作業上の利点もあった訳ですが、やはりちょっと「らしく」ないかな、という印象。ダラダラとつま先が長過ぎるようです。



Img_8686



足首部分をカットし、



Img_8687



Img_8688



このように短くしてみました。



Img_8689



これにより、足の平が10ミリ短くなっています。



Img_8690



Img_8691



足首全体の形状も、『原点に寄せて』いきます。
エポキシパテで形状を修正開始。



Img_8692



背中に関しても、造形を再検討し……



Img_8693



『コンラート』風の盛った背中に再度方向転換です。
まずは流用パーツ(イマイのスカイ1)を被せてクリアランス調整です。これでかさ増しさせます。全てエポキシパテのムクですと重くなり過ぎますので。



Img_8694



さて、どんな展開となりますか……





|

2017年4月16日 (日曜日)

ガチャで……

Img_8678

戦車はちっょとひと休みして息抜きです。

昨日、上野で偶然見つけたガチャ(500円)でコイツを入手しました。

Img_8679

海洋堂製(谷明氏原型)、1/35 S.A.F.S.のプラモです。

さっさくざっと組んでみましたが、アーマーの類は接着したほうが無難な箇所が多く、完成には至らず、とりあえず形状把握といった作業どまりとなりました。

Img_8681

Img_8682

昔(2009年11月)、ここでリペイントを紹介した、イエローサブマリン製の同スケールとのツーショット。
今回のモノのほうがやや小振りのようです。

Img_8683

「いいもの」なんですが、昔ここで書いたように、安定供給して欲しいというのが積年の願いです。
いずれきちんと仕上げます。

|

2013年10月 6日 (日曜日)

ひと息( ´ー`)

1/700の世界は肩がこります(/□≦、)。
ちょっとひと息入れたいと思います。

Afs01

一気に1/20の世界に逃げ込みました(`∇´)。
今年最初に紹介したWAVEの『A.F.S. MkI』をちょこっといじって、仕上げてみました。

Afs02

考え方次第ですが……身の丈10センチぐらいで定価1890円という高級キット。まぁこれは日東時代から言えることです。ガンプラと価格を比べてはいけないですね。

Afs03

シュトラール軍のスーツのパイロットは、皆『松本キャラ』にするというのが、当家のしきたりですが( ^ω^ )さすがにネタ不足で今回は別の手を打ちました(傭兵軍だから良いかなと)。

パイロットは……某パリジェンヌとしました。

Afs04

Afs05

……「誰か」は説明しません(*v.v)。

Afs06

もちろん自作ではなく、かれこれ12~3年前のガチャポンのモノです。
ただ、狙ってもなかなか出なかったので、業を煮やして、秋葉原の今は亡きラジオ会館で1200円払って買いました(ノ∀`)。

Afs07

当初のパイロットは、ネイティブアメリカンのこの人だったんです。
しかし、凄く似合うけれど……むさ苦しいので降りてもらいました(*^-^)。

Afs08

このキット、WAVEの製品だけに出来は素晴しいのですが、かかとやひじなどのパイピング(コード)に関して、『全く知らん顔』をしているのが、ちょっと凄いところでして、『コレを買う人たちは、何もかも解ってるから……』といった態度で、インストにも、確か何も書いていません。完成品見本もまた然り。
ある意味、ユーザーに万全の信頼を置いているとも言えますが……ちょっと不親切ではないかと……実際、私自身もうっかりしていて忘れていました(;´Д`A。
ですから、暫定的な完成といったところで、いずれパイピングやら汚しやら追加して手を入れていきたいと考えています。

Afs09


|

2013年3月 4日 (月曜日)

P.K.A ♯13

P30

『コンコバコン3』に無事にエントリーを済ませ、モノを残り2カ月弱の期限で仕上げる必要があり、そちらに集中……すべきなのですが、それだけでは余りに義務っぽくて辛いものです。
今日は久しぶりにP.K.A.の進展を紹介しておきます。
上の写真は前回の状態。

P31

下腕の長さの件は、まだ結論を出せずにいます(^-^;。
今回は肩付け根部分のカバーを1/144クァドラン・ローから移植して、肩のラインを誤魔化しました。
あのままでは、とても人間の腕が通っているようには見えませんので。

P32

そして、背面と……

P34

前面の腰にシュルツェン(装甲)を装着しています。前面はまだテーピングによる仮止めですが、背面は、ほぼ動かす余地がないので接着しました。
両方ともコンビニで貰うスプーンの先端部分をカットしたものです。

P33

股間近くの張り出しが角張りすぎていたため、グスタフ風に整形しました。
重量バランスの関係で背中を大きく出来ない以上、コイツはH型からグスタフへの中間派生型とせざるを得ませんから、こんなもので良いかと思っています。

相変わらず『ヤマト2199』ネタに距離を置いている訳ですが、5月に『ポルメリア級強襲航宙母艦』(定価4725円)発売の報に驚きが隠せません( ̄Д ̄;;。
ネタの選択もモノ凄いですが、アイツをアルカディア号並みの値段で市場投入とは……大丈夫なんでしょうか。
『ヤマト2199』に関しては「視聴者」としては非常に満足しているのは間違いないのですが、プラモデルに関しては、ずっと戸惑っています。
いや……出来に不満はありません。この話はいずれ落ち着いたら書きます。


|

2013年1月14日 (月曜日)

グスタフ&ケッツァー 【「ワイは今忙しいねん」…… )ε( ♯01】

かなりの雪になってしまいました(関東)。

今日は、マシーネンクリーガーのグスタフ&ケッツァーでバリエーション機体を作ろうか、という話です。

W00

ウェーブのグスタフ&ケッツァーですが、これらは一種のトランスキットでして、ランナーの殆どが共通のものとなっています。

W01

キャノピーとデカールを別にすると、グスタフ独自のランナーはこれだけ。

W02

ケッツァー独自のランナーはこれだけ。あとは整形色は違っても同じランナーです。
したがって。一部パーツの組み換えによって、
『コンラート』、『グッカー』、『ドーラ』、『フリードリッヒ』などの素体とすることが出来そうです。おそらく、今後のキット化の展開はそれらになっていくのでしょうが、現時点でも多少の追加工作で作ることは不可能ではないです。

ケロノリンさんの『プラモモロモロ』ブログが大変解り易かったので、ご紹介しておきます。

ただし、パイロットは同じ様な顔ばかりになってしまう訳でして、各種ガレキで多数の商品展開されているのも頷けます。

ただし、私の場合はいつぞやの例もあのますので、一風変わった人達を乗せることになります。

W03_2

トチロー顔のシリコンに一部だけエポキシパテを詰め。これに肉付けしていきます。

W04

大口開いているところを詰めて、ほっぺたと口元に修正……アンパンマンではありませんよヽ(´▽`)/。

|

2013年1月 9日 (水曜日)

2013年

本年も宜しくお願いします。
年末年始は何かと家事雑事に追われ、連休とはいえ、あまり進展はありません。

Img_3508

とりあえずの成果、ウェーブのA.F.S.MKⅠです。
塗りがまだ納得いかないので、完成ではありませんが、それはまた後日にヽ(´▽`)/。

|

2012年12月24日 (月曜日)

P.K.A ♯12

腕の長さの件はまだ結論が出せません……なにしろ、一度短くしてしまえば、元に戻すのは大変ですので(^-^;。

P26

ボディには凸モールドがいっぱいです。さすが大昔のレベルのキットだけあり、なんともいい味わいがあるとは思うんですが……一度全体に180と320のペーパーがけをして、表面を整えます。そろそろサフ吹きの段階になりますので。

P27

P28

後首は以前に書いた通り、「スリッパ式」のプロトタイプ風にしてみる予定です。
いきなりエポキシパテを盛るのも不経済ですので、適当な流用パーツで基礎工事とします。
ハセガワ1/72一式陸攻とスカイ1、イマイのクァドランから適宜拝借です。
これにエポキシパテを盛ります。

P29

P30

足首を整形して、再び全体の仮組みです。
腕の長さ……まだ結論が出ません(;´▽`A``。

P31

最近仕入れたウェーブの1/20アーケロンです。いつ造るかは予定が立ちません(*ノv`)。
昔を彷彿させるパッケージ……今井邦孝氏の訃報から、5年以上が過ぎましたが、まるで今でも氏が健在で、活躍されているみたいです。

|

2012年12月17日 (月曜日)

P.K.A ♯11

続きです。

P20

背中に着いていたマジンガーの胴を外し、グスタフ、コンラート系統の肉盛りの背中を諦め、比較的シンプルにまとめるつもりです。
PGザクの肩パーツを加工して、背中に接着。これをベースに加工しますが、H系統のエンジンむき出しにするかどうかは、まだ解りません。

P21

とりあえず二の腕を短くする作業からです。
肩ブロックに接着していたものを、また剥がして短く切り詰めました。
右にあるのはマジンガー(またしても、ですが)の二の腕です。
太さがちょうど良い加減かと思ったのですが……。

P22

ちょうど切り詰めた二の腕がすっぽりと収まりました。ここで再度、肩ブロックと接着します。

P23

再び胴体と仮組みしてバランスをチェックしてみます。

P24

パンツァーファウストの弾頭は流用パーツで大きく作り直しました。
スティック部分はもう少し太くしたほうが「らしい」ので、流用パーツ等を物色中です。

P25

腕の長さをこれで良しとするか否か……少し頭を冷やして考えます。

|

2012年12月16日 (日曜日)

P.K.A ♯10

年末繁忙期の中で、かろうじて土日は休めましたが、あまり作業に進展はありません。

P13

1年半前、この背中の処理に迷いが出ていましたが……結局、このマジンガーの胴体そのものを取り払いました。
脚の関節強度から、この背中にパテを盛り盛りというのは、重くなりすぎて無理だと判断しました。
背中は出来うる限りシンプルにまとめる予定です。

P14

腕に戻ります。
掌は適当なものが無いため、とりあえずコトブキヤのノーマルハンドBを流用。
腕のパイプは前回述べた通り『スカイ1』のエンジンポッド等です。
手首受けのポリキャップはガンプラより流用。それをマジンガーの二の腕を切り詰めたものにエポキシパテで固定し、腕のパイプに押し込みました。

P15

関節を繋げると、このような感じのものになりました。
……何かイヤな予感(゚ー゚;。
ボディに取り付けてみました。

P16

……ちょっと長すぎたかも。
先日紹介した1/16ファイヤーボールを目安に作業していたのですが……。

P17

1/20と比較してみますと……。

P18

やりすぎました、やはり長すぎたようです。
これはさっそく改修とします。二の腕もちょっと細すぎる感じです。

P19

しかし、その前にせっかくなのでパンツァーファウストを持たせてみました。
これは1/100MGの流用ですが、弾頭のサイズがほとんど1/20のそれと変わりませんので、実はもっとサイズアップが必要となります。
……と、それは以前から解っていたので、もちろん弾頭を作り始めていたのですが、今回パーツチェックしていると、何故か全く見つかりません(ノ_-。)。
まぁ、1年半放置ですから、、無理ないといえばそうなんですが(u_u。)。
……本当にパーツ等がよくなくなります。おととい手元にあったものがなくなったりして、最近ちょっと自分で怖いです。『ボケるにはまだ早過ぎるぞ』と。

|

2012年12月 9日 (日曜日)

P.K.A ♯09

さて、腕に関してです。
適当なプラパイプが見当たらないため、流用パーツで対処します。

P9

コレです。
30年ばかり寝かせていた、今は亡きイマイの『スカイ1』のエンジンポッドと、その先端のロケット弾ポッドです。
ロケット弾ポッドが妙な形状なのは、スプリング発射可能だからです( ̄0 ̄。
いつかは、自分なりにアレンジした『スカイ1』を造りたいと考えて、ずっとキットストックしておいたのですが、45歳になり、どうも今後もその機会は無くなって来たように感じていたので躊躇せず切り刻みます。
『スカイ1』が解らない方のために……こんな飛行機です。↓

P10

潜水艦スカイダイバーの艦首そのものであり、月面基地の防衛網を突破して、大気圏に突入して来るUFOを迎撃するために、水中から発進するインターセプターです。
詳細は『謎の円盤UFO』をググってみてください。なんと劇中の年代設定は『1980年(!)』です。

話を戻します。

P11

ロケット弾ポッドの根元部分をカットして二の腕としました。
時代が時代だけに、完全なパイプ状ではなく、ややつぶれ気味なんですが、まぁこれも味わい深いものがあります。
肘関節は球体関節を使用といういつものパターンです。
3年半前に造った1/20との比較です。やはりかなり大きいです。
しかし、この1/20インチキP.K.A. Ausf Dの荒っぽい仕上げには、自分でもびっくりです(;;;´Д`)。

P12

更に下腕側の受け部分を、マテリアルや流用パーツででっち上げました。

|

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

1/60ザク 06R | 70年代への忘れ物 | 80年代への忘れ物 | L.E.D. MIRAGE | Ma.K. | MS-05 ザクI | Sd.Kfz.222 | VF-11サンダーボルト | VF-17ナイトメア | VF-1バルキリー | 『成層圏気流』のラインダース機 | まほろば | まほろば【パースモデル】 | アクション化 | アルカディア号 | アーメス0021(エルガイム) | エルガイムMk-ll | エヴァ | オージ・オージェ | ガルマン帝国 | ガンダムヘビーアームズ | キュベレイ | クズネツォフ | クラブガンナー | クリスティーン・テンプル | クロスボーン・ガンダム | グラマン・ゼロ | ゲッター1 | コラボレーション・ウェブサイト | コンコバコン | コンドスキー・コバスキー | シーフランカー | ジョニー・ライデン | スコープドッグⅡ | タミヤ | デスシャドウ号 | ナイト・オブゴールドAT | ハイパーデスラー艦『デウスーラ』 | ハリアー | フィギュア・レビュー | フェイクモデリング | ブラックタイガー【SPACE BATTLESHIP ヤマト】 | ブラックナイト | ブラッド・テンプル | ヘビーメタル | ホバー・パイルダー | マクロス | ミドリガメ | ミーメ | モビルスーツ | モーターヘッド | ヤマト2199 | ヤマト建造計画 | ラインの虎 | リア・シュラク隊 | リックディアス | 五式戦闘機 | 人間サイズのもの | 噴式零戦 | 奇想艦隊 | 宇宙巡洋艦『摩耶』建造計画 | 巡洋戦艦 | 巡洋戦艦 13号艦 | 巡洋戦艦 摩耶 | 巡洋戦艦 赤城 | 惑星メーテル防空隊 | 戦艦 | 松本キャラ on the Ma.K. | 真・Z | 神の拳 | 緋色の…… | 艦載機 | 赤城 | 超戦艦 日本武尊 | 近藤版サザビー | 近藤版マラサイ | 近藤版リック・ディアス | 連合艦隊1979 | 遊びで作ったもの | 重歩兵 | 金剛1979 | 金剛代艦 出雲 | 銀河鉄道 | 陸戦 | 雑記 | 零式艦上戦闘機 | 高速戦艦 比叡 | II号戦車